--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-11

腰が痛い7

 接骨院に通うこと今日で6回目。多少は痛みが軽減されてきた。仰向けで寝ることもできる。まだ痛いけど。治療は変わらず、牽引、電気ショック、とっき、マッサージ、ストレッチ。
 今日、私の担当をしてくれたのは、若い女性。大学生くらいに見える。そこの接骨院で先生と呼ばれる人は、院長とその息子さんだけで、たぶん他の人はみんな見習いなんだろう。聞いた話では、そこの接骨院は人材育成のために学校や協会から若者が送り込まれているようだ。院長は、来る患者来る患者の症状を全部把握しているのか、カルテも見ないで「誰々さんは、あれでこれしてあげて」と各患者の担当者に指示をする。院長がいない時は皆、カルテを見ながら治療内容を確認している。だから、院長がいた方が効率が良いし、治療内容に安心が持てる。
 さて、今日私の担当してくれた若い女性のマッサージは、気持ち良かったんだけど、女性の力で男のマッサージをするのは大変だろうなぁ、と思っていたら案の定、終わった瞬間、「ふぅーっ」と大息ついていた。疲れるんだろうね、マッサージって。やったことないから知らないし。あ、肩揉みくらいはしたことあったっけ。あれも長時間やると疲れるか。ならばマッサージはもっと大変なんだろうな。ありがたいこってす。

 改善されてきたんだな、と実感できるのは、鎮痛剤を服用しなくても痛みを我慢できるようになってきたから。最初の頃は、絶対に鎮痛剤が必要だった。満足に歩くことも叶わないくらい、痛かったし。
 ただ、未だに寝るのは難しい。仰向けで寝られるようにはなったけど、じんわりとした痛みはある。だから横を向いて寝るしかないんだけど、ずーっと同じ姿勢で寝ているから、それはそれで疲れるし、どっちかの足を下敷きにしているから、椎間板ヘルニアとは別に足が痺れる。今は、寝るのが一番の悩みだ。
 それでも、大分楽になってきているので、まだ足を引きずる感じは残っているけど、外出も問題なくできるようになってきた。これが嬉しい。映画だって観られるし、CDや本も買いに行ける。

 職場ではみんなから「腰、大丈夫?」と訊かれる。症状とかを話していると、腰痛経験者だけでなく、椎間板ヘルニア持ちが何人もいて驚いた。中学生の頃にぎっくり腰になって以来ずーっと腰痛に悩まされているベテランもいた。普段はみんな普通に動いているから、わからなかった。なるほど、ヘルニアは「付き合うしかない」といわれるのがよーくわかった。
スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。