--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-12

もう本当に駄目だ

 さすがにこの発言はないだろう、と思うニュースが。

産経ニュース→森元首相が麻生首相擁護 「郵政見直しけしからんは北朝鮮と同じ」

 森議員の麻生首相を擁護する発言。
民営化が本当に正しいと思った国会議員は小泉純一郎元首相だけだった。民営化で不都合がいろいろと起きており、麻生首相が一生懸命に見直しに取り組もうとしている熱意は買ってあげなければいけない。頭から見直しはけしからんというのでは北朝鮮と変わらない
 麻生首相といい、本当に今さらすぎる発言だ。「民営化で不都合がいろいろと起きて」いるらしいけど、どこに? 少なくとも日本郵政に大して関わらない生活をしている一般国民である私には何の不都合もないんだけど。不都合が起きているのって、自分ら身内の話なんでしょ? それを、一生懸命に見直しする意味なんてまるっきりないじゃないか。しかも、北朝鮮って、どーゆー比喩なんだ? これはもう、「馬鹿じゃねーの?」といっても悪くない発言だ。

 今、非正規雇用者が大きな問題になっている。元々、非正規雇用はコスト削減のための枠だから、景気が悪けりゃ切られるのは当然の話なんだけど、そこが切られるだけ切られても状況が改善されなけりゃ、次は正規雇用者が切られる番だ。景気の悪化や経営難が非正規雇用者切りで収まってくれればいいけど、正規雇用者まで次々と切られる状況になれば、日本はかなりヤバイことになる。
 アホな発言が目立つ麻生首相のおかげで、選挙で民主党が勝つ見込みが高くなっている。でも、民主党が優れているわけでもないから、もっと悪くなる可能性だってある。だって、好景気になってもいないのに金利上げをいう議員がいる党なんだし、民主党が与党になると、今よりさらに悪化するだけかもしれない。それでも、自民党離れは止められないと思う。森議員の発言が自民党離れを加速させる気がする。

 福井県の東尋坊に訪れる人が増えているらしい。観光旅行者でなく、自殺志願者が。不況だから観光旅行者なら嬉しい話だろうけど、自殺志願者だもんな。半数近くが「派遣切り」の人だそうだ。
 そーゆー話を聞くと、「何で自殺を考える前に、実家や親や相談できそうな人を頼らないんだろう?」と思うんだけど、頼れるなら自殺を考えたりしないよな。
 子供が自殺をすると、決まって親は「何で相談してくれなかったのか」とかいうけど、相談できるならしてる。子供には子供の社会があって、それは親が見ている社会とまた別の価値観でできているし、子供には子供のプライドがあるから、簡単に親には相談できない。子供の社会からすると、親は異質な存在だったりする。子供の社会に親が混ざるのは、好まれないことの方が多い。
 クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』で、日本軍が追い詰められて「天皇万歳」と叫んで自殺する場面が描かれていた。そう、日本人は昔からプライドで死ぬんだ。作戦とかじゃない。イジメに遭った子供も、プライドで自殺する。プライドを投げ捨てて助けを呼んだりしない。自殺は、プライドの問題でもある。
 「派遣切り」された人が東尋坊に来るということは、色々悩んで悩んだ末、残り少ない全財産をはたいて来るんだと思う。全財産をはたいて、自殺しに。今後、もっとそーゆー人が増えるのかもしれない。
 そんな最中、森議員は、麻生首相のどうでもいい発言を擁護している。立場とかあるから、仕方ないとは思う。思うけど、どうしてもガッカリさせられる。麻生首相にも。他に重要なことはあるだろう、と。身内のプライドを守るために頑張り、一般国民のプライドを守るためには大して頑張ってくれない政治家なんて、さっさと退陣してくれればいいのに。選挙で当選させなきゃいーんだけど、当選しちゃうし。

 あと、何で「元首相」て呼称を止めないのかね? 嫌味でいってるならわかるけど。「森議員」でいいじゃないか。政治家らのプライドを守っているのは、政治家や官僚だけじゃないよな。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。