--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-24

ウホウホッ! カルピス的なゲイ漫画

 本屋で色々と新刊を物色していたら、一際目立つ表紙の漫画があった。山川純一さんの『ウホッ!!いい男たち2 ヤマジュン・未発表作品集』だ。
 こーゆーの↓
ウホッ!!いい男たち2 ヤマジュン・未発表作品集 (fukkan.com)山川 純一(2009/11/16)
ウホッ!!いい男たち2 ヤマジュン・未発表作品集 (fukkan.com)
 相変わらずインパクトのある表紙だ。迷わず購入。

 私は当然、第1巻も持っている。復刻ドットコムで予約して。最初の復刊の時には買い逃し、Amazonで買おうと思ったらレア価格になっていて(2万円近くしていたような)、いくら何でもこの価格はねーな、と思っていたら再び復刊ドットコムで予約受付を開始したから迷わず予約し、定価(復刊価格)で買えた。
 その後、Amazonを見てみたら、まだレア価格での出品のままだったから、親切心で「復刊ドットコムで再販売されたから、このムカつくボッタクリ価格では絶対に買わないように!」て感じのカスタマーレビューを送ったら、掲載拒否された。今、Amazonを見てみたら、やっぱボッタクリ価格が存在する。定価の在庫がまだあるってのに、定価の3倍近い価格はないと思うぞ。
 第2巻も既にレア価格が付いている。でも、普通に本屋に在庫があるくらいだから、まだまだレア価格で買う必要はないだろう。2倍以上の価格を付けてる店は、市場を見ているんだろうか? 買取時にそれだけ高額買取をしたのだろうか? どうせなら定価の在庫がなくなるまで寝かしておけばいいのに。

 で、第2巻だ。また復刊価格だからか定価が高い(これについては批判しない)。が、本そのものは薄い。第1巻の半分以下。じゃあ何で価格が高いかというと、初回限定版には付録「やらないかバンダナ」が付いているから。
 こんなの↓
「やらないかバンダナ」
 ヤマジュンキャラがみっしりとプリントされ、その上に、
やらないか」、
腹の中がパンパンだぜ」、
男狩り」、
などと魅惑的な台詞がみっちりとプリントされている。「チャンピオンREDいちご」の付録並みに使う機会に困る品物だ。嬉しいやらいらないやら。
 内容は、未発表作品集ということもあり、正直、出来はイマイチ。印象的なキメ台詞、印象的な物語、印象的な展開、印象的なコマ、印象的なキャラなどがげっそりと減り、第1巻に比べると現代アート的なポップ感も減り、一般向けでなくなってしまった(そもそも一般向けではないか)。だから付録で価値の底上げを図っているんだろう。が、それでも独特の魅力がなくなったわけじゃないので、面白いことは間違いない。任侠と暴走族な漢臭い設定で安定感のある、スカッと爽快にカルピス味な実用性第一のゲイ漫画でございますよ(私は実用してないけど)。それに、やはりレアな作品集だし、放っといたらレア価格になってしまうので、ちょいと定価からして高いけど、ファンは迷わず買いでしょう。

 ちなみに購入した本屋は、ブック宮丸。復刊ドットコムから第2巻発売情報のメルマガが届いていたんだけど、すっかり忘れてしまっていたのに、まさかの本屋での出会い。しかも初回限定版。石川県のオタク文化を支えていただけはある、見事な品選びでございます。

 復刊ドットコムでも購入できるので、一応、リンクをば。
復刊ドットコム→『山川純一(ヤマジュン)』 復刊特集ページ
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。