--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-14

JUNの『moon risin'』

 相変わらずブラック・キッズを聴いていて、これまた相変わらず「I'm Not Gonna Teach Boyfriend How To Dance With You」を繰り返し聴いていて、ふと思い出した。元WINOのボーカリスト、吉村潤さんことJUNさんを(逆か)。
 WINOは、スーパーカーくるりとほぼ同時代のバンドで、もう解散していないけど、というかあの頃のバンドでまだメジャーで売れて生き残っているのってくるりしかいないけど、まあ、それなりに良かったバンドだ。丁度「ブリットポップ」なんてものが大人気だったのもあるし、ロックバンドがこぞってダンスミュージックに接近したのもあって、イギリスの影響をまともに受けた時代。あの頃の日本のバンドは、ダンスミュージックに接近して大勢が駄目になった。そこに絡めとられずに抜け出したのは、くるりだけだ。
 で、WINOを解散してしばらくして、吉村さんは活動名をJUNに変え、単独活動することになった。同時に、WINOからは想像も付かない方向へ音楽性も変えた。少なくとも、今のところJUN名義のアルバムは、そうだ。
 JUNさんの曲に、「Girl Friend」というのがある。歌いだしは確かこう。

 神様がいるのなら
 女の子になりたい
 そして君を励ますのさ
 そばにいてあげたい


 えー、何で「確か」なのかというと、CDが見つからないので歌詞を確認できず、出だししか覚えていないから。まあでも、出だしだけでも全体の大体の雰囲気はわかると思う。
 「Girl Friend」は、ちょっと倒錯的で、ちょっと笑えて、すっごくロマンチックな歌。和製プリンスというか、もろ岡村靖幸さん。元々がねちっこくて癖のある歌声だったから、WINO時代にはちょっとイマイチだと思っていたけど、JUNとして発表された曲にはピッタリはまっていた。なぜなら、最新の曲は全く違うけど(それも去年のものだけど)、アルバムはペット・ショップ・ボーイズまんまのゲイ・ディスコに彩られているから。
 JUNとしてのアルバムは4年前に1枚出しただけで、それ以降はちっともちゃんとした活動をしていない。パフュームなんかが売れいている今、活動を再開してもらいたいものだ。もちろん、ゲイ・ディスコで。普通のロックとしては……イマイチだと思うのですよ、JUNさんは。

 で、そうそう、ブラック・キッズで何でJUNさんかというと、日本のアーティストで似ているのは、アジカンじゃなくてJUNさんだな、と思ったから。「Girl Friend」は、「I'm Not Gonna Teach Boyfriend How To Dance With You」に似ていると思ったのですよ。

 YouTubeで「Girl Friend」を検索しても出てこなかったから、シングル曲を
JUN 「Magic Time」


 アルバム『moon risin'』を全曲試聴できるリンク。「Girl Friend」も出だしだけ聴ける。
MUSICO→吉村潤『moon risin'』
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : JUN

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。