--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-04

善意が国を滅ぼす

 こないだ我が金沢市で菅直人首相が街頭演説をしていました。内容は相変わらず酷いもので、もちろん自民党はもっと酷いのですけれど、いや、甲乙つけ難い酷さですか。

 「ぶれてない」を強調していましたが、ぶれないリーダーほど怖いものはありません。完璧超人でもない限り間違って当然なんですから、間違っていた時は素直に謝罪してぶれてほしいものです。「ぶれてない」を強調する時点で「駄目だコイツ」と思います。ぶれてるぶれてないを問題にするマスコミの罪も重いですが。
 でも、菅首相の「駄目だコイツ」ぶりはそれだけではありません。「一国の首相がこんなこといっていいのか?」と思うような発言をしていました。

asahi.com→「財政破綻したとき、誰が困るかご存じですか」―菅首相

 上記リンク先から抜粋。

 財政が破綻(はたん)したとき、誰が困るかご存じですか。あの大金持ちのカルロス・ゴーンさん(日産自動車社長)は、(日本から)いなくなりゃいいんですよ、簡単なんですよ。

何がどう簡単なのかさっぱりわかりませんな。日産は名誉毀損で怒らないんですかね?
 菅首相は民主主義というより、社会主義なのでしょう。ゴーン社長は物凄く高額な役員報酬を貰っていますが、その額がゴーン社長の価値より高ければ、株主が文句をいえば良いのではないでしょうか? なぜ首相がケチをつけるのか、理解できません。

 菅首相は消費税の増税もいっていますが、意見が右往左往しているようで、上げるのは間違いないのでしょうが、どのように上げるのかしっかり考えてない様子。消費税を上げて基礎年金分を賄うようなことをいっていたと思いますが、今上げた分は、今の高齢者分なので、将来の高齢者分はその時にまた上げなければいけません。なので、消費税増税で基礎年金のアイデアは難しいように思います。また、社民党とかは「消費税を上げたら年金受給者が可哀相」とかいってますが……あれ? 年金の受給額ってスライドするんじゃありませんでしたっけ? 消費税が上がれば、受給額もその分だけ上がる仕組みだったような。そうだとすれば、消費税を上げる際に、年金受給額も上げる(年金受給者の負担を減らす)のか、受給額を上げない(年金受給者にも相応に負担をしてもらう)のか新たな議論が登場します。そこらの問題を隠したまま増税の話をされても困ったものです。
 ニュースを見る限りでは、「財政難だから増税も致し方ない」と思う人が多いようですが、細かいとこにツッコミを入れないと、良かれと思って選んだ選択肢が悪い結果を生みます。
 まあ、財政難だから税率を上げるのは理解できますが、それで景気回復とか理解できません。負の所得税の話をしているのかと思えば、「低所得者には税金分だけ全額還付する方式」とかいってて、意味不明です。年金問題で真っ先に行うべき対策として納税者番号制がありますが、それもまともに議論できなくてどうやって「税金分だけ全額還付」をするのか。どうやって消費額を計算するのでしょうかね? まずは日本にもインボイス方式を導入するのでしょうか? とりあえず低所得者向けにリップサービスをするにしても、とりあえずすぎです。

 アホな議論が続くなぁ、というものには「児童ポルノ規制」問題もあります。
 
産経ニュース→【日本の議論】「子供を守る」どこ行った? 大人の都合で“政争の具”へ 漫画児童ポルノ条例をめぐる議論

 上記リンク先から抜粋。

 都条例の改正案をめぐる議論は3カ月にわたって迷走を続けた。発端は今年3月議会の会期中、改正案に反対する著名漫画家のちばてつやさんや里中満智子さんらが都庁で記者会見を開いたことだった。
 「表現で新しいものが起きるときは色んな種類の花が咲く。スミレなどかれんな花も、ジャングルのラフレシアのような花も、根っこですべて繋がっている。この花は汚いと根を断つと植物群全体が滅ぶ」
 ちばさんは、漫画文化を生態系に例えて改正案を批判した。この会見により反対運動が一気に拡大した。

私も基本は規制反対ですけど、どうも規制反対派の意見には賛同できないものが多い。つか、「お前は発言すんな」と思うことが多い。この「漫画文化を生態系に例え」た発言とか。馬鹿じゃねーの。いっちゃあ何ですが、こんな馬鹿発言ばかりが表に出ていたら、呆れてしまって、規制しちまえ、と思ってしまいます。

 議論の焦点は改正案条文の文言の定義と適用範囲だった。規制対象となる漫画などの18歳未満と想定されるキャラクター「非実在青少年」や「青少年性的視覚描写物」など用語の定義のほか、行政による恣意(しい)的な運用を招き、表現の自由を脅かすというのが主な主張だ。
 強まる批判に担当者らは巻き返しにやっきとなる。「都民に条例改正の周知が不十分だった」(都担当者)として、「ドラえもんのしずかちゃんの入浴シーンやサザエさんのワカメちゃんのパンチラなどは規制に該当しない」などとする質問回答集を都のHPに掲載。

しずかちゃんやワカメちゃんのサービスカットが取り沙汰されるのって、冗談だと思っていましたが、真剣に議論されるとは、日本って面白い国です。どうでもいいし。つか、あんなサービスカットはあってもなくても困らんだろ。議論されるべきはそこじゃないのに。

 5月初旬に起きたある“事件”が情勢を一変させた。石原知事が定例会見で「(条文は)説明不足。『非実在青少年』という言葉は何だこれ一体? 幽霊の話か? 役人が作るくだらない言葉は世間に通用しない。誤解を受ける文言が悪い。どんどん変えたらいい」と述べたのだ。
 都幹部は「あの発言が条例に反対する民主につけ込む隙(すき)を与えた。記者会見を補佐する知事本局や執行部は、知事答弁の打ち合わせをしていなかったのか…」とため息をつき、公明幹部も「明らかな失言だった」と肩を落とした。

なるほど、「失言」ということは、正しいことをいったというわけですね。

 条例改正に賛成する自公は改正案の条文作成にかかわった前田雅英首都大教授(法学)は「改正案は子供が見にくい場所に置くことはできないかという提案だ」と改正案の趣旨を説明したが、「条文にあいまいな部分がないわけではないが、法律は素人が分かる言葉でできていない」と主張した。

今までの議論を見る限り、俎上に載っているのはゾーニングの問題ではないでしょう。ゾーニングが議論対象なら、「非実在青少年」なんて登場しませんよ。法律がわかり辛いのは関係ありません。

 自公は早期成立を求める保護者の署名が約4万5千筆集まったとし、対抗措置として独自の修正案を提出した。「非実在青少年」を「描写された青少年」に、また「青少年性的視覚描写物」を「青少年をみだりに性欲の対象として扱う図書類」に変更するなど用語を変えた上で、表現の自由を侵害するとの懸念に対して、付則で「条例施行3年経過後に検討の上、必要な措置を講じる」とした。

修正してもその根本にある思考は修正されていないので、アホぶりは変わらず、とっても微笑ましいです。「みだりに性欲の対象として扱う図書類」は、大半のエロ本がそれに該当しますから、エロ業界は大変です。「熟女もの」が好きな人は勝ち組です。その結果、世界が「熟女もの」だけに支配されたら……それはそれで面白いか。ロリはどうでも良くなって、「中年を守れ!」に切り替わったり。

 都議会で民主と自公がさや当てを行う一方、石原知事は「7、8歳の女の子をセックスの対象にする漫画を子供の目に触れさせないようにすることがなぜいけないのか」と強調。「反対のための反対で都民が迷惑。ばかなことをやっている。抽象論ではなく具体的な対案を出すべきだ。(出さないなら)『現状を認める』と都民の前で言えばいい」と怒号した。
 6月議会閉会後、都議会各会派を回った石原知事。民主の控室で「日本語の解読能力がないな、君らは」とチクリ。これに対して大沢昇幹事長は「自分だってそうじゃないか。言われたくないよ」と言い返す場面もみられた。

都民が迷惑しているのは、反対派のせいじゃないでしょうが。「具体的な案を出すべきだ」というのも、そもそもが抽象的な案を都議が出すからでしょうに。自分でも批判していたように、「非実在青少年」などと戯言を作る手前の部下が能無しなんでしょうが。子供の目に触れないようにするゾーニングならここまで問題は大きくならないのに、本当に「日本語の解読能力がない」都知事です。

 改正案に反対する藤本由香里・明治大准教授は「都はエロ漫画に限定しての規制というが、条文では拡大解釈ができるようになっている」と改正案の否決を喜び、賛成派の赤枝恒雄・赤枝六本木診療所院長は「未成年者が漫画の影響でレイプされている現実があることを知るべきだ」と肩を落とした。

赤枝先生は、『セックスが地球を滅ぼす』という面白い本を出している方です。ただ、まあ、いっていることは間違っていませんけど、さすがにセックスで地球が滅びることはありえません。そこまで人間は愚かじゃありませんから。もしもセックスで国(大きな集団)が滅びるとしたら、それは経済的に崩壊した時でしょう。また、「漫画の影響でレイプ」はあるでしょうけど、「漫画の影響でレイプが未然に防がれている」もあるでしょう。それに、レイプの要因が全て漫画にあったとしても、レイプしようとした原因は漫画にないでしょう。先生ならば、問題のすり替えをしてはいけませんね。

 上記記事にもあるように、児童ポルノ規制の議論が明後日の方向へと流れていっています。児童ポルノを規制するのは誰だって文句なしに賛成するのに。なぜ議論が混乱するのか。根底にあるのは“善意”でしょう。良かれと思って、悪い方に進む。菅首相の発言も児童ポルノ規制の問題も同じように思います。
 赤枝先生は「セックスが地球を滅ぼす」といいましたが、「善意が地球を滅ぼす」の方が説得力がありませんかね?
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。