--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-27

支持政党、オタクはどう見る

 児童ポルノ改正案が審議入りしたようで。

産経ニュース→児童ポルノ改正案審議入り

 リンク先から抜粋。
 児童ポルノの拡散防止強化を目的とした自民、公明両党提出の児童買春・ポルノ禁止法改正案と民主党の対案は26日、衆院法務委員会で審議入りした。
 与党案は個人が趣味で児童ポルノの写真や映像を持つ「単純所持」を規制対象に追加。与党案を「恣意(しい)的な捜査につながりかねない」と批判する民主党は、児童ポルノを買ったり繰り返し取得した場合に適用する「取得罪」を新設。修正協議に入るものの、両者の溝は深く調整は難航しそうだ。

 単なる児童ポルノの取り締まりだけで話が終わるならいいけど、想像の産物である漫画やゲームやアニメまで処罰対象に含まれるのは勘弁してもらいたいな。そもそも「単純所持」ってのが範囲広すぎる。興味ない人にとっては、自民党案でも民主党案でもどっちでも構わないだろうけど、今現在鋭意暴走しながら迷走している鳩山邦夫議員みたいに「断固として禁止するべきだ。表現の自由で守られる法益と、児童ポルノで失われる人権を比較すれば、表現の自由が大幅に削られてかまわない」なんていってる人が所属している以上、自民党案はオタクに厳しい。何だかんだと理由を見つけては規制しようとするだろう。
 つーか、児童ポルノを問題にしている諸外国の方が日本よりも児童ポルノ犯罪や児童に対する性的虐待は多いんだよな。

 オタク文化にまで足を踏み込むことになるとしたら、その党はオタクから確実に嫌われることになり、選挙結果に響くだろう。ただでさえ選挙選挙とやかましいのに、漫画好きである麻生首相はどう考えているんだろう?
 ここで気になるのは、「もしも地方分権が成り立ったたとしたらどうなるか?」だ。橋本知事や東国原知事が唱えるように地方分権が進むとしたら、税制から何からガラっと変化することになる。たとえばもしも秋葉原が独立した地方の秋葉原県になったとして、秋葉原県知事が「アキバ文化に貢献するオタクは減税されます」なんて決めたとしたら、秋葉原にはたくさんのオタクが住み着くことになる。世界に発信するオタク文化がさらに増強されることになるだろう。
 しかし、知事たちが地方分権を話題としているのに、TVのワイドショーなんかは、東国原知事が国会議員になろうとすることを批判するばかりで、地方分権の是非をちゃんと論議してないだろうなぁ。つくづく不思議なのは、問題にすらならないことを問題にするTVの人たちだ。世襲議員批判にしても、選挙で落とせばいいだけのことなのに、わざわざ規制しようとする。東国原知事が国会議員になろうとしても、嫌なら選挙で落とせばいい。
 オタクにとっては、地方分権されて「小さい政府」になった方が良いかもしれない。秋葉原県の権益が強ければ、法案にも影響を与えるだろうけど、権益の奪い合いや、税源移譲で揉めて揉めて、もっと別の問題が頻発することにもなるだろう。下手すると、不況どころか日本の一大事になりかねん。国中がガッタガタになって、貿易もガッタガタになって、大惨事に。知事たちは、そこまで考慮して、対策も考えて、しかも自分たちの代で理想的な地方分権を実現可能とは思えないことをわかってていってるんだろうか?
 それに、消費税を増税しようとしている財務省は、「小さい政府」を拒みそう。

 児童ポルノを考えることから政治家になる人が現れないかな。現れたら、ちょっと面白そう。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース・社会
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。