--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-27

今さら『白い巨塔』にハマる

 石川テレビで昼過ぎに唐沢寿明さん主演の『白い巨塔』が毎日(月~金曜日)再放送されていて、先週それを偶然見て……ハマってしまった。そりゃあもう、ずっパマり。何年も使ってないビデオデッキで録画してまで見ているくらい。
 今、見逃した話と今後の話を見なきゃ、と何年ぶりかにレンタル店に通っている。しかし、同じことを考える人がたくさんいるみたいで、いつ行っても、どの店に行っても、常に全話レンタル中。しかたないので、毎日毎日録画している。

 気になるのは、話の展開。物語が物凄く面白いのは間違いないんだけど、演出や展開に巧くない点がいくつも見られる。本当にそれが原作通りなのか、気になる。つまり、私は山崎豊子さんの原作を読んだことがない。『白い巨塔』は初体験なのだ。いや~、前から名作であることは知っていたけど、こんなに面白いものだったとは……
 これならば、噂に名高い田宮二郎さん主演の方はもっと面白いのかもしれない。唐沢さん版を最後まで見たら、レンタル店にまた通ってみなきゃ。とりあえず、唐沢さん版は今週で終わる。結末はほぼわかってんだけど(レンタルDVDのパッケージの粗筋を読んだので)、ドキドキしますね。原作も買わなきゃなぁ。

 唐沢さん版の『白い巨塔』を見て想い出すのは、織田裕二さん主演の『椿三十郎』だ。黒澤明監督と三船敏郎さんの代表作のリメイクは、映画ファンなら殆どの人が批判するであろう出来ではあったけど、それでもオリジナルの面白さはちゃんと生きていた。
 演出や俳優陣の演技が多少は駄目でも、大きくアレンジしてオリジナルを改変していなければ、オリジナルの良さはそんなに損なわれない。大きく改変して物凄く駄目になった例は、いわずともわかるだろうけど、『隠し砦の三悪人 The Last Princess』だ。黒澤監督版の『椿三十郎』を観ていない人が織田さん版の『椿三十郎』を観たら、話が面白いと思い、それならオリジナル版を観てみよう、と思うだろう。しかし、『隠し砦の三悪人 The Last Princess』はそうならないだろう。オリジナルに対する尊敬の念が欠片も感じられないリメイクなんだもん。
 私は唐沢さん版の『白い巨塔』以外に『白い巨塔』を知らないけど、話が面白いので、オリジナルを――原作でなく、評価の高い田宮さん版を――大きく損なってはいないと思う。演出も演技も、田宮さん版と比べられる大きなプレッシャーを承知の上で挑んでいるのだろうし、十分に評価できる。
 などと考えると、いかに『隠し砦の三悪人 The Last Princess』が極悪に酷いリメイクで、超駄作だったことか……今さらながらによーくわかる。
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 白い巨塔

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。