--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-25

セガール作品は無条件に楽しい

 金沢市にはなぜか変な映画を上映するシネコンが2館ある。ユナイテッド・シネマ金沢金沢コロナシネマワールドだ。

 ユナイテッド・シネマ金沢は、最近では石井隆監督の『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』を上映し、よくぞこんな一般向けでない作品を上映したもんだと大いに感心させられた。
 正直、予告編では「これは駄作っぽいなぁ」と思っていたんだけど、全くの勘違い。駄目な点もあったけど、その全てを帳消しにする程に傑作だった。
 この作品、年齢制限が「R15+」なんだけど……15歳以上なら楽しめるだろうか? 下手すりゃそこらの大人でも楽しめないくらい素晴らしい出来なので。私が観た回では、公開初日に観た『エクスペンダブルズ』の時より観客数が多かった(こっちも「R15+」作品なんだよね)。意外と高齢者が多かった。ロマンポルノ感覚で観に来たのかもしれないけど、女性客が男性客より多かったので、それは関係ないだろう。
 ユナイテッド・シネマ金沢は意外と変な邦画を上映するので面白い(アニメ作品含む。最近なら『REDLINE』とか。駄作だけど)。黒沢清監督の『CURE』を観たのもここだった。『回路』も『』も。
 洋画も頑張っていて、『フローズン』もここだったし、リチャード・ギアさん主演の『クロッシング』もここ。『クロッシング』は、想像以上に素晴らしかった。内容は全然大したことないんだけど、画面が想像以上に素晴らしい。「ノワール」な画面をよくわかってらっしゃる。映画雑誌を読んでもそこら辺を誉めていないのでガッカリ。
 ユナイテッド・シネマ金沢さん、この調子で頑張って下さい。

 金沢コロナシネマワールドは、ユナイテッド・シネマ金沢よりも偏差値が低い感じ。あ、貶してるわけじゃないので。絶対に儲からなさそうな作品を上映してくれるありがたい映画館だ。
 最近なら、『クレイジーズ』。ジョージ・A・ロメロ監督のアレでございます。たぶん大したことないだろうなぁ、と思って観たら本当に大したことがなく、しかし演出が意外と良かった。驚いたことに、最近の邦画の心霊演出を踏襲してた
 大傑作『ハロウィンⅡ』も、誉めている人多いけど全く面白くなかった『ザ・ホード 死霊の大群』も金沢コロナシネマワールドで上映されている。それにそれに、スティーブン・セガールさん主演の『沈黙の鉄拳』を上映したのもここだ。
 『沈黙の鉄拳』といえば、なぜか鑑賞料金が390円だったのが面白かった(いや、作品内容も好きだけど)。パンフレットが500円だったので、パンフレットの方が鑑賞料金より高額だったのも面白かった。ちなみにそのパンフレットは、厚紙1枚を二つ折りにしただけの豪快極まるものだった。そんな豪快なパンフレットは今時珍しく、「ボッタクリだ!」と腹が立ちそうなのに、オマケでA4サイズのクリアケースが付いていたから、明らかにパンフレット本体よりもそっちの値段なんだろうなぁ、と思えば納得できた。クリアケースは今現在、職場で積極的に使っている。責任者会議なんかで、自慢気に。みんなの羨ましそうな視線がたまらん(蔑んでいるのかもしれないが)。
 まあ何にせよ、金沢コロナシネマワールドも私のような映画ファンにはありがたい映画館だ。エクストリームな作品を上映する方向性に邁進してもらいたい。金沢コロナシネマワールドさん、この調子で頑張って下さい。

 で、『クレイジーズ』を観た帰り、近日上映作品のラインナップを見ていたら、またもや金沢コロナシネマワールドでセガールさんの作品を上映するようだ。『沈黙の復讐』という作品で、思わずチラシを持ち帰った。このチラシがまた素晴らしい!
 まず、セガールさんは不況に強いらしい。

不況に強いオヤジ、スティーヴン・セガール!!

と記載されている。何で不況に強いのか理由は明記されていないが。
 そして、驚いたことに、今度のセガールさんはAKB40なのだ! どういうことかというと――チラシの記述そのままをお楽しみ下さい。

 [Action] 最高のアクションシーン! 前作の160%!
 [Killer] 瞬き禁止! 最強オヤジは秒殺だ!
 [Battle」 ご安心下さい! おなじみのセガール武道炸裂!

その上さらに、

オヤジだってAKB! 闘い続けて祝40作品!

という記念的作品であることを強調し、さらに、

2011年は、男達の熱い友情に男泣き!!

と煽っている。AKBで男泣き……っ! 凄ぇっ!! 前人未到の地だよっ!!! AKB48なんかにゃ全く興味なく、職場で会話に混ざれなかった私だけど……これでトレンドリーダーだっ!!!!

 考えたら『沈黙の鉄拳』でも「3D」を謳っており、それは、

andy!
ynamaite!!
angerous!!!

と3つの頭文字で「3D」というものだった。
 姑息といえば姑息だけど、何年も経ってから見返すと何のこといってるのかわからなくなってしまうようなトレンドを含めてチラシを作っているあたり、姑息を超越した誠意を感じるのは私だけではないだろう。
 チラシでここまで楽しませてくれたなら、たとえ本編が大して面白くなくても何一つ文句はない。『沈黙の復讐』、絶対に観ねば!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。