--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-16

やっぱもうXpanD方式の3D上映は嫌だ

 仕事の終わった時間が上映時間と丁度良かったので、『バイオハザード4 アフターライフ』を観た。興行成績がアメリカでも日本でも1位ということもあり、期待して行ったんだけど、これがもう最悪。作品が最悪なんでなく、観た映画館が最悪だった。
 観たのは、金沢駅の前にあるフォーラス内のイオンシネマ金沢店。3Dと2Dの2方式上映をしており、3Dはメガネが邪魔なので基本的に避けているんだけど、その時は3Dの上映時間がピッタリだったため、久しぶりに3D上映で観ることにした(『コララインとボタンの魔女』以来の3D鑑賞)。そしたらイオンシネマの3D上映は大っ嫌いなXpanD方式でやんの。

 XpanD方式の3Dメガネは、とんでもなく使い辛い! 当ブログで以前に批判済みだけど、改めてその酷さを実感した。石川県ではRealD方式とXpanD方式の2方式しかないので、比較はRealD方式としか行えないが、XpanD方式が全3D上映方式中で最下位なのは間違いない! そう断言したくなるくらい、本当に使い辛い。
 まず重い。これが何よりも大問題。下手にハイテクなのが仇となっている。2時間近くを快適に観られる重量じゃない。
 次にかけ辛い。私の鼻が低いのもあるだろうけど、通常のメガネでいうところのノーズパッドがないので、ちゃんとかけても徐々にずり落ちる。
 画面が薄暗く見える。明るさが半分くらいに下がる。3Dメガネを外して観てみると、メガネ着用時にどれだけ薄暗くなるかよくわかる。液晶シャッターレンズのせいかは知らないけど。
 特殊なレンズだからか、レンズのクリーニングが中途半端で、汚れたまま。
 液晶シャッターの開閉を行う信号を受けるセンサーが鼻梁のブリッジ部分にあるため、ずり落ちないように3Dメガネを触る際、下手すると液晶シャッターの開閉が止まってしまう。
 そんなこんなで、とにかく作品に集中できない。もうね、途中からちゃんと観るのを止めたくらいだから。疲れるので、静かな場面ではメガネを外して目を閉じて休み、賑やかになったらメガネをかけて観る(しかもメガネの両端を持ったまま)。それを繰り返していたので、『バイオハザード4 アフターライフ』は殆ど楽しめなかった。
 ま、『マトリックス』にゾンビを登場させただけのような作品だったから、内容なんてないも同然だろうけど。

 イオン系列の映画館はみんなXpanD方式なのだろうか(イオンかほくもXpanD方式だったし)? XpanD方式でなければ観られない作品以外は、もう今後絶対にXpanD方式で3D上映は観ないと決心した。
 映画館側の者はもうちょっと観客の立場で考えてもらいたいもんだよ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。