--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-10

今の3D映画は、エミュレーターのゲームみたい

 友人と『アバター』をまた観てしまった。別に観たくて観たわけじゃなく、観たいといったから一緒にいっただけで、しかも字幕版で、3DメガネがXpanD方式のやつ。

 2度目に観てはっきり確信した。『アバター』は面白くない。だって、友人には悪いけど、途中で1時間くらい寝たし。3D上映というアトラクション的な面白味があって初めて評価できる映画で、3D効果を抜きに考えると、全っ然面白くない。
 CGは凄い。それは本当に評価できる。でも、そんだけ。前人未到の映像美とかじゃない。別にジェームズ・キャメロン監督でなくとも誰かはあの程度の映像を作ったろう。たぶん、『アバター』のすぐ後に『オーシャンズ』を観たら『アバター』なんて消し飛ぶだろう、その程度の映像美だ(『オーシャンズ』が素晴らしい、といってるわけじゃないので)。
 異星人に肩入れする物語だって、別に珍しくないし。開拓ものの常だし、西部劇だし、トム・クルーズさん主演の『ラスト・サムライ』と似たり寄ったりじゃん。宮崎駿監督の『もののけ姫』を思い切った映画が『アバター』だ、と前回たとえたけど、同じ宮崎監督の『風の谷のナウシカ』でもいいんだけど、『アバター』は思い切っただけで、「政治的にも生物学的にも、そんなに軽くていいの?」と思うくらい、比較して雑すぎる。あまりにリアルな2D世界(仮想空間)に入り浸り、萌え微少女と結婚して2D世界から戻って来れなくなった引きこもりの話、と捉えてもいいし。いや、そこまで思い切った物語ではないか『アバター』は。

 物語だけでなく、ガジェット的な面白味も少ない。製作に時間がかかりすぎたためか、何か古臭い。無骨な古臭さが良かった『エイリアン2』と同じものを今作られると、それはただの「古臭い」になってしまっていた。
 パンドラの映像は素晴らしいけど、結局は既存の映像のパッチワークにすぎない。決してオリジナルでなければならない、と批判したいわけじゃなく、ヒップホップ的なサンプリングの妙は今や当然の文化だから否定する気はなく、また一過性の人気にすぎないからと否定する気もないけど、「凄い」けど「どっかで見たことある」ものにしかなってないんだよな。パンドラの動植物は、日本のファンタジー漫画やアニメで見たことあるようなものばっかだし(それを完璧に実写化する才能と技術力と労力と製作費は間違いなく凄いけど。特に『Space Battleship ヤマト』みたいなクズ決定映画と比べれば)。つまり、本当の「未体験の映像」は見られない。

 そもそも「未体験の映像」ってどんなだろう? 何でもかんでもCGで作れるようになり、今までに見られなかったものを見てみたい、と思っても、何が見たいんだろう? 考えると、特に思い付かない。たぶん、殆どの人が同じだろう。となると、斬新な映像美を作ろうとする人にとっては、要求のないものを作らなければならず、それは手探りの作業になる。そこで最も簡単なのは、既にあるものをかき集めて「凄そう」なものを作ることだ。『アバター』は正にそんな感じ。斬新ではないし、真に「未体験の映像」でもないけど、「最新の凄い映像」ではある。最新だから当然、1年もすれば時代遅れになってしまう。ゆえに『アバター』の賞味期限は早いと思う。
 遠い未来に「映画史」が編まれた時(映画の歴史なんてまだ百年ちょいだ)、『アバター』はどう書かれるだろうか? 「3D映画元年」の始まりを盛り上げた映画、とは書かれるかもしれない。でも、それだけで終わりそう。盛り上げたは盛り上げたけど、それは映画の力でなく、配給会社の力によるものだから。そして、3D映画が真に盛り上がるとすれば、まずは映画館側の問題が解決されてからだろう。つまり、コストの問題と3Dメガネの不便さの解決だ。

 XpanD方式で観て思ったことは、「上映時間がとても長く感じる」だ。RealD方式クリップオンメガネでも少しは不便だと思ったのに、重くてデカイXpanD方式の3Dメガネは観客側としては不便極まりない代物だ。映画を楽しめることは楽しめるけど、完全に集中できない。RealD方式はまだ軽いから集中できるけど、それでも3D上映そのものが、目が疲れるので、長時間の上映作品に向いていない。上映時間が1時間半を切っていた『ファイナル・デッドサーキット3D』ですら疲れたから、現状では、3D映画の上映時間は短ければ短い程いい。『アバター』は3時間近い映画だ。つまり、ソフト(映画作品(『アバター』))が優れていても、ハード(3D上映設備)が優れていない以上、真に革新的な映画体験なんて生まれるわけがない。
 ちょっと話が逸れる。事業仕分けでスーパー・コンピュータの開発費用の是非が論議されたけど、「世界で2番目でいーじゃん」て発言には、ゲーム好きだった私としては、セガのハードが任天堂やソニーに負けたこともあり、「そりゃあ世界一がいいに決まってんじゃねーか!」と思った。当然だ。どうせ金かけるなら一番を目指すべきだ。が、しかし、セガが負けたのは、ハードのせいだったか? ハードはかなり優れていたのに負けた。ソフトが駄目だった。いや、傑作ソフトはあったけど、主流派にはなれなかった(ゆえに今でもセガのハードを愛する人は存在する)。スーパー・コンピュータのありがた味がイマイチわからない私でも、それが開発されることにより『アバター』や『カールじいさんの空飛ぶ家』がもっともっと凄くなる、とか説明されれば「そりゃあ凄いことなんですね」とか思うけど、結局はソフト開発の問題でもある。ハードあってのソフトだけれども、日本のソフト開発力って今、世界で何番目なんだろう? 少なくとも、ゲーム開発では世界一じゃない。だから議論すべきは、「商品価値が高いスーパー・コンピューターを開発できるのか」と同時に「ハードを活かした日の丸印のソフトを開発できるのか」だ。事業仕分けでスパコンの開発費を削られることに対する批判を見ていたら、セガのハードで世界一になれなかった歴史を想い出してしまう。
 『アバター』の話に戻る。『アバター』は、ソフトとしては優れている(映画として、でなく)。ただ、それを活かすハードがない。「3D映画元年」といわれた昨年だったけど、ハードの方が優れない限り、3D映画が2D映画を超える時代は到来しない。映画館は、「3D映画時代」の到来を期待して、3D映画上映の設備投資を行っているんだから(3D映画上映館が増えてるし)、「3D映画時代」が到来しないと困る。でも、せっかくの設備投資だけど、人間工学的に優しいものじゃないので、観客は今困っている。本来ならソフトに見合ったハードの性能が必要なんだけど、エミュレーターで遊んでいるゲームのようなチグハグさがある。

 今のまま「3D映画時代」が到来したら、困るのは観客だ。XpanD方式の3Dメガネだと、我慢を強いられるから。我慢してまで3D上映を観る価値があるかというと、『アバター』にはないし、『カールじいさんの空飛ぶ家』にだってない。我慢するくらいなら、普通の2D上映でいいや、となる。しかし、普通に2D上映で観たら、『アバター』には大して存在価値がないのだ。
 「3D映画時代」は、まだ当分は先のことだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。