--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-28

のりピーがトニー・モンタナを演じたら凄いのに

 携帯電話の契約サービスで、毎日新聞の「ニュース便」というものを毎日朝・昼・夕の3回配信してもらっている。毎回その時点での注目ニュースを3本取り上げており、といってもニュースの本文はなく、2行の見出しだけで、本文を読みたければ「ニュース便」のサイトにアクセスするしかないんだけど、見出しだけでも結構便利で、新聞のTV番組欄を見るみたいに、それで世間の注目ニュースを知ることが多い。今日(11月27日)の昼のニュース便に、またのりピーさんの記事があった。のりピーさんは離婚したいらしく、でもそれは難しい、という記事だった。

スポニチ→のりピー離婚難航も…夫、義父母が反対

 上記リンク先から抜粋。
 検察は先月21日、高相被告の初公判で「ここ1年間は2週間に1回の割合で繰り返し使用していて依存性が高い」として懲役2年を求刑している。酒井に覚せい剤を勧めた上、反省の色が薄いともとられかねない供述が多いため、実刑か保護観察処分付きの厳罰が下るかどうかが焦点。
 判決公判は当初、今月12日に予定されていたが、鹿児島・奄美大島の音楽イベント会場で拾ったとする覚せい剤の没収手続きが必要とされたため、27日に延期されていた。この間、高相被告は今後、クラブDJとして音楽活動をしていく意向を知人らに話している。
 私の興味は、2人の離婚なんかにゃ全くなく、いつまで高相祐一被告は「自称」のプロサーファー扱いなのか、という点だ。「プロ」でないのなら、「元プロ」か「アマチュア」で駄目なんだろうか? なーんか、マスコミの「自称」扱い、しつこい。
 あと、高相被告はクラブDJとして音楽活動したいそうだけど、「覚醒剤DJ TAKASO」として食べてくつもりなんだろうか? DJ TAKASOが回していれば覚醒剤も回りそうだから人気でそうだけど、パーティやレイヴが無駄に警察から注目浴びそうだ。
 さらに、「2週間に1回の割合」は依存性が高いかなぁ? やっぱ「嗜み」って感じだよ。タバコや酒を「2週間に1回の割合」で味わっていても誰も依存しているとは思わんだろ。嗜みで覚醒剤は可能なんだろうね。

 スポニチのニュース記事を眺めていたら、他にものりピー関連記事があった。

スポニチ→のりピー映画原作の梨元氏「訴訟ならば争う」

 上記リンク先から全文引用。
酒井の覚せい剤事件を描くドキュメンタリー映画「刹那」(監督笠原正夫)の製作発表が26日、都内で行われた。
 芸能リポーターの梨元勝氏(64)が先月出版した「酒井法子 隠された素顔」(イースト・プレス)が原作で、酒井に逮捕状が出た8月7日から判決までの経過を作品化。しかし、主演予定だった元宝塚歌劇団の女優から今月25日になって出演を断られたという。代役は女優の街田しおん(37)が務め、来年1月に公開予定。映画化をめぐり、梨元氏は「(酒井側と)訴訟になったら争いますが、そうなることはないと思います」とした。
 おお、「話題の事件が即映画化されるとは、珍しく動きが早いな」と思ったら、梨元勝さんの本を原作とした映画なのか。この記事だけだとどんな映画になるのかわからないから、さらに。

asahi.com→酒井法子さん事件映画突然の主演女優交代

 上記リンク先から抜粋。
 芸能リポーター梨元勝氏の著書「酒井法子 隠された素顔」を原作に、子持ちバツイチの週刊誌女性記者が酒井さんと自分を重ねながら同事件を見つめる内容。
 ドキュメンタリー風に作ろうとしていることはわかった。「子持ちバツイチの週刊誌女性記者」という設定からして、物凄く面白くなさそう。監督の笠原正夫さんは、石原真理子さんが主演・監督の『ふぞろいな秘密』のプロデューサーだ。もうそこからして駄作であることが確定。内容からして、携帯小説の映画化と同レベルっぽい。話題性の熱が冷めないうちにさっさと作ってさっさと公開して小金を稼ごうとしている醜い魂胆が見え見え
 梨元さんは梨元さんで、「訴訟になったら争います」なんて息巻いているのはいいけど、恥ずかしい人だなぁ。あんな駄本で小金を稼ぎ、明らかに駄作決定の映画に喜んでる。

 ていうか、話題性を狙うなら、のりピーさん本人を主演にすればいいのに。何で他人を使うかなぁ?
 どうせだから、『スカーフェイス』のトニー・モンタナばりに覚醒剤をキめるのりピーさんを描けっての。そーじゃなきゃ映画にする意味なんてねーっつーの。腕に注射器が刺さったまま踊り狂うのりピーさんや、鼻からの吸引をやり過ぎて鼻血が溢れて血の海になって溺れるのりピーさんなんかを描いてこそ映画でしょ。金取るんだから、それくらいサービスするべきだ。事実に基いた、中途半端に倫理的な映画に価値はない。製作陣は麻薬に関する知識も全くないだろうし、事前に調べるようなこともしないだろうから、絶対に時間の無駄な映画になるよ。
 こんな醜い芸能界に住んでいたら麻薬くらい手を出してもおかしくない。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

街田しおん 楽園

街田しおん/楽園−流されて−商品価格:3,990円レビュー平均:0.0 ジョージアの新しいCMに出ているスーツ着た女の人はだれですか?(吉田くんってやつ...ジョージアの新しいCMに出ているスーツ着た女の人はだれですか?(吉田くんってやつです)[⇒回答を読む] ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

想像して笑いました。
ラストの大立ち振舞いも再現してほしいですね。
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。