--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-18

観る作品によっての映画館選びは重要ですね

 マイケル・ジャクソンさんの『THIS IS IT』をまた観た。というか、実は既に3回目になる。観れば観るほど、感動してしまう。3回も観たの今年は他にクリント・イーストウッド監督・主演の『グラントリノ』しかないんだから。

 3回も観たのは、マイケル・ジャクソンさんが好きってのも当然あるんだけど、映画館によって感じ方が異なるか試したかったから。で、これがすっごい異なった。良い映画館で観ないと『THIS IS IT』の良さがわからないことを本当に実感した。
 1回目の鑑賞は、金沢駅前にあるフォーラス内のイオンシネマ金沢
 2回目が、イオンかほく内のシネマサンシャインかほく
 そして3回目が、アピタタウン金沢ベイ内の金沢コロナワールド内の金沢コロナシネマワールド
 一番良かったのは、金沢コロナシネマワールドだった。最も最近できたシネマサンシャインかほくが一番かと思ったんだけど、総合的には金沢コロナシネマワールドの勝ち。
 映画館の良さを決める要素は、
  ①映像・音響の良さ、
  ②椅子の快適さ、
  ③上映作品の多彩さ、
  ④売店の品揃え、

の4つ(私にとっては)。

 ①は、やっぱどうせなら映像と音響が優れていた方がいいに決まっている。環境が良いと作品の価値を底上げすることもあるし。
 ま、これは当然ながら新しい映画館の方が優れている。かわいそうだけど、最も貧弱なのは、ユナイテッドシネマ金沢だ。『THIS IS IT』を観るのにユナイテッドシネマ金沢を利用するのはオススメしない。最新の映画館はシネマサンシャインかほくで、デジタル上映なので、映像は最も綺麗。なんだけど、音響は「新しい映画館だけにずば抜けて良かった」というわけでなく、音量が小さく、低音も小さい感じだった。
 私は『THIS IS IT』には映像の良さよりも音響の良さを求めるので、音響の違いが作品の価値すら変えてしまうと思っている。その点で良かったのは、金沢コロナシネマワールド。低音に厚みがあり音が柔らかく音量も大きかった。

 ②は、長時間拘束される以上、快適さは物凄く重要。
 昔の映画館の椅子に比べたら今時の映画館の椅子はどんなとこでも最低限の快適さがあるけど、一度いいものに慣れてしまうと、欲が出てくるのが人間とういもの、さらに上もっと上を求めてしまう。
 石川県の映画館で最も椅子が快適でないのは(駅前シネマは除く)、御経塚サティ内の御経塚ワーナー・マイカル・シネマズだ。椅子が硬い。背もたれが高く、頭部を乗せる部分が硬く、背の低い高齢者には向いていない。同様に、私からすると悪くはないんだけど、椅子のクッションが強くて背の低い高齢者に向いていないのがイオンシネマ金沢。どちらも足が床に届かず、疲れてしまうようだ。頭部を乗せる部分が硬かったりクッションが強かったりすると、首が前に押しやられる感じになり、これまた疲れる原因になってしまうようだ。平均的な身長以上ならば特に気にならないことなんだけどね。
 座り易いのは、ユナイテッドシネマ金沢なんだけど、可もなく不可もなくって感じ。背の低い高齢者にも好評だったのは、金沢コロナシネマワールド。椅子の幅が広く、椅子の上であぐらを組むことも余裕でできる(太ってなく背の低い人なら)。クッションが強すぎず弱すぎず、ふかっとしていて丁度良い。前の座席との間隔も広く、足を組むのも楽。

 ③は、マニアックな作品を上映してくれるかが重要。
 昔と違って最近は、シネコンだから家族向け女性向け作品ばかりと侮ってはならず、意外とマニア好みの作品を1本くらいはどこの映画館でもかけてくれる。ただ、「ここでしか観られない」というのをどの映画館もやっているので、映画好きとしてはありがたい反面、たとえば『ファイナル・デッドサーキット3D』を観るためにシネマサンシャインかほくまで20Km以上の道のりを歩く羽目にもなり、困りものでもある。でも、まあ、我がままはいえないので、ありがたいと思っておこう。

 ④は、何本も続けて観ることだってあるから、飲食物の品揃えは結構重要。
 個人的にはポップコーンよりもポテトチップスの方が嬉しいんだけど(昔の映画館の売店は普通の菓子メーカーの袋菓子が売っていた)、どこもポップコーンしか売ってないから、その出来が重要だし、ホットドッグやフライドポテトなどのホットフードの充実さも重要だ。
 ポップコーンは、金沢コロナシネマワールドの出来が最も良い。塩くどくなく、口の中でじゅっととけるような軽さが良い。
 金沢コロナシネマワールドは、ホットフードにフライドポテトを売っていて、他にフライドポテトを取り扱っているのは、ユナイテッド・シネマ金沢とシネマサンシャインかほくがあるんだけど、これまた金沢コロナシネマワールドのが最も良い。マクドナルドのよりも美味しいくらいだ。
 金沢コロナシネマワールドは、その他に、最近はハムカツが登場し、これまた美味しかったし、ホットドッグも4種類くらいあり、どれも他の映画館より美味しい。さらに、映画館内にペットボトルの飲料自販機があるのも良い。これで、いちいち売店でカップの飲料を買わずに、コンビニとかで買ったものを持ち込んでも良くなった(本当は駄目だろうけど)。
 サティ内にスーパーマーケットが入っているのでワーナー・マイカル・シネマも飲食物には困らないけど、あくまでも映画館内にこだわるなら、金沢コロナシネマワールドが最高。

 というわけで、金沢コロナシネマワールドは、私の独断と偏見から①~④の全てにおいて他の映画館よりも良いと思う。難点は、私の家からだと遠くて、10Kmくらいあるから移動に1時間半はかかってしまうこと(徒歩の場合なので、自転車を使えばその半分で行けるけど)。それでも『THIS IS IT』のような映画を観るためなら苦労する価値はある。
 他にも映画館選びの要素には、多用な割り引きサービスがあるか、ポイントカードがあるか、家からの距離が近いか、などがある。
 割り引きサービスの豊富さでは、ユナイテッドシネマ金沢が飛び抜けている。特に設備にこだわらないのならユナイテッドシネマ金沢が最も割安で観られる。10月までは観る度に割り引きチケットを貰えて、毎回毎回千円で観れる上に、“お試しサイズ”のポップコーンか飲料のどちらかをタダで貰えていた(チケットの有効期限は確か10月末までだった)。ただし、イオンシネマ金沢は平日の初回上映とレイトショー上映は、会員だと千円になるので、そこを狙えば殆ど千円で観られるから、時間が合えばイオンシネマ金沢が最安。
 ポイントカードは、ワーナーのスタンプ形式のポイントカードが5回観れば1回無料になる制度なので得だけど、割り引きサービスが貧弱なので、私は殆どワーナーを利用しない。イオンシネマは千円で観る機会が多いので得だけど、その場合のポイントサービスは、基本的に10回観て1回無料なので(ポイント2倍の曜日もある)、総合的に考えると6回観て1回無料になるユナイテッドシネマ金沢が最も得。でも、お得度に関しては、使い分けれよく、「ここが一番!」というのはない。
 家からの距離は……私は、根性で何とかなるので、考慮しない。

 映画館を変えて『THIS IS IT』を3回観たら、やはり映画館の設備の良さは作品の価値をも左右することがよーくわかった。『THIS IS IT』のような音楽映画の場合は特に。
 石川県在住の人は、『THIS IS IT』を観るなら、金沢コロナシネマワールドがオススメ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。