--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-19

子供から大人まで『シェラ・デ・コブレの幽霊』を

 本屋の新刊コーナーに変な表紙の本が置いてあったので、何気なく取り上げてみたら、『衝撃! 超常現象映画の世界』という『映画秘宝』の別冊。特集記事が『第9地区』と『パラノーマル・アクティビティ』みたいだし、興味が湧くような本じゃなさそうだなぁ、と思ってテキトーにパラパラーとめくって立ち読みしていたら、本当に衝撃を受けました。

 添野知世さんによる、「正体不明! 史上最も恐ろしい幻の怪奇映画! 『シェラ・デ・コブレの幽霊』、発掘!」という記事が載ってる! ことの発端から今現在に至るまでの簡単な説明が4ページに渡って書かれていて、必読!!
 そして、今年のカナザワ映画祭についても短い紹介文が。それによれば、今年のカナザワ映画祭のテーマは「オカルト」で、『シェラ・デ・コブレの幽霊』は無料野外上映ですか。子供から大人まで怖がらせようという魂胆なんですね。素晴らしい!! スペシャルな企画も目白押しとか。楽しみです。

 いやー、興味ないと思ったのに、気付いたらレジに駆け込んで買ってしまいましたよ、『衝撃! 超常現象映画の世界』を。発売日は3月31日でしたので、私が「カナザワ映画祭で『シェラ・デ・コブレの幽霊』が字幕付きで上映されるのか!?」と驚いていた頃には既にその情報は全国に知れ渡っていたのですね。どこに情報が潜んでいるかわかりませんな。大好きな中原昌也さんのテキトー極まりない記事もあり、というか中原さんの記事を5倍くらいはもっと増やしてほしいと思いましたし、新しい発見があるわけでもないのですが、買って損のない本でした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

野外で字幕つき、楽しいそうですよね。
日程が決まったら私たちもカナザワ行きを調整します。

「かわむら」にも行きたいし、
「しら井」の昆布巻きも食べたいし、
近江町市場でご飯も食べたい!

No title

久々に訪ねてみたら、おっとそんなことになっていましたか。

丁度良い機会、初金沢を検討したいと思います!あと映画秘宝も買おうっと!

ネルソンさんへ

是非ともこの機会に来沢して下さい。
金沢の第一印象が「オカルト」な映画祭となると、淡白な北陸とは思えない濃い体験になりそうですよ。

nasuさんへ

楽しいのは勿論として、自分たちが主宰するわけじゃないので、落ち着いて観られるのではないでしょうか?
是非ともカナザワ映画祭を楽しんでもらいたいです。

あと、食事! 確かに旅行に欠かせない重要事項! しかし! 私は金沢人のくせに、「しら井」も「かわむら」も知らない。何それー!?
往々にして地元民の方が地元を知らなかったりします……
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。