--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-19

ウィル・アイ・アム『ソングス・アバウト・ガールズ』を買った

 先月の作品だけど、ウィル・アイ・アム『ソングス・アバウト・ガールズ』をやっと買えた(貧乏故に……)。アメリカのヒップホップのトップアーティストであるアウトキャスト、ティンバランド(のソロでなく、プロデュース作品)、カニエ・ウェスト、ネプチューンズ(日本のお笑い芸人じゃないよ、念のため)などに代表される潮流に乗りつつも、ちゃんと独自色も出していて、傑作。

 ヒップホップらしいジャケットでなく、om辺りのオシャレなデザインだったら、エレクトロ風味のハウスコンピで通りそう。とにかく聴き易い。曲が良い。ヒップホップはラップがわけわからんから好きじゃない、て人に超激オススメ(アマゾンHMVで試聴可)。
 
 どの季節、どの時間帯に聴いてもハマる曲が必ずある。家での読書のBGMにしても邪魔にならないし、ドライブのBGMにしたら快適だし、風景をのんびり眺めながらの散歩にも最適だし、軽いウォーキングにも合う曲はあるし、大切な誰かと一緒に聴くにもいいし、朝焼けに聴いても夕焼けに聴いても気持ち良い。本当にジャンルがヒップホップとは到底思えない。
 もう全曲名作確定だ。

 ところで。
 ドイツにあるGet Physicalてダンス・ミュージックのレーベルの看板アーティストである、M.A.N.D.Y. Vs. Booka Shadeの「Body Language」て曲をそのまま使ってる曲があって驚いた。「Get Your Money」て曲がそう。Get Physicalのもじり? そーいや、Get Physicalにはwilliamsてアーティストがいる。名前はwill.i.amと1字違いだけど、似ても似つかぬ作風なので同一人物じゃないのは間違いない。白人だし。
 当然、ウィル・アイ・アムはそこら辺ちゃんと知ってるわけだよね。ドイツのレーベルをアメリカ人の黒人のヒップホップ畑の人が知ってるとは思わなかった。何か関係あるのかなぁ? まあ、カニエ・ウェストも新作でダフト・パンク使ってたし、ティンバランドはレイヴ好きと聞くし、前述した他のアーティストもヒップホップらしいヒップホップの人たちじゃないから、あっちこっちに繋がりがあっても不思議じゃない。ないけど、結構驚いたですよ。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

louis vuitton handbags

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。