--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-08

あんなのが代表で大丈夫なの?

 YouTubeにUPされていた、フジのPrimeNews「漫画の規制はどこまで必要か 都の青少年健全育成条例改正の是非」の動画を見た。

 あの放送を見た普通の視聴者の感想は、「よくわからんが、よくわからん」だろう。どうでもいいことが問題になり、論争にすらなっていないダベりをしている。だってさぁ、普通の人は問題になっているような漫画を読まないもん。「へぇ~、そんな漫画があるんだ」と初めて知る人にとっては、あの放送は効果的だ。
 あの放送で最も重要な点は、猪瀬さんがことあるごとに「見せられないけど」といって漫画内容を隠したこと。つまり、悪い例を用意してきたことだろう。成人男性と女児が性交渉をするような表現のあるものを選んできた。
 困ったのは、反対派の藤本さんの、「いや、それはキャラクターの妄想で、話の流れでは実際に行っていません」というお定まりの反論だ。それさぁ、物理的に描かれている絵がある以上、反論にならんぞ。少なくとも議論の流れからして、普通の人からしたら、藤本さんの意見の方が意味不明だよ。
 成人男性と女児がおままごとをしているだけの描写を猪瀬さんが「性交渉に見える!」とかいってんなら、「はぁ? それ猪瀬さんの妄想でしょ」といえるし、そのような状況でもない限り、藤本さんの反論に意味はない。藤本さんの反論は、描かれているものを、「描かれているけど、いや、それ、実は違うの、わかってちょうだい」と懇願しているようなもんだ

 猪瀬さんの意見には整合性がなくて、「ゾーニングだけでいいのか、表現規制したいのかどっちなんだ?」と理解不能。未成年に悪影響を与えるから、ゾーニングだけじゃ物足りないので内容規制もするというのなら、酒やタバコはどーすんの? 未成年に販売禁止しているけど、実効性ないよねぇ。だから念のためとして、未成年向けの酒とタバコを作れといってるようなもんだよ。
 しかし、規制賛成派の意見にはツッコミどころが沢山あるけど、規制反対派にはもっとある。そもそも根本的な意見として、なぜ規制されると困るのか、それがさっぱりわからない点だ。物語性もない児童ポルノ紛いの漫画があるのなら、それが規制されて何か問題あるか? 普通の人なら「別に問題ない」と思う。そして、「何でそんな児童ポルノ紛いの漫画の規制に反対しているんだこの人たちは?」と思うだろう。あの放送には、どこにも「表現の自由」の議論が出てないし。いってしまえば、規制反対派の意見は予め封鎖されていた。そして、その封鎖というか敷かれたレールからはみ出すことが一切できてなかった。
 たとえば、表現規制すればゾーニングをなくしても構わんのか、ゾーニング強化案としてネット通販のみに流通を限定すれば表現規制しなくても構わんのか、そーゆー現実的な話もなかった。良し悪しをダベっているだけ。日本人の美徳である譲り合いの精神を示してほしかったなぁ。巧い議論なんて望めんぞあれでは。

 TV放送なのに、反対派があれじゃねぇ。あの程度の話しかできないと判断されれば、藤本さんの「准教授」という肩書きまで安く見られてしまうよ。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。