--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-29

HOT FUZZ 公開への署名運動

 映画「HOT FUZZ」の劇場公開を求める会というのができている。文字通り、『HOT FUZZ』の劇場公開を求めて署名運動をするものだ。早速、署名してきた。

 思い出したようにタランティーノ監督『グラインドハウス』の偽予告編を見たくなって(まだ観たことなかったので)、あっちこっち色んなリンクを辿っているうちに、「『HOT FUZZ』の劇場公開を求める会」へ辿り着いたのだ。
 『グラインドハウス』の偽予告編で心惹かれるのは、イーライ・ロス監督『Thanksgiving』と、エドガー・ライト監督『Don't』。この2作は、心から本編として観たいものだが、それ以前に、日本では偽予告編すらまともに観られないのだから腹が立つ。配給会社めふざけんなよ。

イーライ・ロス監督『Thanksgiving』↓


エドガー・ライト監督『Don't』↓

笑い声が被ってて、劇場で撮ったのがモロバレで楽しい。

 ロス監督の『Thanksgiving』も最高だけど(トランポリン少女Goood!)、「Don't! Don't! Don't!」とやかましいライト監督の『Don't』がいい。いいよね、白目の狂人。
 ロス監督は『キャビン・フィーバー』『ホステル』『ホステル2』と絶賛公開されたからいいけど、ライト監督は、各国で超大絶賛されてるのに、日本で作品が劇場公開されない
 ライト監督の名前が一躍有名になったのは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』だろう。ロメロ監督以外のゾンビ映画の最高傑作だ。『ランド・オブ・ザ・デッド』よりも良かったんだから。はっきりいって単なるパロディなんだけど、オリジナルよりも面白いかもしれないパロディだ。ロメロ監督が認めた本格派!
 『バタリアン』ではゾンビを下敷きにした「頭」ネタがあったけど(どうでもいいが続編のスリラーゾンビが好き)、『ショーン・オブ・ザ・デッド』では、「ゾンビに扮して逃げる」という、思いつきそうで思いつかなかったアイデアを披露して、世界中のゾンビファンから喝采を浴びた。「ゾンビに扮する」とはどういうことかというと、ただ「アホ面してうめきながら、腕をだらーっとして、のろのろ歩く」だ。これで何とかなる。個人的にはダッシュゾンビよりも良いアイデアだと思う。そして、ゾンビ映画肝心の残酷描写は、ちゃんと残酷。バカ映画だからという手抜きなし。そこがまた世界中のゾンビファンから絶賛された所以でもある。
 何度観ても、これが劇場未公開に終わったのが信じられない超傑作なのだ。そしてまた、ライト監督作品が劇場未公開になるかもしれない。それが、『HOT FUZZ』。

 IMDbでの『HOT FUZZ』評価を見てみると、大絶賛。そもそもどんな作品なのかというと、のどかな田舎を舞台に、マイケル・ベイの刑事ものを下敷きに(その他にも色々な刑事ものを下敷きに)、トランスフォームよりも驚きの展開を見せる、串刺しに関しては世界最高の映画!
 またもや単なるバカ映画なんだけど、これまた下敷きにしている映画以上(そもそもマイケル・ベイ映画よりもつまらんかったら大変だ)に面白い。ガンアクション、カーアクション、残酷描写、どれをとっても一級品。パロディネタが細か過ぎるきらいはあるけど(イギリスに詳しくないとさっぱり意味がわからない描写もある)、後半からはパロディがどうとか気になんなくなるくらい面白い。物語自体、よくできている。伏線の張り方も巧い。見た目はアレだけど、かなりの技巧派。最後は伏線を吹っ飛ばすとんでもない展開になるが。
 とにかく、これを劇場未公開にしようとは、呆れた愚行なのですよ。劇場未公開に終わるなら、日本は文化先進国といえない!

 ただし、「劇場公開されても東京だけ」とか多すぎるので、できれば地方でも公開してほしい。だから、とりあえず署名してみた。その効果がわかるのは、まだ先か。
 消極的には、日本版DVDを出してもらえれば我慢する。つか、もう出てもいーぞ本当なら。遅いから海外版を既に購入済だよ。イギリス訛りの英語は、ただでさえ英語力の低い私には、さっぱりだ。英語字幕なきゃどうにもならんくらい。アレクサンドル・アジャ監督の『THE HILLS HAVE EYES』だって、DVDすら発売されないから、海外版を買ったし。そしたら日本でも公開されて。ホント、ちくしょう。嗚呼ちくしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。