--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-25

『誰も守れない』を観て既に『誰も守ってくれない』にガッカリする

 興味があり、TVドラマ『誰も守れない』を鑑賞。これは……これは酷い! 酷い酷すぎる!

 まず、脚本が最悪。すっげーつまんねぇ。佐藤浩市さん演じる勝浦刑事の身の上話は全部いらないし、松田龍平さん演じる三島刑事の身の上話も全部いらない。数ヶ月間放送する予定のある連続ドラマの話なら、無駄のある設定もいいだろうけど、映画の前日譚として1回こっきりのものとしたら、本当に最悪に出来の悪いものだ。何よりも、前日譚として単純に物語が面白くない。これだと、映画を観ようとする気が削がれてしまうよ。
 次に、撮影が最悪。下手くそな手持ちカメラ撮影は止めて下さい。カメラマンの心の動揺を表現しているのかといいたいくらい揺れすぎ。揺らせばリアリティーが出ると思ってるみたいだけど、臨場感と手持ちカメラの“不安定さ”は何の関係もない。下手くそな“揺らし”は止めて下さい。ピントを意味もなく外したりするのも止めて下さい。
 ふらふらと落ち着きのない映像の中だからこそ、繰り広げられる俳優の演技がギャグにしか見えない。シャブ中になる三島刑事の場面にしても、悲壮感が全くない。他局の『相棒』が羨ましくて、真逆の刑事像を作ろうとしたんだろうけど、アメリカの刑事ドラマを真似しすぎ。そして、大失敗している。映画でなく、連続TVドラマでやるならまだ価値はあるだろうけど……映画がヒットすればTVドラマ化する気かね。

 余りに酷い出来なので、映画の『誰も守ってくれない』も酷い出来なんじゃ……と思ってしまう。予告を観た限りだと――東野圭吾さんの『手紙』みたいだと思いつつも――面白そうに思えたんだけど、なーんか『誰も守れない』を観たら駄目な感じがしてきた。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。