--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-14

『DRAGONBALL EVOLUTION』は期待を絶対に裏切らない

 『DRAGONBALL EVOLUTION』を観た。題名通り、発展形の『ドラゴンボール』となっていた。従って、『DRAGONBALL EVOLUTION』は『ドラゴンボール』ではない! やたらと『ドラゴンボール』に似ている映画なのだ!
 ドラゴンボールを集めて願い事を叶えるため、悟空やピッコロやブルマが大暴れする、『ドラゴンボール』以外の何物でもない物語に、原作の色んなエピソードやパーツを寄せ集め、しかし完成したものは『ドラゴンボール』とかけ離れたものに仕上がっていた。

 まあ別に、悟空が尻尾がなくて高校生になっていたとしても、ブルマがオバサンにしか見えなかったとしても、ヤムチャが単なる小汚いヤンキーにしか見えなかったとしても、チチが名前の通りやたらと胸の谷間を強調するアジア人――アメリカ人から見れば日本人と中国人の違いはないという意味での――アホ女子高生にしか見えなかったとしても、原作に思い入れのない私には大して気にならない。漫画なら許せるブルマのカプセル道具は、実写で見るとさすがに物理法則を無視しまくっているのが気になったけど。ピッコロがやたらと弱いのと、いきなり悟空が前触れもなく大猿に変化したりする唐突さに、原作を意識しているのかしていないのかさっぱりわからないところも、気にならん。
 が、普通に面白くない。原作がどうこうという以前に、映画として面白くない。何でこんなことになったのやら、と首を傾げるしかない出来に。ひと言でいえば、脚本が悪い。
 イジメられっ子の高校生である悟空は実は地球の運命を左右する最強の戦士で、よくわからないうちに仲間が集まり、なぜか大猿になってしまうも制御し、よく正体のわからないままピッコロを倒してハッピー・エンド。何だそりゃ?
 原作を知っているから意味がわかるけど、知らない人には皆目検討もつかないキチガイ物語。ピッコロを倒すまでの話なら、ドラゴンボールを巡る戦いをもっと描かないと面白くない。どうせ続編を作る気があるんなら、まずはレッドリボン軍との戦いを描けば良かったのに。いきなりピッコロ登場で対決の展開は急すぎて、面白さも爽快感も何にもない。レッドリボン軍を出すなら、物語は続編を込みで作ることになり、それなら『ロード・オブ・ザ・リング』みたいになるべきだ。無駄にCGを使った特撮大作にしなくても、アクション巨編にすることは可能だったと思うんだけど。ブルマやヤムチャ、亀仙人などの仲間が集まる過程も物凄い手抜きで、正直、最後までブルマとヤムチャは味方に見えなかったし。

 題名は元々、単純に『DRAGONBALL』とする筈だったんだけど、あえて「EVOLUTION」を付けたそうで、それならもう完全に『ドラゴンボール』をネタにした別物として作った方が良かったような気がする。そうしなかったために大きく失敗したと思えるのは、ジャッキー・チェンさんとジェット・リーさんが主演した『ドラゴン・キングダム』とかーなり被っているからだ。あれも主人公はイジメられっ子の高校生だし。まあ、『DRAGONBALL EVOLUTION』の脚本を作った時点に『ドラゴン・キングダム』はまだ存在してなかったからしかたないんだけど。ちなみに、亀仙人役には最初、チョウ・ユンファさんでなく、チェンさんが考えられていたそうだ。
 『ドラゴン・キングダム』と『DRAGONBALL EVOLUTION』が同時上映だったら、確実に『DRAGONBALL EVOLUTION』の方が格下に見える。『ドラゴン・キングダム』は子供向けといってもいいくらいの映画だったけど、『DRAGONBALL EVOLUTION』はそれ以上に子供騙しの映画だ。うん、『DRAGONBALL EVOLUTION』こそ間違いなく子供騙しの映画だ
 子供騙しついでにいうと、特撮が時代遅れの出来なのも悪い。CGの質が、『ハムナプトラ』レベル。興醒めですわ。
 そんな明らかに駄目な『DRAGONBALL EVOLUTION』だけど、製作費は100億円くらいだとか。え? どこにそんなお金が? たぶん、無駄ぁ~に製作期間が長かったのがいけないんじゃないだろうか? だって、監督はジェームズ・ウォンさんだし、俳優陣にトップスターは1人もいないし、CGはILMでもないし、どこにもお金がかかりそうな要因がないんだもの。さっさと作ってりゃ良かったのに、下手に長い期間を費やしたもんだから、無駄に無駄が積みあがったんだろう。もったいない。

 と、かなり失敗作な『DRAGONBALL EVOLUTION』ではあるけど、日本で実写化してたらもっと酷い出来になっていたのは確実なので、我慢できる範囲かもしれない。
 ただし、チャウ・シンチーさんが製作に名を連ねているなら、アメリカでなく、シンチーさんに作らせたら百倍は面白いものになっただろうに。『キャプテン翼』を『少林サッカー』として作れたくらいなんだから、集英社は今後、実写化を全てシンチーさんに任せるべきだ。例えば『北斗の拳』や『ジョジョの奇妙な冒険』とか。いや、『ジョジョの奇妙な冒険』はギレルモ・デル・トロ監督に任せたらいいかもしれない。
 何事も適材適所ってのがある。『DRAGONBALL EVOLUTION』は、ウォン監督が適材適所でなかった。大作アクション映画には向いていない。魅せ方がとっても下手だ。しかし、ウォン監督は頑張っていると思う。とにかく、悪いのは脚本だ。その点で『ドラゴン・キングダム』はとてもよくできていた。カンフー映画お得意の特訓場面はあるし、爽快感のある対決場面もある。『DRAGONBALL EVOLUTION』に比べれば、『ドラゴン・キングダム』は何と基本を守った傑作であったことか、と今になってつくづく思う。

 浜崎あゆみさんの主題歌は、意外なことに、ジェームズ・ウォン監督自身が望んだものらしい。てっきり日本上映版限定の主題歌かと思った。『ドラゴンボール』が日本のものなので、歌も日本人が歌うべきだろう、と思ったらしい。そーゆー気遣いは偉いと思うけど、正直いって、作られないままの方が良かった。作られなきゃ「永遠の夢のハリウッドリメイク作品」だったのに。
 でも、まあ、『スーパーマリオ』や『北斗の拳』や『ストリートファイター』などの例もありますしぃ、予告篇から想像できる通りの、「同時上映映画」というB級映画であり、予想通りの駄作。そーゆー意味で、予想と期待を全く裏切らない。日本人の『ドラゴンボール』好きは絶対に観るべき。そして、もうシンチーさん以外の外国人には絶対に映画権を売らないことを学ぶべきだ!

 最後に1つ。
 エンドテロップの途中に続編へ繋がる場面が挟まれるので、まあ、誰も期待していないだろうし、続編が作られる可能性は低いだろうけど(ヒットしないだろうから)、「あ~、終わった終わった」とすぐに席を立つと損かも。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : DRAGONBALL

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

dragonball evolution ワールドプレミア

『DRAGONBALL EVOLUTION』は期待を絶対に裏切らないまあ、『DRAGONBALL EVOLUTION』の脚本を作った時点に『ドラゴン・キングダム』はまだ存在してなかったからしかたないんだけど。ちなみに、亀仙人役には最初、チョウ・ユンファさんでなく、チェンさんが考えられていたそ...

【映画評】DRAGONBALL EVOLUTION(ドラゴンボール エボリューション)

鳥山明原作の人気漫画「ドラゴンボール」をハリウッド大作として実写映画化した冒険ファンタジー。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。