--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-05

『ザ・コーヴ』の抗議抗議活動

 イルカ漁ドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』の日本上映が危ぶまれているらしい。

asahi.com→映画「ザ・コーヴ」上映中止 都内の映画館、抗議予告で

 上記リンク先から抜粋。

 映画を「反日的」と糾弾する保守系団体が4日以降、上映館に抗議活動をすることを告知しており、「近隣への迷惑」を考えて自粛したという。
 2日に市民団体がホームページで上映阻止を求める「抗議活動」を予告。会員らを集め、4日に同社前、5日に映画館前で街頭デモを行うとした。同社は3日に社内で協議。警察とも相談し、「お客様に万が一のことがあってからでは遅い」と中止を決めた。同社のビルには病院も入っており、「他のテナントへの迷惑も避けねばならない」との判断もあったという。
 市民団体は「草の根右派」「新保守」などとくくられるグループ。4月以降、映画の配給会社「アンプラグド」(目黒区)に抗議活動を行っていた。同社前でプラカードを掲げ「上映は許さない」「日本人の精神を破壊するテロリスト」などと拡声機で数時間叫んだ。東京地裁から4月末、同社前での活動を禁じる仮処分も出されていた。
 この団体の代表の男性は取材に「欧米白人の人種差別映画に屈することはない。表現の自由など関係ない。今後も抗議は続ける」と語った。

そして、

毎日jp→米映画:「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判

 上記リンク先から抜粋。

 4日、東京と大阪の2館も中止を決め、東京都内での上映館はなくなった。
 「反日映画の上映は許せない。中止を求める」。今年3月、ザ・コーヴの配給会社「アンプラグド」(東京都目黒区)に、ある団体から電話が入った。この団体は、首相の靖国神社参拝を求める活動などをしている。電話は、米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した時期に重なる。
 4月になると、社長の自宅前や事務所の周辺でマイクを使った抗議活動が早朝から行われるなど、抗議活動がエスカレート。同社は抗議活動の中止を求める仮処分を東京地裁に申請し、認められた。
 ただ、最近までは東京や大阪などの全26館での上映方針に変更はなかった。中止のきっかけは、この団体がホームページで今月2日、上映を予定していた「シアターN渋谷」や同館を運営する出版取り次ぎの日本出版販売(東京都千代田区)に対する街頭宣伝や抗議活動の実施を予告したことだった。3日に中止を決めた同社は「観客や近隣への迷惑がかかる可能性があり、上映を中止した」と理由を話す。
 また、4日に中止を決めた東京の「シネマート六本木」と大阪の「シネマート心斎橋」を巡っては、両館を運営する「エスピーオー」の関連会社に対し、5日に街宣活動するとの予告があった。エ社は「関係各所に迷惑をかける可能性があるため」と中止を決めた。関係者は「自宅への抗議が中止の大きな要因になった」と明かす。

だそうで。

 で、どんな団体がケチをつけてんのかというと、「主権回復を目指す会」という団体。そこに「虐日・テロ映画『ザ・コーヴ』を東京地裁で粉砕せよ」という文章がある。

◆何から何まで悪意に満ちた演出、捏造に等しい映画が、どうすれば「問題について議論を深める」ことが出来ようか。精神への猛毒をドキュメンタリーというオブラートで包み、日本国民の精神を死滅させるのが映画『ザ・コーヴ』だ。
◆『ザ・コーヴ』上映の粉砕は精神テロリストとの戦争である。我々はテロリスト・加藤武史から日本民族の誇りを死守する戦争を必ず戦い抜く!

何でこんなに怒ってるのか理解できん。大丈夫だって、そんな心配しなくても『ザ・コーヴ』の観客数は『のだめ・イン・ワンダーランド 霊能力者バトルロイヤル』よりゃ遥かに少ないから。私からすれば、『のだめ・イン・ワンダーランド 霊能力者バトルロイヤル』の方が「精神テロリスト」な感じがするぞ。つーか、カッコいいな「精神テロリストとの戦争」って。

 さらに、そこの公式サイトにあるブログの記事に、こんな記載がある。

速報!続々つづく上映中止決定!
◆東京「シネマート六本木」と大阪「「シネマート心斎橋」が中止を決定!!
◆東京の「シネマート六本木」と大阪の「シネマート心斎橋」は、多数の国民からの抗議に応えて、虐日映画『ザ・コーヴ』の上映中止を決定しました。
◆上映予定の映画館が、全国で未だ16カ所あります。
◆従いまして、明日5日(土)の抗議街宣は「上映中止に日本人は立ち上がれ!」と題した檄を飛ばす街宣に切り替えます。

<心ある日本人よ!怒りの行動で虐日映画『ザ・コーヴ』を粉砕せよ>
日本人蔑視を煽る映画『「ザ・コーヴ』に表現の自由を認めてはならない!
●場所:渋谷駅ハチ公前広場 
●日時:6月5日(土) 集合13:00

◆下記の劇場に猛抗議を!
北海道 シアターキノ
    シネマ・トーラ
青森  青森松竹アムゼ
宮城  フォーラム仙台
山形  フォーラム山形
神奈川 横浜ニューテアトル
愛知  名古屋シネマテーク
新潟  シネ・ウインド
石川  シネモンド
大阪  第七藝術劇場
京都  京都シネマ
広島  サロンシネマ
岡山  シネマ・クレール
山口  シネマ・スクエア7
福岡  KBCシネマ
沖縄  桜坂劇場

※雨天決行 プラカードの持参歓迎

ああっ! 我らがシネモンドも載ってるじゃないか!? 石川県にもこんなアホな抗議を行う馬鹿が住んでいるのか!? 反日で恥知らずな馬鹿が石川県にもいるなんて、信じられない!

 イルカなんて低脳な生物を人間並みの知性とか思い込んでいる、人間とは思えないような知性の持ち主連中の考えることは理解できん。何をどう捉えたら『ザ・コーヴ』が「反日」になるんだ? こんな時にシーシェパードは何をしているんだ? 抗議抗議活動をすべきじゃないのか? というか、アホな市民団体とアホなシーシェパードの乱闘が観たい!
 おいっ! こらっ!! 頑張れ、陸地でも戦えシーシェパード!!! いつも馬鹿にしているけど、今だけ少しだけ応援しているから、「主権回復を目指す会」と戦え!!!!

 あと、事情が事情だから強要はできないけど、シネモンドにも頑張ってほしい!
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

右翼対SSCS

ベスーン被告の公判のときにSSCSと「主観(権?)を守る会」の一触即発シーンがあったが、警備の警察に静止され、SSCS(2人しかいない)が保護されてました。どこかで金網デスマッチでもやらんかな。シュプレヒコール西村対ホワイトベアーワトソンとかでやれば、結構かね稼げるかも。
シュプレヒコール西村のハンドマイク攻撃やワトソンの酪酸攻撃なんて受けるんじゃないの。

No title

ザ・コーヴまとめ

・映画は一貫した恣意的な編集により太地町のイルカ漁と日本の水産庁や警察を徹底的に悪魔化して描いて
 いるため、太地町は捕鯨反対派から「アウシュビッツ」と認識されるようになった

・落石注意立入禁止・鳥獣保護区域の看板を「イルカ虐殺を隠すために立入禁止としている」としている

・築地市場のマグロが解体される一連の映像を不鮮明な画像で映した直後に、イルカを画面に登場させるという
 恣意的な編集をすることで、必要以上に食肉市場にイルカが流通していると視聴者に誤解させている

・過去に行われていた銛による突きん棒漁法が、現在は行われていないことを視聴者に伝えずに、過去に撮影された
 突きん棒漁法によってイルカの血で海が赤く染まる「残虐な漁法」が現在も行われていると視聴者に誤解させている。

・“日本の美しい港や海を撮影する“という嘘の方便を太地町の漁民に信じ込ませることで、町民の協力の下で
 行われた。そして、ある程度の映像を撮り終えてから町民らに自らの正体を明かした。それにもかかわらず、映画は
 一貫して“地元と日本政府の妨害に遭いながらも命がけで撮影した”という設定で描かれている

・町民に向かって「日本人の“ナニ”は世界一小さいらしいね」と顔を近づけて挑発し、町民がそれを振り払うと、大げさに
 路上に倒れて大声を上げて痛がった。編集段階でこれらの自らの挑発行為をカットして、漁民が激怒する瞬間のみを
 繋ぎ合わせることで、本作は一貫して漁民達が暴力的に撮影を妨害したように見えるように作成されている

・漁具を壊したり魚網を切り裂くことで警察に撮影メンバーを逮捕させ、“日本当局に不当な迫害を受けている“という
 設定に仕立てた。そして、器物損壊の罪状なのですぐに釈放され保釈金も発生しないにもかかわらず、逮捕のシーンの
 映像を世界に発信して、「不当な逮捕を受けたオバリー氏を解放するため、保釈金の寄付をお願いします」と活動資金の
 寄付行為に利用した

最初から正義の映画vs悪の日本人漁師として作られたフィクション。それをドキュメンタリーと嘘をついている
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。