--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-01

凄い勢いで古びていく新年

 新年明けましておめでとうございます。

 昨日の夕方から今朝まで仕事をしており、帰宅と同時に寝、今さっき目覚めたので、年越しした感じが全くなく、気付いたら世間は新年で喜んでおり、時の流れから取り残された感じ。気付かなきゃ「新年」でないから、「新年」に納得した時には既に時代遅れな感じ。明後日にはもう仕事なので、正月もいわれなきゃ「正月」でない感じ。
 初売りも最近では1日から行っているので、ますますもって「正月」な感じは薄れている。
 映画鑑賞も、昔は1日が「映画の日」で料金が千円だからって正月早々に観たい映画を何本も朝から晩まで必死になって観たものだけど、今じゃ千円で観られるサービスデーはいくらでもあり、「映画の日」のありがた味は薄れ、従って正月に映画を観る大切さも薄れた。
 今ヒットしている作品をベスト10で見ると、

1.相棒-劇場版Ⅱ 警視庁占拠!特命係の一番長い夜
2.劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来
3.ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
4.SPACE BATTLESHIP ヤマト
5.トロン:レガシー
6.仮面ライダーx仮面ライダー オーズ&ダブルfeat.スカル MOVIE大戦CORE
7.ノルウェイの森
8.シュレック フォーエバー
9.最後の忠臣蔵
10.ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国

こんなん。とりあえず正月だからってウキウキしながら観るものは1本もない。邦画が7本に洋画が3本。子供向けと子供以上向けが半々。完全なオリジナル作品は1本もなし。一言でいって、面白いものなし。

 初売りが1日からで、三が日もゆっくり休めず、TVでは朝から晩まで2時間以上の特番がひしめき合い、何か隅から隅までくっきりびっしりしている感じ。いっては何だけど、今売れている映画もそんな感じ。
 まず、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』がまだ4位にいることに驚く。それだけ観客が観に来ているってことで、その大半が冷やかしなら納得できるけど、そうでないなら困ったもんだ。ネットが普及しているのだから情報はいくらでも入手できるのだし、それなら「ヤマト」が面白いわけがないことくらいわかるのに……やっぱ大半が冷やかしなのかな? 
 「ヤマト」は、日本初の本格的なSF映画みたいに売っているけど、そんなまさか! 学芸会のセットかよと批判もしたくなる画面の明るさに、もしかしたらそこまでしなきゃ映画を殆ど観ない観客には通用しないと思っているのかと悲しくなる。「ヤマト」の出来の悪さは、監督や脚本の悪さもあるだろうけど、観客を見下しているような考え方が根底にあると思えてしかたない。
 「ヤマト」に悲壮感が全くないのは、画面の明るさが要因でもあるだろう。あっちこっちにスター役者が登場しているので、あっちこっちをまんべんなく画面に収めなければならず(もちろんその中心は木村拓哉さん)、画面全体を暗くすることなんてできるわけがない。あれはもう殆どTVの「芸能人の隠し芸大会」のドラマレベルだ
 『相棒-劇場版Ⅱ 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』も同様に酷い。
 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』なんかも正月に観るようなもんじゃないし。暗いっつーの。同じメガネ小僧が主人公なら『ドラえもん』の劇場版を見習えってんだ。
 金沢市が超推している『武士の家計簿』はもうベスト10外に落ちたようで、まあ当然でしょうな。東京都もあんな駄作を推奨映画にしているんだから、その馬鹿っぷりがうかがい知れる。推薦理由が、

 本作品は、施行規則第二条の優良図書類等の推奨の基準、一「青少年の社会に対する良識と倫理観を育てるもの」、二「青少年が知識を身につけ、教養を深めていくことに役立つもの」、三「青少年の人を慈しみ、大切にする心を育てるもの」及び五「青少年の思考力、批判力又は観察力を養うもの」に該当し、主として小学校高学年以上に有益と認める。

なんだから、本当に酷い。あんなものを観せられる子供がかわいそうだ。まあ、もしかしたら『武士の家計簿』を批判的に捉え、いかに駄作であるかを見抜くための「思考力、批判力又は観察力を養うもの」として推奨しているのかもしれないけど。本気で推奨しているのだとしたら、東京都庁職員には、思考力も批判力も観察力もない馬鹿がいるのだろう。そんな馬鹿が漫画や映画などの優良・不良を選ぶとは……非現実的職員がいるのかな。

 ところで東京都庁の話題ついでに。
 石原都知事が新年の挨拶をしているのだが、寛容でなさそうな石原都知事が白人主義を批判していて驚く、というか何の挨拶なんだと驚くくらい長い。一神教と仏教や神道を対比させ、「日本人のように寛容じゃない」というんだけど、いやいやいや、日本人が寛容だってのは大間違いでしょ。仏教だって、徳川幕府での仏教の扱いから以降、殆ど宗教としては意味のない組織でしかないし。じゃあ神道はというと、明治維新や戦争での扱いでこれまた宗教としては意味のない存在。つまり、寛容なのでなく、ただ単に「どうでもいい」じゃないの? もちろんそれが良い面もたくさんあるけど、殊更そこを強調するような能天気な石原都知事が他の批判をし、

いいことばっかり出揃って言ったってしょうがないんだから。私はちゃんと現実を直視して、なら自分がどうするかってことをみんなで考えなくちゃいけない、考えざるを得ない、そういう年に今年はなると思います。
 みなさん、お健やかにお過ごしください。

というのには失笑するしかない。

 何か新年早々から他人の批判してばっかだ。ので、自分批判も一つ。
 昨年は、映画を百本近く観ているんだけど、その殆どの感想をブログ記事に反映させられなかった(記事を作っても上映が終わって随分経ってからだったり)。当ブログは映画の感想ブログだってのに。作品が凄い面白くて「感想記事を作らねば!」と盛り上がることは何度でもあったんだけど、「ま、すぐにやる必要はないし、思い出した時にやろう」と思ってそのまま作らずに終わり、思い出した頃には既に時期も盛り上がった気分も過ぎている、ということばっかだった。私がグウタラなせいだ。超盛り上がったカナザワ映画祭の感想記事ですら1ヶ月くらい遅れて作っているし。
 こんな私に他人をとやかくいうことはできないような気がする(というか、する)。
 今年は、昨年以上に頑張って感想記事を作っていきたいと思う。当ブログの更新を期待している人がいるのか疑問だけど。

 そんなこんなで、今年もブログを続けますので、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

>ヤマト
貴方が少数派の意見をもっている証拠でしょう。
世界が狭いだけです。

official language

日本は、天皇を中心とする神の国です。

日本人には日本語があり、日本語には階称 (言葉づかい) がある。
「上とみるか、下とみるか」の判断により序列関係 (義理) を作る。
義理が廃ればこの世は闇と考えられている。

日本人は、礼儀正しい。
日本人の礼儀は、序列作法である。
序列なきところには、礼儀なし。

日本人の社会は、序列社会である。
社会の構成員は、神々と下々に分かれている。
天皇は、序列最高位の人である。

天皇の御前では、全ての国民は「わし」でもなく、「わたし」でもなく、「わたくし」である。
価値観を揃えることで、日本人は一体感を得ている。安心感を得ている。
日本語の無い社会では日本人は価値観に迷いを生じ、心身ともに疲れ果てる。

序列社会では、序列判断とその作法により、人を遇する。
礼儀作法により、人々は向上心を掻き立てられている。
学校でも生徒に「身を立て、名をあげ、やよ励め」と歌わせている。

日本人の社会は、向上心により活気を得ている。
その原動力は、序列競争である。そのための試験地獄もある。
序列人間を作るのが、日本人教育の目的である。

教科の内容は、雑学ていどのものでよい。
日本人の学校は、格差を検出するための道具立てである。
だから、日本人は、序列人間となるために日本の学校で修業しなくてはならない。
四年間、大学で遊ぶことも、また序列作りに必要なことである。
生涯の協力も序列協力でなされるからである。

意思薄弱と他力本願を伴う幼児症に罹っていて、序列の外には出られない。
英国も日本も島国であるが、島国根性になるのは日本人だけである。

移民をすれば、序列社会を出なければならない。
外国では、序列判断も序列協力も成り立たず、日本人は本来の力を発揮できない。
それで、さまよえる日系人となり、精神的な不安定さにさいなまれる。

日系人は、移民先で勢力を拡大することもなく、祖国に帰って国の柱となることもない。
我が国の天皇制は、日本人に心の安らぎを与え、仕事に励ましを与える世俗の上下観である。
我々の過去を語ることもなく、行き着く先を示すこともない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


とんとん1989さんへ

読んで下さってありがとうございます。
狭い世界でものを見ている少数派という指摘は、その通り!
これでも頑張ってマジョリティのつもりでいるのですが、上っ面しか見ていないので……
反省します。

nogaさんへ

読んで下さり、ありがとうございました。
説明(?)を読ませていただきました(リンク先も)。
私には少し難しい内容でしたが……要するに日本人は「枠組み」が好きってことですね。「囲まれる」ことが好きという。
勉強になりました。
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。