--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-06

『感染列島』には感心しない

 『感染列島』を観た。観る前から期待満々だったんだけど、それは見事に裏切られた。意外と面白かったからだ。『252 生存者あり』よりは。

 何というか、普通の駄作だった。お金をかけて、スターを何人も無駄に使って(本当に無駄)、CGも使って、無駄な海外ロケまでして(本当に無駄)、見事に何の変哲もない駄作を作り上げた製作者は凄い。しかし、もっと凄い駄作にできた筈だ! 私は、想像を超える駄作っぷりにむしろ楽しめてしまった『252 生存者あり』と並ぶ駄作っぷりを期待していたってのに!!
 『252 生存者あり』は凄かった。昨年は『ICHI』や『少林少女』など、一流の駄作があったけど、腹が立つの超えて凄いとすら思わされた駄作は『252 生存者あり』だけだった。並びかつ超えるものがあるとすれば、アメリカの『スピード・レーサー』くらいだ。あの凄さは小さなモニターなんかで見てもわからない。大きなスクリーンで見て初めて威力がある。作ろうと思ってもあれだけ見事な駄作はなかなか作れない。あれを腹を立てて見る人の気持ちがわからない。

 私の予想を裏切って、『感染列島』は普通に観られた。面白いと感じる部分もあった。もちろん、ツッコミどころは満載だ。パクリまくりの演出も、時代遅れの設定も、何もかもが上っ面だけで出来上がっている。
 まず、誰もが思い出すのは、ダスティン・ホフマンさん主演の『アウトブレイク』だろう。唾がびゅーんと飛んで人の口に入ったりする描写なんてそのまんますぎて笑ってしまった。基本構想は『アウトブレイク』の範疇にあるので、失敗箇所も『アウトブレイク』の範疇にある。つまり、病原菌によるパニックを題材にしながら、パニックそのものを描けてない点と、病原菌の恐怖が描けてない点が。病原菌を題材にした大成功作は『アンドロメダ…』がある。
 政府の無能ぶりを批判するのかと思えば、そうでない点もつまらない。徹底的に冷酷非常な政府高官を登場させるべきだった。そーゆー点では、『カサンドラ・クロス』にも劣る。結末の極悪さが素晴らしい映画だ。似たものでは、『ゾンビ』のジョージ・A・ロメロ監督の『ザ・クレイジーズ』も傑作だ。もちろん、『ゾンビ』シリーズだって『感染列島』に影響を与えている。どっちかというと『28日後...』だけど、私は南国の雰囲気からルチオ・フルチ監督の『ザンゲリア』を想起した。もしも『感染列島』が『ザンゲリア』を目指していたなら大傑作になっていただろう。
 誰もが指摘する点だろうけど、題名に「列島」と銘打ってあるのに、全く「列島」の描写がないのもいかん。字幕で日本の死亡者数が表示し、技術が5年は遅れてそうなCGで東京が廃墟になった描写を差し込み、とんでもなく大変なことになってますよ、と手抜きの演出。海外ロケの費用で少しくらいは「列島パニック」を描写しなさいよ。殆ど詐欺に近い。
 しかし、何よりの失敗は、2時間を超える上映時間の長さ。もっと刈り込んでいたら普通に面白くなっていた。いらない部分は、日本国外の場面全部、院内感染の場面の半分、爆笑問題の田中裕二さんなどの脇道の話の全て。それでかなり短くできる。上映時間が長いということは、伝えたいことが山ほどあるからなんだろうけど、伝え方を忘れているようだ

 この手のパクリ満載映画を観ていつも思うことは、とにかく上手にパクれ、ということ。映画の製作側が素人よりも映画を知らないんじゃないか、と思うことが多々ある。
 瀬々敬久監督は、同じロマンポルノを撮っていた滝田洋二郎監督と同じように多種多様な映画作りをしているけど、ロマンポルノ以外にまだ成功作がない。大作でも小作でも。悪人を使ったサスペンスなんかが巧そうな気がするんだけど、なぜだかそーゆーのは獲らないんだよな。だから、どーせなら、香港の『エボラシンドローム』をパクるべきだったね。病原菌パニック映画を作るなら、絶対に超えるべき存在が、「エボラエボラァ~」と喚きながら唾をペッペと吐き散らすアンソニー・ウォンさんの凶悪さだ(嶋田久作さんの役は結果的に凶悪なんだけど)。
 瀬々監督ともあろう人が、感動作にしちゃった時点で、『感染列島』の失敗は決まっていた。記憶に残らないんだもん。どれだけ悪かろうが、『エボラシンドローム』を観た人は一生忘れないだろう。ウォンさん1人に勝てない大作を作るなんて、無駄以外の何物でもないよ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : 感染列島

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画評】感染列島

爆発感染(パンデミック)の恐怖が日本全土を襲う!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。