--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-03

日本戦よりも興奮した

 ウルグアイとガーナの試合は興奮した。

 延長の後半、最後の最後でハンド! ゴール前の大混戦の末、「ああっ! 入った!」という決定的瞬間、思わず本能的に手を出しちゃったんだろうなぁ。「負けるくらいなら、レッドカードくらい!」と。バレーボールのアタックだ。
 そして、当然のように、PK。ガーナはギャン選手が蹴る。ウルグアイにとっては一難去ってまた一難。それもまた絶体絶命の大難。延長戦の後半の時間は終わっていたから、決められれば、ウルグアイは反撃することもできず敗退決定。せっかくハンドまでして防いでも、もう駄目、ああ負けた、と誰もが思った。
 しかし、サッカーの神様は気まぐれだ。クロスバーに当たって外れる。ウルグアイのGKムスレラ選手は、サッカーの神様へ大感謝! その感謝っぷりときたら、爆笑してしまうくらい。クロスバーが人間だったら抱きついてキスしまくっていたんじゃないか、ってくらい大感謝してた。「ヤッベ、本っっっ当ぉーに、助かった有難うクロスバーぁーっ!」みたいな感じだったんだろう。翼くんは「ボールは友達」と名言を残したけど、GKには「ポストとクロスバーが友達」なのかもしれない。
 試合はPK戦に委ねられた。ウルグアイは、直前のPKでサッカーの神様から与えられた幸運を掴んだまま離さなかった。見事に2本を止め、ガーナに勝った。ガーナのメンサー選手の1本を止め、「これで勝ったも同然だ!」と安心した次のペレイラ選手が外し、「うわっ、意味ねー!」と思ったけど、ムスレラ選手は次のアディイアー選手も止めた。

 ハンドによるPKを決められなかったのがガーナには痛い。PK戦ではギャン選手は見事に決めていただけに、あそこで決めていれば。世界ランキング32位のガーナが16位のウルグアイ(最近はパッとしないけど優勝候補の一国だ)の拮抗した試合ぶりと、PK戦で決まったのが何となく日本とパラグアイの試合を思い出させた。
 ブラジルとオランダのバタバタした試合も面白かったけど、歴史に残る試合は、ウルグアイとガーナの試合だろう。

 深夜~早朝までサッカーを観ているから、仕事も眠いし、他に何もやる気が起きない。でも、ウルグアイの「ハンド→PK外れる→クロスバーに大感謝」には元気を貰えたような気がした。うん、今日はスッキリしている。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。