--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-17

わーお、じゃぱにーずな映画

 映画を続けて2本観た。どちらも1本だけでも濃い映画なのに、2本続けて観ると、濃さが倍増。純和風さも。『ロボゲイシャ』と『宇宙戦艦ヤマト 復活編』。新作として大きなスクリーンで、「ヤマト」「ゲイシャ」「ハラキリ」「フジヤマ」を1日の間に見られたんだから、外国人は羨ましがるだろうな。

 『ロボゲイシャ』は、さすがの出来で、片時も期待を裏切ることがないどころか、期待以上の面白さだった。『片腕マシンガール』の方がインパクトは大きかったけど、映画としては『ロボゲイシャ』の方が面白かった。「頭悪いなぁ~」という要素を全力で注ぎ込んでいて、トロマ映画を観ているようだった。正しい、とっても正しい映画。

 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』もこれまた片時も期待を裏切らない映画だった。悪い意味で。以前、予告編を観た時点で『宇宙戦艦ヤマト 復活編』の批判をしたら、「9の部屋」というサイトの人から「比較対照を見てもいないのに批評するのは最低」とコメントがあったので、ちゃんと観に行ったわけですよ。でもねぇ、やっぱ酷いよなぁ、あれ。一番最初にドでかい文字で「原作 石原慎太郎」と表示する時点で駄目でしょ。アホか。物語が徹底的に面白くないのも駄目。演出も駄目。ちっとも盛り上がらない。で、続くときた。そこそこ売れるんだろうけど、続きを作る必要性が全くない。予告編を観た時点での予想は、ちっとも裏切られなかった。
 ところで「9の部屋」の人はどのように『宇宙戦艦ヤマト 復活編』を観たのかな? と思ってサイトを見に行ったら、大絶賛。もう6回も観たらしい。『カールじいさんの空飛ぶ家』を既に3回も観て、観れば観るほど素晴らしいと思ってしまっている私にとっては他人事とは思えない。そこまで「宇宙戦艦ヤマト」が好きならしかたない……
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。