--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-24

『おくりびと』がアカデミー賞とは変な話だ

 TVでもネットでも、ニュースは、アメリカのアカデミー賞外国語映画賞を『おくりびと』が受賞したと大々的に報じている。
 いっちゃ何だけど、プロモーションの成果でしょ? アメリカ人の殆どは『おくりびと』を知らないと思うぞ。知名度の高低で受賞が決まるわけじゃないんだけど、受賞する程の映画だとは思えないんだよな。汚い読み方として、お金の威力での受賞だろうな、と思ったわけでして。

 全く興味なかったから見ることもなかった日本アカデミー賞の結果を今ついでに検索してみたら……馬鹿の一つ覚えみたいに、こちらも『おくりびと』だらけ。いや、これは批判すべきじゃないか。ノミネート作品は、『おくりびと』以外には、『母べえ』、『クライマーズ・ハイ』、『ザ・マジックアワー』、『容疑者Xの献身』と、散々なラインナップ。これなら『おくりびと』が独占して当然ではある。『おくりびと』以外に評価できる作品がないんだもん。例外は、最優秀アニメーション作品賞の『崖の上のポニョ』と、最優秀主演女優賞の『ぐるりのこと。』の木村多江さんだけ。
 もしかして、『おくりびと』に独占させるため、どうしようもない作品ばかり選んだのかも。

 産経ニュースの見出しでは「日本映画の底力」と書かれているけど、底力がどこにあるのか? 「底力」となっている間違いなく立派な傑作はあるけど、それらは「縁の下の力持ち」って感じの「底力」なので、一般的には注目されていないし、大ヒットもしていない。日本アカデミー賞は、受賞させても利益にならないからか、「底力」の映画を毎年のようにほぼ無視している。
 アメリカのアカデミー賞は別にいいけど、日本のアカデミー賞は、空々しく虚しいばかりで、日本映画の「底力」を駄目にしているようにしか思えない。つか、正直にいえば、私の好きな映画が無視されるのが腹立たしいだけなんだけど。

産経ニュース→【アカデミー賞】ダブル受賞は日本映画の底力

 アメリカのアカデミー賞に話を戻すと、さすがに『ダークナイト』のヒース・レジャーさんの助演男優賞は揺るぎなかったとしても、『トロピック・サンダー』のロバート・ダウニー・Jrさんに獲ってほしかったなぁ。絶対にギャグでノミネートされたに決まっているけど。あと、『WALL・E/ウォーリー』が長編アニメ賞を獲って良かったと思った。そんなに面白くなかったけど。

当ブログの『おくりびと』の感想→『おくりびと』は、どこを見ているんだろう
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。