--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は、老いた若さ

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観た。前作の「序」は普通以下の作品だったけど、今回は普通以上だった。が、面白いかもしれない、という程度(以下、ネタバレを堂々とやるので(私はネタバレとか全く気にしないので)、嫌な人は読まないように)。

 ようやく「新劇場版」らしい展開を見せる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は、TV版とも旧劇場版版とも異なる展開の連続。
 たとえば、TV版では鈴原トウジがエヴァに乗って悲惨な展開になるけど、「破」ではトウジの役目がアスカに変更されていて、「新劇場版」でもアスカは悲惨な目に遭う
 量産型レイも登場しない。何つっても、レイが死なないんだから
 メガネっ娘の新キャラも登場するし(現時点では、存在意義が全くないけど)、新エヴァも登場するし(現時点では無意味だけど)、新使徒も登場する(新鮮味が皆無だけど)。
 と思えば、基底にはTV版があるので、随所に見覚えのある場面や聞き覚えのある台詞が登場する。電車での碇シンジの自問自答場面もある。
 あと、旧劇場版で顕著だった女性上位な感じは、すっかり消え去り、代わりに熱血男子っぽさが少し強化されている。要は、『トップをねらえ!』の庵野秀明監督に戻っているというか、『天元突破グレンラガン』のエキスが注入されているというか。今度のシンジは最後がカッコイイのだ。
 あと、ミサトの携帯の着信音がやたらと強調されてたり。
 基本的にTV版の話の流れを急ピッチで押さえつつ、新たな展開に持ってゆこうとしているようだ。間違いなく、序破急の「破」としての展開を見せる。

 しかし、面白いか面白くないかと訊かれれば、「まあ、面白いかもしれない」と曖昧に答えてしまう『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』には、「序」同様に、「新劇場版」を作る意義がまだ見えない。
 旧劇場版は、スタッフ(というより、庵野監督)の「とんでもないもの作って、ファンの度肝を抜いてやる!」という熱意(というか嫌がらせ)がひしひしと感じられる傑作だったけど、「新劇場版」には全くそれがない。普通なのだ。普通に面白くしてやろう、普通に盛り上げてやろう、普通に物語をちゃんと完結させてやろう、としている。それが良くない。いや、それが良くないと思っている私が良くないんだけど、映画に「凄いものを観たい」を求めるので、その“普通さ”ゆえに、「序」に続いて、かーなりガッカリ感が強い。
 盛り上げようとしているわりに、展開がダラダラとしているのも悪い。クライマックスな展開が盛りだくさんだからこそ、逆に物語に緩急がなく、盛り上がらない。上映時間が2時間ないのに、3時間くらいあるのかと思ってしまう。たとえば無駄に媚売るサービスショット――アスカの全裸で大開脚や、アスカの下着姿を股間から接写や、アスカの裸エプロンもどき――が満載なのは、アニメオタクには嬉しいかもしれないけど、そうでない人には「何だこりゃ?」でしかない上に、無駄な場面でしかない。そーゆーのをカットしてくれたら20分は短くなる。

 明らかにここは駄目だろ、と思うのが、音楽の使い方。全く盛り上がらんのだ。特に、挿入歌。ギャグかと思って爆笑してしまったのが、「今日の日はさようなら」と「翼をください」の使い方。
 明らかに「たった今、死亡フラグが立ちました!」ってな台詞をアスカに喋らせ、TV版ならトウジが辿る悲惨な展開をアスカが辿り、シンジが必死になってエヴァ初号機を止めようとする場面で流れるのが、「今日の日はさようなら」。絶対にギャグだと思うんだけど。

 いつまでも絶えることなく友達でいよう
 明日の日を夢見て希望の道を
 空を飛ぶ鳥のように自由に生きる
 今日の日はさようなら
 またあう日まで

 こんな歌が、アスカがボロッボロに殺されそうになっている場面で流れるとは……
 そしてクライマックス、TV版の「第拾九話 男の戰い」とほぼ同じような展開を見せる部分で、使徒に取り込まれたレイをシンジが助ける場面では、

 今、私の願い事が叶うならば翼が欲しい
 この背中に鳥のように白い翼つけください
 この大空に翼を広げ飛んでゆきたいの
 悲しみのない自由な空へ翼はためかせ
 ゆきたい

だよ。
 どちらの場面も何というか……マーティン・スコセッシ監督ですか、と。場面やキャラの心情をそのまま歌わせすぎ。あからさますぎてギャグにしか見えん。悪意を感じます。旧劇場版の「まごころを、君に」を想い出してしまう。

 「おおーっ!」と感嘆してしまうようなショットが殆どないのもガッカリ。TV版にも旧劇場版にも、見事なショットがたくさんあったのに、新劇場版には未だなし。むしろTV版同様のスタンダードサイズなショットばかりで、大きなスクリーンで観る興奮を感じられない。CGの出来もイマイチだし。使徒との戦闘場面には相変わらず「ウルトラマン」っぽさがあって、微妙な面白さが少しはあるけど、スティーヴン・スピルバーグ監督の『宇宙戦争』程の凄さは当然なく、登場人物が雄叫びを上げているばかりで、まるでJ・J・エイブラムス監督の『スター・トレック』のようだった。
 TV版まで含めて最初からやり直そうとしているからか、新旧両方のファンを満足させようとしているからか、アレンジの妙は楽しめるけど、それ以上の興奮がない。時代を担うものを作ろうとしている奇跡のような状況がないようだ。若くしてTV版や旧劇場版の興奮をリアルタイムで味わってない人は、そーゆー意味でかなり損をしている。その損をしている部分を埋めるだけのものを作ってもらいたいと期待しているんだけど……『ドラえもん』や『サザエさん』、『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』のような、画面に映っているキャラは若いのに、現実的な時間の流れからすると物凄く年寄りであるような、「新劇場版」にはそんな“老い”を感じてしまう。
 新たな展開、再構築といっても、所詮はTV版が基底にある以上、「本当に作る必要性を感じているのだろうか?」という疑問ばかりが浮かぶ。庵野監督にはTV版と旧劇場版に後悔が残っているのかもしれないけど。多くのファンが望んだ別の形の「エヴァンゲリオン」が作られたのは、今でも漫画で連載されてたりする「エヴァンゲリオン」が並行しているからで、つまりまだ人気があるから「新劇場版」にも資金が集まった。そこから、「今度は、ファンの度肝を抜くような裏切りでなく、ファンの期待に応えよう」と作るのも当然。だからこそ、「うわぁー、すっごいなぁ」と見惚れてしまうような先鋭さは皆無。パチスロで儲かっているし、その一環として映画もある、という程度。

 さて、次回は序破急の「急」なんだけど、「次回予告」では、「急」でなくアルファベットの「Q」となっていた。まーた思わせぶりなことしてからに。
 最後の最後に渚カヲルが登場して、「今度こそシンジくんだけでも幸せにしてみせる」てな台詞を喋るので、もしかすると今までのTV版と旧劇場版の全てをあったこととして、多世界解釈的な展開が始まるのかもしれない。1次元上位の存在とか、神に近い存在だからあらゆる多世界の出来事を把握している――とか。

 うーん、何だかんだと批判しているけど、結局は楽しんでいるなぁ。間違いなく続編は観るし。
 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破』は、映画としては駄目だけど、私は「エヴァンゲリオン」というパッケージに好意的なバイアスがあるので、正直な感想は、「そんなに面白くはないけど、大好き!」になる。だから結局は、次回こそ諦めずに期待してます! 結局は「何もかもぶち壊しじゃないか!」みたいな展開になるかもしれないし!

当ブログ内のリンク→『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』の感想
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : エヴァンゲリオン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちびまる子ちゃんDS まるちゃんのまち

「ちびまる子ちゃんDS まるちゃんのまち」に関連するブログを新着 10 件表示しています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。