--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-09

全日本人必見の映画

 日本人がこれを観ないでどうするのだ。

 現在、誰彼問わず強烈に猛オススメ中なのが、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』です。「宇宙戦艦」でなく、「スペース・バトルシップ」というところが最高です。今時「宇宙戦艦」という呼称だと、古臭すぎて、「天皇万歳!」と叫んで死んでしまった年寄りの亡霊しか観に来ないでしょう。「スペース・バトルシップ」とくれば、子供から女性客まで幅広く興味を惹きます。さすがです。
 まず、特撮のショボさが天下一品。清貧とは正にあれを指すのでしょう。最初から最後まで、素晴らしく特撮がショボいです。終わりに近付くほど、ショボくなります。そこはあれ、想像力で補います。「非現実青少年」の思想です。あ、違った。「非実在青少年」でしたね。あの石原都知事にも困ったものです。今作には係わってないようですが、「復活篇」に於ける「非実在青少年」が繰り広げる物語の酷さは、その精神性を心底から疑うしかない酷さでした。死ね。
 画面は、暗闇が欠片もないという見事な明るさで、観客に配慮した撮影を行ったのでしょう。素晴らしいです。
 船内のスケール感は、どっかの工場内で撮影を手軽に済ませたような、身近な感じがして良かったです。製作費は安上がりだったでしょうね。
 音楽は、ハリウッド級でした。さっすがエアロスミスが主題歌を歌っているだけはあります。あ、何かオッサン1人で歌ってんでしたっけ。どっちでもいいです。何でSMAPに歌わせないんでしょうね?
 役者陣の演技も素晴らしく、普通のTVドラマレベルで、誰が観ても安心できます。見慣れたキムタクだぁー。
 もう本当に素晴らしくて、びっくりしたことに最初観た時は寝てしまい、しかたなく2度も観ました。だから悪いってわけじゃありません。子供の頃に初めて小津安二郎監督の『東京物語』やスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』を観た時だって寝てしまいました。その後、随分経ってから両作品の真価を理解しました。つまり、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、『東京物語』や『2001年宇宙の旅』と同レベルの作品ってことです。まあ、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の真価は死ぬまで理解できないかもしれませんが。
 これだけの作品、全日本人が観るべきです!

 『武士の家計簿』も全日本人が観るべきです。とりわけ石川県民は。
 何が凄いって、主人公の武士は、武士のくせに刀を扱うのが下手。その代わりに、そろばんで闘います! つまり、あれです、トルネコ! 『武士の家計簿』は、トルネコが主人公のようなものです!
 従って、不況の現在の参考になるような展開は皆無! 題名に「家計簿」とあるので、新書のような実践的映画かと思ったら、全然違う! しかも、すっきり爽快になれずに終わる! 自分で考えろってことですね!
 一般的な日本映画の基準を知るためにも、やはり全日本人が観るべきです!

 邦画ばかりが悪いわけじゃありません。予告編を観る限りでは、トム・クルーズさん主演の『ナイト&デイ』そっくりな『キス&キル』もかなり大したことありませんでした。『キス&キル』を観るくらいなら、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観た方がまだネタになるので、やはり『SPACE BATTLESHIP ヤマト』はオススメです!
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。