--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-14

カナザワ映画祭2010のラインナップ決定!!

 今年のカナザワ映画祭2010のラインナップが、公式ブログにて遂に発表されました!


かなざわ映画の会の日々是映画→カナザワ映画祭2010 世界怪談大会

 今年の映画祭の副題は、「世界怪談大会」! おお~。「オカルト」がテーマだって以前いっていましたが、さらに怖く、「世界怪談大会」ですか! 恐怖映画、残酷映画好きとしては、それだけで超アがります。
 さて、そのラインナップは――
 上記リンク先から抜粋。

【トークイベント】
 9月18日(土)
  ・横山茂雄(稲生平太郎)×高橋洋

 9月19日(日) 
  ・小池壮彦の怪奇映像講義(聞き手:東雅夫)
  ・中山市朗×福澤徹三×東雅夫の怪談鼎談

  怪談専門誌「幽」イベントも深夜に開催 主催:「幽」編集部
  豪華ゲストが登場予定!詳細は近日発表予定

 9月20日(月・祝)
  ・平山夢明×ライムスター宇多丸×高橋ヨシキ

  怪談新耳袋殴り込み!Lost Tapes
  ・ギンティ小林×豊島圭介×田野辺尚人

【上映作品】
 日本怪談
  ・『海魔陸を行く』
  ・『おらあカッパだ』
  ・『吸血鬼ゴケミドロ』
  ・『怪談せむし男』
  ・『空気の無くなる日』
  ・『邪願霊』
  ・『女優霊』
  ・『リング』
  ・『降霊』

 米国怪談
  ・『スクワーム』
  ・『巨大生物の島』
  ・『ゼイリブ』
  ・『パラダイム』
  ・『エクソシスト ディレクターズカット版』
  ・『クトゥルーの呼び声』

 韓国怪談
  ・『チャウ』

 中国怪談
  ・『夜半歌聲』
  ・『夜半歌聲続集』
  ・『霊幻道士』

正直、微妙

 トークイベントには全く興味が湧かない。つか、今までも映画祭中のトークイベントは全て無視してるから(上映とトークイベントがセットだったもの以外)、ここは私にとって休憩時間ですな。怪奇現象は、その話にノれるかノれないかで信憑性が決まります。私は怪奇現象には全く興味がないので、今回のトークイベントには今まで以上に興味がありませんね。

 肝心の上映作品は……これも微妙ですねぇ。たとえば黒沢清監督の『降霊』は幽霊描写が素晴らしいと思いますけど、映画祭向きでしょうか? 「爆音上映」をまた行うのなら、是非とも『叫び』にしてほしかったものです。
 西洋の怪談は……うーん。ジャック・クレイトン監督の『回転』とか基本的な作品も入れておいて良かったような。あと、『スクワーム』があるなら、『ミミズバーガー』を是非とも入れてほしかったです! 『ミミズバーガー』好きとしては!! 「爆音上映」向きに『サスペリア』も入れてほしかったです。音楽的には、『エクソシスト』より、ジェリー・ゴールドスミスさんの『オーメン』の方が観たかったかも。
 ついでに中国映画に、『スクワーム』と似た(いや、全く似ていないか)『人蛇大戦・蛇』があっても良かったような。強烈な因果応報の話ですし。

 「爆音上映」をまた行うようですけど、古い映画の場合、音響設定を上手に合わせないと、「爆音」を楽しむどころか耳障りなだけになります。子供の騒ぐ声とか、高音域を使う音は、最近の映画なら問題ありませんが、古い映画だと高周波がキンキン響いて耳を塞ぎたくなる程です。それは『叫び』に於ける音の効果と別次元の問題です。前回の映画祭で上映された『釈迦』が最も酷く、あれなら普通の音響上映の方が良かったと思うくらい。今回の「爆音上映」ではそこら辺の問題がクリアされていることを願います。
 それに正直、金沢コロナシネマの音響は爆音と同じかそれ以上に良いと思います。「爆音」に設定していないので耳障りな音は絶対に発せられませんし、高音~低音まで綺麗に出ています。「爆音上映」の方が低音域が大きくて『宇宙戦争』のような映画は楽しめるかもしれませんが、音楽が重要な『AKIRA』は「爆音上映」には向いていませんでした。それは「爆音上映」が悪いのでなく、設定が悪いのだと思います。
 スピーカーとかお金のかかる問題なんでしょう。お金のかかっている金沢コロナシネマの方が圧倒的に有利です。それに今回のラインナップには「『爆音上映』の意味があるのか?」という疑問も抱きます。
 噂程に「爆音上映」は凄いものではない、と思うのですが……

 ラインナップが決まる前は期待感に胸を膨らませ、決まった後は難癖を付ける。観客とは勝手なものです。主催者は大変です。かなざわ映画の会の皆様、頑張って下さい。何だかんだいって今から大いに期待しています。
 映画祭に合わせてもう9月の勤務に休日申請をしてますし!
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

tag : カナザワ映画祭

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。