--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-14

『BRUTUS』、矢沢永吉もビートたけしも20年は遅れたアホだ。

 さっき本屋に行ったら、『BRUTUS』が売っていた。1度も読んだことがない雑誌なので、何が書かれている雑誌なのかも知らず、だから今まで表紙に目が留まったことはあっても読みたいとも思わなかった雑誌だ。しかし、今売っているやつには興味が惹かれ、買ってしまった。
 表紙には大きく「日本経済入門」と書かれ、執筆者にはビートたけしさんと橋本治さんがいた(その他にもたくさんいるけど、興味なし)。橋本治さんは現在進行形で好きな作家。ビートたけしさんは、映画『座頭市』を作った辺りからその発言と表現に全く興味を抱けなくなったけど、ずーっと大好きな存在だった。私はこの二者にかなり影響を受けている。ので、思わず『BRUTUS』を購入した次第。
 パラパラと適当に見ると、「日本経済入門」特集以外に興味の持てない、かなりどうでもいい雑誌だった。

 肝心の「日本経済入門」は、期待を物凄く大幅に裏切る酷い内容だった。特に始まり。矢沢永吉さんがファンクラブの会報に書いた文章を取り上げ、褒めちぎっている。
 矢沢さんの文章を要約すると、
 吉野家の牛丼は罪だ。安い価格で腹一杯にさせたら、誰が働くんだ? 300円出せば食事が安心だと、這い上がろうと頑張る奴が出なくなる。せめて千円は出さないと腹一杯にならないようにすれば、みんなもっと頑張るよ。安けりゃいいってもんじゃない
 この意見に対し『BRUTUS』は、「デフレ論であり、値下げすると値上げし辛い企業の問題の本質を突いている」と褒めている。いやいやいや、どこがだ?
 いいたいことはよーくわかる。ただ単に甘やかしたら駄目ってだけの話だ。古今東西、ずっといわれ続けていることだ。矢沢さんが発案者じゃない。
 それに、ちょっと考えてみろよ、千円もする牛丼なんて誰が食べる? 若者のやる気を出させる前に、吉野家は今のように日本中にチェーン展開することもなかっただろう。
 矢沢さんの発想を国単位で大きくすると、ODAの問題になる。多くの貧困国は、国際援助のせいで貧困国のままなんだろうか? 矢沢さんが考えるような一面は間違いなくあるだろう。でも、自助努力じゃどうにもならないレベルの人々だっている。そんな人々に対し、「お前ら、他人からの援助を期待しないで、自力で這い上がれ」なんていえるか? いえるわけがない。
 そもそもさ、這い上がるハングリー精神は必要かぁ? 世界にはハングリー精神なんてものが不必要な人々がたくさんいるんだよ。殆どの人々は何となくで生きていけるんだ。普通のサラリーマンを親に持ち、何となく学校を出て、何となく会社に入り、何となく不満はあっても何となく楽しく生きている人々がたくさんいる。
 百歩譲って、牛丼ごときが千円もする世の中で、若者が必死に働くハングリー社会だったとしよう。それでも世の中は良くなるだろうか? ならんね。だって、現に今、そうじゃん。必死に働いて、何とか日銭を稼ぎ、吉野家の安い食事に辿り着けるような人々だっている。這い上がろうとするハングリー精神や上昇志向が足りないのか? 違うだろ。
 「日本経済入門」という特集の冒頭がこの調子なんだから、その内容も推して知るべし。

 ビートたけしさんのも酷かった。
 経済学者を信用していないらしいんだけど、それは過去の蓄積からでしか未来予測ができないからだ、と。そんなの当然だ。過去との比較、かつ過去の情報の蓄積からでしか未来予測はできない。そうでないなら、それは単なる占い師か予知能力者だ。つか、経済学者を何だと思ってんだ? 経済学者が駄目な証拠として、殆どの経済学者が金持ちになってない、とたけしさんはいう。これまた占い師か予知能力者と勘違いしている証拠だ。
 さらに、もしも百億円の金があったらどうしよう、とたけしさんは考える。ジャンボジェット買えそうだから買ってみるか。しかし、その維持費にはさらに金がかかるから、百億円を使うにはもっと大金を持ってないといけない、という。何でジャンボジェットを買おうとするかね。そんなもんにしか大金を使う発想が出ないこと自体が貧乏人の浅知恵だってわかんないのかねぇ。
 「株で普通のサラリーマンが百億円も儲けたりするけど、その裏では百億円損した者もいる。そこら辺も見ないとバランスが取れない」なんていうけど、何で? ただ儲かったと喜んでちゃ駄目、ていうんだけど、何で? それこそ経済学者でもないんだから、裏を読む必要はない。
 画期的なアイデアとして、「足立区だけに通用する足立ユーロ」を発行すればいい、ともいう。足立区でしか使えないから、足立区民は貧困層でも悠々自適な生活を営める、という。本当にそうだろうか? 足立区が農村地域ならまだわかるが、そうでもない。農作物はどこから買い入れるんだ? 足立ユーロは足立区でしか通用しないなら、日本円との為替相場はどうなる? このままだと足立区を独立国家にしてしまおう、とまでいいかねないけど、さすがにそこまではたけしさんもいってない。もしもいってたら、比較優位はどうなる、と突っ込みたいところだ。
 最終的にたけしさんは、今の若者は養鶏所の鶏みたいなものだ、という。飼い慣らされて、使い捨てにされる、と。それは間違いなく、たけしさん自身のことだろ。金さえ貰えればつまらない仕事でもやるよ、といってたのはたけしさんじゃないか。

 橋本治さんは……さすがにたけしさんほどは酷くないけど、それでも「貧乏になろう」というスローガンは相変わらず。いや、考え方としてはわかるけど、それ、何の解決にもならないから。

 丸川珠代さんも酷い。年金の問題についてあれこれ書いているけど、わけわからん。今、年金を納めていない人が大勢いて、その人たちが老人になった時には年金が当たらないんですよ、とかいう。当然だろ。別に何も問題ないじゃないか。そもそも年金を貰わなきゃいけない決まりはない。ただでさえ今の年金制度は、収入よりも支出の方が多いんだから、今納めない奴が将来貰えないんなら、年金制度の収支的には良いことでしょ。
 基礎年金部分を消費税で、って意見はわかるけど、その他は? 国民全員を厚生年金に入れる、ってならわかるんだけど、そこら辺の意見は何も語らず。

 福田萌さんは驚く酷さ。私は、今回初めて知った人です、この人。
 買い物をする時、値段だけで選ばない、という内容。例えば、自宅から1kmの店で百円で売ってるものが、自宅から2kmの店で50円で売ってても、店までかかるコストを考え、単純に安いってだけでは買い物をしないと。そんなのみんなやってるよ。

 つかさ、何でこんな人選をしたんだ『BRUTUS』は? 「日本経済入門」というか、「今の日本社会にいいたいこと」でしかないよ。それですらない人もいるし。こんなものを読んでどーするんだろ。って私のことか。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : BRUTUS 日本経済入門

comment

管理者にだけメッセージを送る

おまえは何様のつもりだ?偉そうに!

へぇ。

一ミュージシャンや芸人の言葉を挙げ諂ってさぁ。笑っちまうなぁ。小者ですか?まぁ、頑張って。
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。