--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-07

こっちの方がいい

 またまた『カールじいさんの空飛ぶ家』を観てきた。たぶん、これが最後の予定。
 最後を飾るのは、前回と同じく、3D版。しかし今回は、3Dメガネが「RealD方式」のクリップオンメガネだ。

 「RealD方式」の通常の3Dメガネで観た後でクリップオンメガネがあることを知り、「くそう、それならもう1回観る!」と5回目の鑑賞となった。
 はっきりいって、クリップオンメガネは良かった! メガネなしでは見られない人でも大丈夫! メガネの上に3Dメガネをかけるなんて邪魔なことしなくてもいい! 300円の別料金は必要だけど、想像以上に軽かったし、装着も簡単だったし、専用ケースも一緒に貰えるから持ち運びに困らないし、超便利!!
 いや、それでもまだ文句はある。あるけど、コンタクトでなくメガネ着用の人にとって、コストダウンのために快適さを犠牲にした「XpanD方式」は論外だし(視力に問題なくても、「XpanD方式」は大きくて重いから、長時間の鑑賞には絶対に向いてない)、同じ「RealD方式」の通常の3Dメガネだって、メガネの上にメガネをかけることになるから不便なので、現状の最適な選択は「RealD方式」のクリップオンメガネだといえる。

 で、良かった。メガネ着用で観た3D版は、前回よりも細部がくっきりと見ることができ、しみじみと楽しめた。確実に2D版とは違った楽しみが味わえるので、一見の価値ありだった。だったが、正直、最初から3Dに特化して作ったわけじゃないから、色彩を楽しむのであれば、2D版の方が落ち着いて楽しめる。3D効果の楽しみは、予告編でやっていた『アリス・イン・ワンダーランド』の方が遥かに上で、『カールじいさんの空飛ぶ家』は、ちょっとした味付けに3D効果を使ってる程度。そのちょっとした3D効果でも楽しいことは楽しいので、子供なんかは大喜びしていた(観た回は子連れ客がたくさんいて、座席は満席寸前の混み合いだった)。
 ちなみに5回も観てんのに、またまた同じ場面でボロ泣きした。

 続けて『アバター』も観た。こっちは最初から3Dに特化して作っただけはあり、『カールじいさんの空飛ぶ家』と逆に、2D版は観なくてもいい。つーか、観る気が起きない。3D効果のためだけの演出が随所にあり、つまり3D上映で観ないと「何だこれ?」と思うような場面だらけなのだ。
 昨年は「3D映画元年」とかいわれているけど、『アバター』の登場によって本格的な3D上映が始まるかもしれない。今回観に行ったワーナー・マイカルは3D上映の宣伝に力を入れているので(3D上映館を増やしたし)、盛り上がらなかったら悲しいだろうなぁ。

 「3D映画元年」といえば、即座に想い出すのが、「2010年[ヤマト]YEAR始動!!」。どう考えても「ヤマトイヤー」にはならんだろうけど、今年が「3D映画イヤー」ならあり得るかもしれない。ただし、全部が全部『アバター』みたいな映画だと、ぶち上げただけに終わりそう。特に『ブラッディ・バレンタイン3D』や『ファイナル・デッドサーキット3D』みたいなものばかり続けば(私はそっちの方がいいけど)、確実に一過性のお祭騒ぎに終わってしまう。とりあえず『アバター』がアメリカ程の大ヒットになるかどうかでしょーね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。