--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-17

『クローバーフィールド HAKAISHA』って結局何の意味?

 『クローバーフィールド HAKAISHA』を観た。とりあえず面白かった。面白かったが……好きか嫌いかでいうと、確実に好きな映画ではあるんだけど……

 『クローバーフィールド』は、一言でいうと「ドキュメンタリー風の怪獣映画」だ。スピルバーグ監督の『宇宙戦争』+『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』だ。そして、怪獣版『食人族』だ。ポスターのインパクトが似てるし。片や首のない自由の女神で、片や串刺し女性だ。ただし、映画としての面白味は、『宇宙戦争』や『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』以下。
 とっても真摯に作られた怪獣映画なんだけど、それなら『グエムル』や『宇宙戦争』みたいに真正面から撮ってほしかったなぁ。迫力なら『宇宙戦争』の足元にも及ばず、目新しさなら『グエムル』にも及ばない。
 ネットを最大限に利用した宣伝戦略は面白いけど、結局のところ、そこ止まりの映画でしかない。どうせならTVで、「臨時ニュースです!」と、オーソン・ウェルズさんの『火星人襲来』みたいに放送した方が何万倍も面白かった。映画内容を公開日までずっと隠してたそうだけど、なるほど、この程度の映画ならそんな宣伝戦略にする必要もあるか。

 私が駄目だと思う最大の要因は、売りである「ドキュメンタリー風」にある。あまりに「ドキュメンタリー風」に頼り過ぎている。一人称視点は迫力も臨場感もあるけど、それは逆に情報量を狭めることになり、物語の起伏を平坦にしてしまう。そうならない工夫は凝らされているけど、映画としての興奮度は低い。「ドキュメンタリー風」にしかできないことはあるが、「ドキュメンタリー風」ではできないこともある。その「できないこと」が映画を映画たらしめているんだと思うんだけど。
 何度も書くようだけど、真正面から「怪獣映画」を撮ったスピルバーグ監督の『宇宙戦争』の方が比べ物にならないくらい怖くて迫力がある以上、「ドキュメンタリー風」であることの必然性は、ただ単に「そうでもしないと凄そうなものを作れないから」という逃げ腰にしかない。アイデアの勝利、みたいに褒める人は多いけど、私はそう思えない。『クローバーフィールド』は、一人称視点ではあっても、被写体が複数人いる時点で、「普通の映画」と同じだからだ。

 一人称視点なのに、余り違和感なく『クローバーフィールド』を観ることが可能なのは、被写体がいるから。カメラマンがいて、撮られている主人公たちがいる。「普通の映画」と違う点は、カメラマンも登場人物って点だけ。これが、被写体がなく、完全にカメラマンだけの「ドキュメンタリー風」映画だったら全く違ったものになった。本当に「ドキュメンタリー風」にするなら、そうするべきだった。それが、主人公たちのつまらない恋愛事情を絡めて物語を作ってあるから、「普通の映画」と殆ど変わらない。
 「普通の映画」でも一人称視点なら情報量は少なくて済むし、余計な場面を作らないで済むし、「カメラマン自身も登場人物のドキュメンタリー風」だから演出に気を配らなくて済む。これは、金なしアイデアなしの時に使う、逃げの方法だ。それを、「アイデアの勝利」と評価して観ることはできない。ある程度以上の予算が組まれた映画みたいだから、尚更そう思う。

 という次第で、スピルバーグ監督の『宇宙戦争』支持者の私としては、『クローバーフィールド』は好きな映画だけど駄目な映画、だと思った。
 あと、ここにも「9.11テロ」の影響が色濃く現れていることに、色々と思わずにはいられない。好意的にでなく、否定的に。
 「9.11テロ」の影響を受け、それを映画として最高の形で提供できているのは今のところスピルバーグ監督しかいないと思っているんだけど、『クローバーフィールド』もその1つではある。ただしその表現は、わかり易すぎるくらいのものなので(台詞にも「またテロか」とかあるし)、商売っ気として影響を顕にしただけと見える。日本に住む日本人の私からは、「テロを隠れモチーフにして、いっちょ金儲けしてやるか」くらいにしか見えないんだよなぁ。実際のところはどうなのかわからないけど。

 最後に、いかにも続編が出来そうなんだけど、作るのかな? そしたら『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』みたく、全く違うアプローチで作るのか? まあ、そっちの方が面白いか。2作目は、「普通の映画」として俯瞰的に全体を捉える。1作目と合わせて初めて1本。何となく、そーゆー魂胆が見えるような……
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : クローバーフィールド

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オセロ中島知子【黒】飲み会で脱がされる!【画像】【動画】

【中島知子 写真集 中島知子 画像 中島知子 水着 中島知子 ブログ オセロ 中

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。