--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-01

映画の日なのに映画が観られない

 今日は1日、映画の日。どこの映画館でも千円で映画が観られる幸せな日。しかし、仕事があるので、終業後にしか観られない。つまり、頑張っても2本しか観られない。厳選して観るしかない。うーむ、と昨日から悩み、『ハロウィン』を観ることに。

 『ハロウィン』は、北陸ではワーナー・マイカル・シネマズ金沢の独占公開で、かつ短期間上映なので、絶対に観逃してはならない1本だ。11/29(土)から公開され、上映スケジュールに20時のレイトショー上映があったので、今日なら千円で観られるし、今日観ることに。

 ワーナー・マイカル・シネマズ金沢は職場から5kmくらい離れている。のんびり歩いて1時間半くらいかかる。
 で、仕事を18時に終わらせ、歩いてワーナー・マイカル・シネマズ金沢に辿り着いたのが、上映30分前。さて、まだ時間に余裕あるけどチケット買うかー、と窓口に行ったら、驚いた。
 上映が終わってる。あれぇぇぇーっ!? レイトショーが消えてる!
 館内に貼り付けられている上映スケジュールを見たら、上映時間が今日から変わってた。うそーん。日曜日にもレイトショーやってたのに、何で平日になってからレイトショーをなくすかね! つか、1時間以上歩いた苦労が無駄に!

 ちなみに、他にも観たい映画はあった。『ホームレスが中学生』と『芸者vs忍者』だ。
 しかし、その2本は昼で最終上映が終わる。ちょっと待て、それ、勤め人は観られんぞ。休日を取るか、サボるかしないと、無理だ。しかも、1週間で上映終了する期間限定上映ときたもんだから、ますます観るのが難しい。土日に観ればいいんだけど、平日に入ってから公開されているのに気付いたら、もう無理。それが、私。

 平日の夕方くらいが最終上映の映画を観られるのは、学生か暇人か無職の人だけだろう。学生は職業とはいえないし、暇人はほぼ無職みたいなもんだし、無職の人はそのまま無職だし……要は無職みたいな人しか観られない時間帯に上映するってのはどーなんだ? 何だ? 無職みたいな人向け映画ってのがあるのか?
 『ハロウィン』も『ホームレスが中学生』も『芸者vs忍者』も、最終上映が18時未満だ。即ち、「無職みたいな人向け映画」だ。私がとても観たいと思うのは、「無職みたいな人向け映画」ばっかってことか……私から見ればどうでもいい映画は1日中上映してるのに、「無職みたいな人向け映画」は早々に上映終了……

 あー、悔しい! そして、疲れた!! 心身ともに! 歩いて帰宅したから、2時間以上かかったし、その上、映画は観られなかったし。正に無駄足。
スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。