--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-26

前言撤回。実写版映画『タッチ』、面白いわ

 前回の記事の続き――
 結局、最後まで観てしまった、実写版映画『タッチ』。最後まで観て、評価が変わった。純粋には面白くない。ないがしかし、別の角度的に面白いと思った。

 原作での感動的な決め台詞――上杉達也や朝倉南を愛しています。世界中の誰よりも――を、よりにもよって、青空をバックに、単なるモノローグだけで片付けた演出に爆笑してしまった。いくら何でも、あれはないよ! 原作では、達也と南が向かい合っての場面なのに、実写版映画ではフェンス越しとはいえ達也と南が向かい合ってんのに、最後に映るのは、青空。んで、モノローグ。色んな意味でビックリだ!

 実写版映画『タッチ』は、本当に作りたくて作られたものなのか、甚だ疑問。特に最後。もうね、凄い投げ槍感が。とりあえず原作の決め台詞は入れとけ、と注文があって(または入れとかなきゃマズイと思って)、強引にねじ込んだ、て感じだもの。
 はっきりいって、実写版映画『タッチ』で心底から感動できる人は凄い。感心する。相当、今までに酷いものしか観てこなかったんだなぁ、と同情を禁じえません。原作を抜きにしても、ムチャクチャすぎる。あれで感動しろってのは無理あるでしょ。だって、最後の方はずっと笑えたもの。ギャグとしかいいようがない。登場人物の心の機微も何もあったもんじゃない。
 しかし私はあまりに酷いと、それはそれで楽しめるので、実写版映画『タッチ』は、観る価値がある映画だと思えてしまった。無論、悪い意味で。詳しくは知らないけど、ヒットしたんでしょ? 凄いよねぇ。みんな爆笑したのかな? いやぁ、笑った。笑わせてもらった。凄い映画だった。

 ところで、考えれば考えるほど、実写版映画『タッチ』はイーストウッド監督に作ってもらうべきだ、と思える。もしもイーストウッド監督が作るとしたら――
 まず物語は、地区予選決勝、達也が新田に投げるラスト1球、という場面から始まるだろう。そこから回想に入る。つまり、和也は既に死んでいることとして物語を進め、余計な展開は省くだろう。そうすることで、何だかんだあっても決勝まで残るくらい強くなったことは一瞬でわかるし。これまた余計な描写を減らせられる。
 達也の南への告白場面は作るだろうか? 作らんだろ。正直、2時間くらいの映画でそこまで盛り込むのは無理あるから、実写でやると陳腐にしか見えない告白場面なんざ削るに決まっている。『ミスティック・リバー』の的確過ぎる過去と現在の描写を見ればそれがわかる。
 実写版映画『タッチ』は、野球を扱っているけど、ちゃんと描いてはいなかった。あれは「映している」というだけのものだ。その場面を見るだけで興奮するようなものではない。実写版映画『タッチ』に決定的に欠けているのは、「映画の興奮」だ。それがない以上、映画ではない。
 イーストウッド監督なら、ちゃんと「野球」を描くだろう。野球の息遣いを映画に焼き付けることができるだろう。
 従って、イーストウッド監督の『タッチ』は、野球に重点を置くだろう。和也とのことは「まず、」ということにしておいて、野球を通して達也と南の関係を描く。キスしたり、告白したりは削って、野球に勝つことだけで、全ての想いを描けるようにするだろう。原作から大きく異なるものにはなるだろうけど、映画としてはそれが正解じゃないだろうか?
 嗚呼、考えれば考えるほど、イーストウッド監督の実写版映画『タッチ』が観てみたくなってきたよ……
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : タッチ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。