--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-24

『ゲット・スマート』は、ちゃんと『それ行けスマート』にしてほしい

 『ゲット・スマート』を観た。
 ……観た、という以外に感想がない。『オースティン・パワーズ』と『Mr.ビーン』を足して5くらいで割ったような映画というか……面白いか、これ?
 アメリカで同時公開されたマイク・マイヤーズさんの『ラブ・グル』は『ゲット・スマート』に大敗したけど、どう考えても『ラブ・グル』の方が面白さそうなんだけど。

 監督のピーター・シーガル監督は、別に作られなくても良かった『ロンゲスト・ヤード』や、『50回目のファースト・キス』に『N.Y.式ハッピー・セラピー』と、アダム・サンドラーさん主演作品を連続で手がけているくらいしか記憶に残ってない監督。サンドラーさんのお抱え監督なのかと思ったら、そうでもなかったようで。今挙げた3作品も、嫌いじゃないけど、面白くはなかった。
 『50回目のファースト・キス』は、ドリュー・バリモアさんと『ウェディング・シンガー』よ再びな作品だったけど、『ウェディング・シンガー』には遠く及ばない出来。ちょっと暗い物語だったし。
 いってしまえば、笑えるようで笑えない映画を得意とする監督ですな。

 メル・ブルックスさんが監修したようだけど、それも今さらどうなのかと。センスが古すぎる。まるで、とんねるずによる映画パロディを見せられているような苦痛感がある。
 たらいが落ちてきて頭にガーンっ! → 爆笑
 全編、ギャグがそのレベル。ドリフだ。
 ちょいとお色気要素があるけど、小学生でも喜ばない。
 ギャグもお色気もアクションも、全てが控え目。だから、マイヤーズさんの飛ばしすぎなコメディ映画と違って、日本人好みかもしれない。古臭い感じから、アメリカの超ど田舎地域で大ヒットするような、そんな映画。そう、『ALWAYS 三丁目の夕日』みたいなどうでもいい映画を好きな人向け。あ、でも、『ALWAYS 三丁目の夕日』ほど酷くはない。

 主演のスティーヴ・カレルさんは、『40歳の童貞男』(最高!)と『リトル・ミス・サンシャイン』(超最高!)で記憶に残った俳優だけど、『ゲット・スマート』みたいな大作には合わない。いや、カレルさんは悪くないか。『ゲット・スマート』の微妙さ加減が悪いのだ。

 やるならもっと振り切ったギャグを作ってほしかった。秘密道具が色々登場するのに、それが登場した場面限りでしか活躍しなくて、もったいなかった。もっと全編に活用すれば面白かったのに。敵も、力押しばかりで、「悪の組織」的な面白みが皆無。前述したように、『オースティン・パワーズ』と『Mr.ビーン』を観ていれば必要のない映画だ。大ヒットしたから続編が決定しているようで、そっちはもっとパワーアップしているのかもしれないけど、もう観ない。
 あと、日本公開するなら、せめて題名はちゃんと『それ行けスマート』にすべきでしょう。何も考えないで公開したのがわかる好例だ。ちゃんとした仕事しろよ、配給会社は。アメリカで大ヒットしたからそのまま丸投げだもんな。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : ゲット・スマート

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。