--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-15

ジーニアス・パーティ

 アニメ製作会社STUDIO4℃のオムニバス映画『ジーニアス・パーティ』は、予想を上回るつまらなさにムカついた。これが日本アニメのトップクリエーターの作品かと思うと、がっかりする。

 何にムカつくって、本当につまんないんだもん。駄目さを笑い飛ばすこともできない、真につまんない駄作。それが『ジーニアス・パーティ』。自ら「天才」などと称しているんだし、仕方ないか。
 全体的につまらなかったけど、面白いものもあった。

 湯浅政明監督の「夢みるキカイ」、これは面白かった。赤ちゃんの大冒険の話。世界で一人ぼっちになった孤独な赤ちゃんが、果てしない荒野の世界を冒険する。荒唐無稽な描写と動き、不思議を超えたわけわからん生き物、赤ちゃんが冒険する可愛らしさ、それらが皆、アニメらしくて素晴らしい。自分のママだと思っていた人がロボットで、自分の家だと思っていた場所が単なるセットで、世界には他に誰もいなくて、知り合った変な生き物たちも死に、消え、可愛らしいイメージは、次第に悪夢的イメージへと変貌してゆく。これは、いいなと思った。
 音楽も良かった。音楽担当は、竹村延和。大好きです。

 河森正治監督の「上海大竜」は、ギリギリ面白いかな~、て程度。まあ、どこにでもありそうな話で、どこにでもありそうな展開で、どこにでもありそうな描写で、全てが予定調和に満ちていて、外してないというだけの面白さでしかない。マクロスちっくなミサイル弾道演出は、ファンサービスか。

 面白いと思ったのは、上記2作品だけ。

 最初のOPがやたらと無駄に長いのがまず駄目。作ったのは福島敦子監督。イマジネーションの飛躍、にもなってない。陳腐な自己満足画をダラダラとアニメーションされて、System7を駄目にしたようなテクノの音楽を流されてイライラする。誰だ音楽担当。げっ、井上薫さんじゃないか! 好きだからショックだ!

 映像で語れてないという意味では、二村秀樹監督の「LIMIT CICLE」が酷い。アホみたいな哲学の話を、全く意味のないイマジネーションだけの映像でコーティングされても、観客が困るっつーの。よくは知らないけど、何かの哲学書から引用したんだろうな、台詞。クソみたいに時代遅れで役立たずの哲学的あれこれをたれ流し、何か語った気になっているプロほど酷いものはない。こんなもんで金を取るんだから。
 音楽はAUTECHREを駄目にしたようなものだった。誰だ? FENNESZ……どーでもいーや。

 木村真二監督の「DETHTIC 4」は、バートンの真似? それ以外には見えん。赤い格好した敵集団なんて、『チャーリーとチョコレート工場』のウンパ・ルンパじゃないか。明らかにバートンなところを無視すれば、結構好きではある。
 音楽は良かった。音楽担当は、山本精一さん。さすがに良い仕事っぷりです。

 福山庸治監督の「ドアチャイム」は、っておい、漫画家の福山さんが監督してるよ。道理で人物の作画が変だと思った。人の動きが皆、マイケル・ジャクソンのムーンウォークというか、アイススケートで滑っているみたいで、地面に着地している感が、ゼロ。酷すぎだろ。STUDIO4℃としてあれはOKなのか。他には特に何の感想もなし。

 最も酷かったのは、渡辺信一郎監督の「BABY BLUE」。たぶんこれ、世間的には高評価を得られそうなんだけど、もっともイラつく作品だった。渡辺監督の作品は、『マクロス・プラス』も『カウボーイ・ビバップ』も『サムライチャンプルー』も好きだっただけに、がっかり。
 内容は、どこにでもいる高校生のどこにでもある恋愛話。それを、素晴らしく写実的に、情緒豊かに描いている。作画、演出、音楽、何もかもが一流品だ。しかし。
 この手の作品を観るといっつも思うんだけど、アニメで実写みたいなものを作ってどーすんだ。実写で撮るより手間かけてコストかけて。しかも岩井俊二監督みたいな演出して。それなら最初から実写で撮りゃあいーじゃん。何ちゅー無駄。アニメ作家としての自殺的行為としか思えない。それが渡辺監督作なんだから、信じられない。TVドラマにも敵わない出来だと思うよ、これ。

 『ジーニアス・パーティ』での失望は、ここ最近の日本アニメを観ていて常に付随するものだったので、予め予想はしていた。していたけど、やはりガッカリする。こんなもんで天才などとは、恥知らずもいいとこだ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。