--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-24

期待は万全か?

 毎度毎度、買わずに立ち読みで済ませて申し訳ない『映画秘宝』ですけど、今月号は買いました。カナザワ映画祭の大きな特集記事があったからです。凄い、最初の方の、カラーページだ!

 注目作品の紹介は、もちろん筆頭は『シェラ・デ・コブレの幽霊』。無料上映はカナザワ映画祭で既に実現されてますし、無料自主上映は「ホラー映画向上委員会MebiusRing」さんらによって実現されてますけど、今回の注目点は、字幕付きであること。これにて物語の理解し易さが格段に向上するので、観た人でも再び観た方が良いでしょう。野外上映ですし、字幕も付いてますし、単なる再上映にしていない点が素晴らしいカナザワ映画祭です。昨今の流行に従い、吹き替えにならなくて良かった。
 他にも『海魔、陸を行く』、『おらあカッパだ』、『怪談せむし男』、『夜半歌聲』、『夜半歌聲続集』、『チャウ』、『クトゥルーの呼び声』、『スクワーム』が取り上げられており、今回のカナザワ映画祭で観なければ一生ものの後悔をする感じに、鑑賞欲を煽ってくれます。さすがです。

 私としましては、9/18の開始からの3本、『チャウ』、『ゼイリブ』、『巨大生物の島』という流れが面白いな、と思っています。繋がりがあるようで特にない……考えられているようで実はそうでもない……そんなテキトー感に溢れており、ドキドキします。
 ところで、巨大猪映画なら、20年以上前の『レイザーバック』が私は大好きです。
razorback
このパッケージ画像からもわかるように、大袈裟なだけの雑なMTV演出の作品ですが、子供だった私は物凄くドキドキしました。もちろん一般的には駄作として名高い(という程でもないけど)と思います。監督はかの(という程でもないけど)ラッセル・マルケイさん。『レイザーバック』の後が『ハイランダー』という名作(という程でもないけど)を撮っており、映画ファンには馴染みの監督です。マルケイ監督は、最近なら『バイオハザード3』を撮っており、オカルト(?)な作品も結構あるので、カナザワ映画祭向きだったかもしれません。大きなスクリーンと爆音で『レイザーバック』を再び観たかった、と今になって思いましたが、フィルムが残っているとは思えませんし、大半の観客がガッカリしそうなので、無理だったでしょうね。
 他は……『スクワーム』と『パラダイム』にドキドキします。どちらも汚いものがたくさん登場する作品です。前者は、大量のゴカイ。後者は、大量の浮浪者。『パラダイム』は物凄く大好きな作品で、何十回と観ているのですが、未だによくわからない作品でもあります。よくわからない作品繋がりで、ダリオ・アルジェント監督の『インフェルノ』もカナザワ映画祭向きだったと、今思いました。内容がオカルトですし、作品自体がオカルトな感じに意味不明ですし。音楽がキース・エマーソンさんですから、爆音上映にも向いていると思います。『パラダイム』と『インフェルノ』の連続上映なんて……考えると歓喜で眠ることもできませんが、やはりフィルムがあるのかないのかわかりませんし、そもそも観客が喜ぶのかどうかすら怪しい。ま、今さらですね。
 キース・エマーソンさんといえば、『幻魔大戦』のテーマ曲を担当していましたね。シングルのレコードを今でも大切に持っています。YouTubeで検索したらありました。

大好きです。シンセの音が大好きになった要因の曲の1つです。『AKIRA』を昨年上映したのですし、『幻魔大戦』を今年上映しても良かったような気がします。観たのが子供も子供だったので、意味がよく理解できませんでしたので、改めて観たい気がします(私の中では、『うろつき童子』と内容がごっちゃになってる)。ま、これも今さらですけど。

 他に今年のカナザワ映画祭の注目点は、トークイベントの充実ですね。しかし、私は全てスルー。宇田丸さんが大人気ですが、私は宇田丸さんの映画評論を全く聞いて(読んで)いないので……何となく少し興味はあるのですが、予算を考えるとトークイベントを真っ先に切り捨てです。

 さて、今年のカナザワ映画祭も間近。約1ヵ月後です。上映タイムテーブルを眺める度にドキドキしています。楽しみです!
 ところで、相変わらず地元客は少ないのでしょうかね……?
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

tag : カナザワ映画祭

comment

管理者にだけメッセージを送る

17日に行きます

字幕つきのシェラさんを観に、
東京から駆けつけます!
会場で会えたらおもしろいですね~。



プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。