--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-07

『ハロウィン』観たり『WALL・E/ウォーリー』観たり

 ここ2日間の行動を。

 予定通り『ハロウィン』を観た。感想は後日、いつの日にか。
 予想以下の出来だったけど、それなりに満足。イマイチだと思ってしまったのは、今年のカナザワ映画祭で観た『It is Fine! Everything is Fine.』のせいだ。それを観ていなければ、もっと喜んでいただろう。
 今後、異常者が殺人犯の映画は、『It is Fine! Everything is Fine.』を基準として考えなければいけない。『It is Fine! Everything is Fine.』の後では、ロブ・ゾンビ監督版の『ハロウィン』ですらお子様向けに思える。

 予定通り『WALL・E/ウォーリー』を観た。感想は後日、いつの日にか。
 予定通り、猛烈に感動。予定通り、誰も泣いてもいないどころか感動すらしていない場面で、つまり開始直後から泣ける。
 イヴに萌える。イヴ萌え~。
 もう、完璧に私好みの映画。ぶっちぎり。オフィシャル・ガイドブックにて物語は結末まで知っていたくせに、最後の予定調和とすらいえるハッピーエンドにぼろ泣き。
 エンディング・テーマを歌っているのがピーター・ガブリエルさんで驚き。『US』までは大好きだったけど、今はどうでもいいアーティストなので、懐かしさに感動した。
 エンドクレジットの映像が良かった。8ビットゲーム機風で。
 ところで、吹き替え版があることに驚いた。私が観た映画館では字幕版しか上映しておらず、従って字幕版しかないと思ってたのだけれど、他の映画館の上映スケジュールを見ると、吹き替え版しか上映していないところもある。最近は、どちらか片方しか上映していない映画館が多い。ウォーリーとイヴも吹き替えしてるのか……ウォーリーとイヴはあの機械音声だからいいのに。でも、どのように吹き替えられているか興味あるので、次は吹き替え版を観に行く予定。何つっても、前売り券を3枚も買ったからね(限定グッズ欲しさに)。

 帰り、何となくCDショップに寄る。
 何となくウロウロしていたら、こないだ当ブログで取り上げた『とらドラ!』の主題歌「プレパレード」のシングルを発見し、そのまま何となく購入。他に、ザ・マシュー・ハーバート・ビッグ・バンドの『Theres Me And Theres You』、ザ・ストリーツの『Everything Is Borrowed』、Qティップの『The Renaissance』を購入。
 帰宅して聴いてみて、「プレパレード」は、CDを買って聴くほどではないことを知る。TV放送向けに短縮されたバージョンだから良く聴こえたようだ。無駄に長い。出だしとサビ前のブリッジだけが好きで、考えたらそれはマドンナさんの「Hung Up」を好きになったのと同じ理由だったことに今さらながら思い至る。前に当ブログで取り上げた時は、パフュームと比較していたけど、「Hung Up」的だという理由で好きだったなら、全く音楽性が関係ないので、比較対象として不適格だったかも。
 他の3枚はどれも良かった。ストリーツの方向転換にはちょっと驚いたけど。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : WALL・E ハロウィン

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。