--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-20

遂にカナザワ映画祭が終わってしまった

 昨日で、約1週間に渡って開催されたカナザワ映画祭2008が終わった。面白かったし、楽しませてもらいました。スタッフの皆様、真にありがとうございました。次回開催も、大いに期待しております。
 クリスピン・グローヴァーさんのビッグ・スライドショウ2日間と、覆面上映となった渡辺文樹監督の特集上映は、全国的にもかなりの注目度となったので、次回開催の際は、カナザワ映画祭はかなり注目を浴びることになるでしょうね。その分、内容の選定はさらに困難になるでしょうけど。

 私は結局、通常上映を8本、グローヴァーさんのビッグ・スライドショウを2日分、覆面オールナイト、の計13本を観た。
 通常上映は、悲しいことに……途中で寝てしまったのが5本もあった。寝ずに最後まで観たのは3本。何ともったいない。でも、つまんないんだもん。頑張って頑張って眠気を耐えて耐えて……気付いたら場内が明るく……それが5本。6,500円分。貧乏人のくせに、最悪だ。落ち込みます。
 寝なかったのは、『アブグレイブの亡霊』、『死化粧師オロスコ』、『蟹工船』。この3本は、内容もさることながら、訴え方が巧かった。つまり、煽ってくれるのだ。
 ドキュメンタリーは煽ってナンボだ。真実を伝えりゃいいってもんじゃない。偏見が入ってようが嘘をついてようが事実を曲げてようが色々と隠してようが、煽ってナンボなのだ。それができてないようでは、ドキュメンタリー映画として面白いとはいえない。社会的に政治的に問題はあっても、映画としてはそれでいい。内容の社会性や政治性は、映画の面白さとは別に語るべきで、そこを勘違いしている真面目さんがよくいるので困ります。寝てしまうのも困りもんだが。
 通常上映で最も面白かったのは、『蟹工船』。現代の労働者問題に絡めて語る必要は全くなく、純粋に映画として、映像の力強さが素晴らしかった。本当に、感動した。眠気が吹っ飛ぶ映画だった。

 グローヴァーさんのビッグ・スライドショウの面白さは、どれだけ語っても語り尽くせないし、伝えきれない。とにかく、「何とかして観ろ」と助言する以外にない。海外に行くか、招待するか。その点、カナザワ映画祭には本当に感謝感謝。行動力と実行力、映画ファンとして見習わなきゃいけませんね。私、無駄に歳を重ねているだけなのを実感しました。
 ただ、カナザワ映画祭のブログを見ると、「地元客は1割くらいになりそう」と書かれていたのが、ちょっと……最終的にはどうだったのかわかりませんけど、本当に地元客がそんなに少ないんだとしたら、それは悲しいなぁ。ただ単に金沢市民でグローヴァーさんのことを知らない人が多かっただけなのかもしれませんけど。にしたって、ネットがここまで普及していて情報差があるもんだろうか?
参考リンク→かなざわ映画の会の日々是映画

 駅前シネマの覆面オールナイトは、やっぱ覆面にしなきゃマズいんでしょうね。渡辺監督作品が普通に観られないというのは、グローヴァーさんのビッグ・スライドショウ同様にもったいないことだ。これもみんなで招待すればいいんですよ。たぶん喜んで来るでしょ、渡辺監督は。大学の映画サークルとか、渡辺監督に映画撮影のことを色々と質問した方がいいですよ。絶対に盛り上がると思うな。
 「映画を創る」という行いをちゃんとしている。渡辺監督作品からは、それが感じられた。

 シネコンでも観たい映画が何本もあるんだけど、そっちのけでカナザワ映画祭の映画を観て、楽しかった。寝たりもしたけど、面白かった。去年のカナザワ映画祭はクロージング上映もあったから、今年もそれがあれば良かったのに、と少し不満もあるけど、満足した。
 終わってしまえば、寂しさだけが残る。また来年、開催できるといいですね。無責任だけど、頑張って下さい、カナザワ映画祭スタッフの皆様。殆ど注目されないブログですが、ささやかながら、応援しております。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

tag : カナザワ映画祭

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。