--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-05

『芸者vs忍者』の題名に偽りあり

 『芸者vs忍者』を観た。Vシネレベルの映画と高を括っていたら、予想外に面白かった。『ICHI』や『少林少女』に「見習え」といいたいくらいに。
 とはいえ、物凄く面白いわけじゃない。思ったよりも面白い、という程度。それでも日本のメジャーなアクション映画と比べれば、遥かに出来が良く、頑張っている。何度も比較対象にするけど、『芸者vs忍者』を観れば、いかに『ICHI』や『少林少女』なんかの出来が悪いかよーくわかる。アイドルや人気女優にマトモなアクションをやらせるのは無理だとわかっちゃいるけど、それなら映画を作るなよ、といいたいわけで。

 基本的に、低予算映画なので、肉体を酷使したアクション以外に見所はない。頑張っているという意味では、タイの『Chocolate』と比べても見劣りはしない。主演女優のアクションレベルだけなら『Chocolate』の方が遥かに上だけど、映画の見せ方は『芸者vs忍者』の方が上。タイのアクション映画は見せ方がまだまだ下手。痒いところに手が届く見せ方は香港映画や邦画の方が巧い(アイドルが出演しているメジャーな邦画は除く)。
 アクション以外に見所がないのは、物語がテキトーすぎるから。もうホントどうでもいい感じ。アクション場面の繋ぎに物語があるというか。上映時間が80分と、娯楽映画としては理想的な短さで、無駄な展開は不要とばかりにアクション場面しかない。潔し。
 アクションの見せ方はツボを押さえているし、展開も定石をよくわかっている。面白かったのは、忍者と森の中で戦う場面。『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』のスピーダーバイクのチェイス場面そっくりなことしてた。他にも、『マトリックス』のバレットタイムな演出があって、しかしあえてCGを使わず、『バッファロー'66』みたいに、動きを止めた役者の周りをカメラを回り込ませて撮影するローテクを使ってた。女同士で戦う際には、なぜかいきなり雨が降り、泥だらけになってキャットファイト。変なところで感心させられる映画だ。
 でも、明らかに途中でアクションのネタ切れになっている。忍者、弁慶みたな棍棒使い、幻術使い、女武道家……飽きずに見られたのはそれくらい。その他はかなり間延びしている。アクションのパターンも使い回し。そのため、最後のラスボスである侍が大して強く見えないのがもったいない。そもそも、題名にある忍者は、実は初っ端に出てくる雑魚キャラでしかなく、「芸者と忍者がどんな壮絶な戦いを繰り広げるのだろうか」と『くノ一淫法 百花卍がらみ』みたな期待をしていると肩透かしを食らう。

 今作がイマイチな理由は、脚本の出来が悪いこと。脚本担当の小高勲さんは、初めて脚本を担当したようだ。元々は録音技師で、その後にプロデューサー業をすることになり、今作では脚本も兼務。どーゆー転職っぷりなんだ。物語作りの素人だからか、他の作品から色々と拝借して組み立てられた物語にしかなってない。
 しかし、物語はアクション場面の繋ぎと開き直っているならば、映画がイマイチな原因は監督にある。小高さん同様、今作が映画初監督となる小原剛監督は、今まではアクション監督をやっていたから、さすがにアクション場面は要領を得ているので上手だけど、映画として魅せることに成功してはいない。初監督作品なんだから、パクリだろうが何だろうが、持てる知識と技術を総動員して作るべきだった。『芸者vs忍者』が限界だとは思えない。

 良し悪しで判断すれば色々と不満はあるけど、好き嫌いで判断すれば大好きな映画だ。
 『シックス・ストリング・サムライ』なんかと同等の映画ではあると思うので、海外の映画祭なんかでは人気出そう。『キル・ビル』とも似ているけど、さすがにクエンティン・タランティーノ監督には遠く及ばない。しかし、小原さんが今後も映画監督として映画を作り続けるなら、及ぶとも限らない。
 タランティーノ監督は『芸者vs忍者』を気に入るだろうな。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : 芸者vs忍者

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。