--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-28

はぁ? どゆこと?

 こんな人を中に入れるんだ?

産経ニュース→曽野綾子氏が日本郵政役員に

 上記リンク先から抜粋。
 日本郵政の社外取締役に作家で元日本財団会長の曽野綾子氏(78)が就任することが26日、明らかになった。
 曽野氏は、斎藤新社長をトップとする新経営体制で、利用者に近い立場から郵政民営化見直しを進める見通し。
 おいおい、曽野さんて。何で作家(文学者)を? 何の役に立つの?

 そもそも民営化の必要性って、郵便局とかの利便性向上は殆ど関係なく、政府による財政投融資の無駄をばっさりと切ることにあったんじゃなかったっけ? 大蔵省が郵便貯金を資金源に政府機関へ財投をしてて、財投の金利って高かったから、借りた方は赤字になり、その赤字は税金で補填し、高金利による儲けが郵貯に入っていた。要するに、税金を郵貯に流し込んでいた。でも、財投が無駄だらけだったから、改革され、そーなると郵貯にお金が流しこめなくなり、郵貯は国債のみの低金利で頑張らなけりゃならず、そのままだと経営が行き詰まりそうだから民営化にした。官営のままだと、食料自給率の低い日本が鎖国状態になるようなものでしょ? 間違っているかもしれないけど、私の理解はそんな感じだ。
 利権欲しさに動いている政治家や官僚などの邪魔をする改革だったわけだけど、小泉政権時代にこーゆー話がTVのワイドショーとかで前面に出ていた記憶はない。構造に問題があるのなら、そこに関わっている人々には問題のある人々がいた筈で、構造改革を進めると同時に、「問題のある人々」も挙げ連ねなければならないのに、「問題のある人々」が郵政民営化論争で登場することはなかった。
 で、今。既に片付いた筈の論争がまた始まっている。日曜日の朝にやっているTVの政治討論番組で、郵政民営化再検討の是非を問うていた。が、ごちゃごちゃと難しい問題はさて置き、とりあえず物凄くわかり易い疑問点は、「郵政民営化の小泉政権を支持していた人々は、どんな理由で今は民主党を支持しているのか?」ってこと。安部政権になった時、造反議員を戻したことに対して批判した人々がたくさんいたのに(あれで安部政権の支持率が下がったもんね)、今では民主党をたくさんの人々が支持している。今さら小泉政権を諸悪の根源のようにいう人々もたくさんいるけど、それは即ち国民は無責任だってことでもある。

 民営化後にゆうちょの利便性が低くなった、とTVの政治討論番組でいってたけど、それ、民営化となんの関係もないし。ただ単に経営方針が悪かっただけで、民営化したから利便性が下がったわけじゃない。だから民主党が批判するように、やるなら社長なり責任者の責任を問えばいいだけのことで、民営化を見直す必要は全くない。民営化の見直しをして、国民生活に何の利益を与えてくれるんだ?
 民営から官営にする必然性は、全くない。特に不況の今やることは全くない。それいうと小泉政権の構造改革も時期を間違えた、といえるけど、その間違いを今再び繰り返すこたぁない。真っ当に考えれば、ゆうちょ民営化の見直しを今急いでやる必要はない。貯金を我が物とすることを諦め切れない人々がまだまだいるってことか?
 そう考えると、元大蔵省の官僚を起用するのは、何とも変な感じだ。好き勝手に貯金を使って財投やってた時期の大蔵省の人なんだもの。どうしたって深読みしてしまうよ。

 で、曽野さんが何の役に立つの? 曽野さんは、私にとっては、変な精神論をいう古臭い人、という印象だ。
 3年前くらいから日本の格差や貧困の問題が目立ってきた時、曽野さんはことあるごとに、「日本の格差や貧困なんて、本当に貧しい国の人々を前にすると甘えでしかない」といっていた。飢えのために生まれて間なしに死が迫っているような子供がいる貧国に行ってみれば、日本の格差や貧困なんて論争は馬鹿馬鹿しい、と。いってることはわかる。確かに絶対値で比較すれば曽野さんのいう通りだ。しかし、生きる上での困難は、相対的に異なるものなので、単純に貧国の人々と日本の人々を比較していいわけがない。貧国の人々がみんな死にそうな苦しさの中に生きているのは、国が貧乏なんだから当然だ。しかし、経済的に成功している日本で格差と貧困が問題になるのは異常事態だ。だのに、自分は大変な現場を見てきたから真実を知っている、と批判するのは大間違い。現場を知っている人だけが正しいなんて大間違いだ。だから、映画『踊る大捜査線』で有名になった、「事件は現場で起きている」という台詞は悪影響を与えるので最悪だなぁ、と思ったものですよ。
 そんなおかしな認識をしちゃう人が、経営に何の助けができるっての? 無駄を省くための民営化だってのに、曽野さんの起用そのものが無駄だろ

 かんぽの宿売却問題や東京中央郵便局の建て替え問題にしたって、西川さんが悪かったわけじゃないし、そもそも西川さんはちゃんと黒字経営してたんじゃなかったっけ? 何でムキになってクビにしなきゃなんないの? 総務相だった鳩山(弟)さんは、「正義は我にあり」みたいなこといって国民の支持を集め、その鳩山(弟)さんを更迭した麻生さんは支持を離したんだから、馬鹿な話だ。麻生さんだって「実は郵政民営化には反対だった」といってたんだから、政府内で同意見の者同士が争ったことになるんだよな。
 この郵政民営化問題ほど、国民の支持を集めた政策(政党)が正しいとは限らないことをわかり易く証明するものはない。国民が支持したからってのを理由に実施した結果が、この馬鹿騒ぎなんだから。こんなどうでもいいことに振り回されているゆうちょの平社員は大変だなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。