--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-13

そうだ、独立国家を作ればいいんだ!

 前の記事を書いていて思ったこと。

 以前にも書いたことの繰り返しになるけど――
 学校の先生の国旗掲揚・国歌斉唱の拒否、私は「好きにすればいいでしょ」としか思わない。どうせみんなから仲間外れされちゃうんだから。仲間外れにする方もどうかと思うけど、今の日本の社会では、たぶんそうなる。だから別に停職みたいな制裁をする必要はないと思っている。ただしどうせ拒否をするなら、その先を考えておけ、と思う。
 ――と、ここまでが以前に書いたこと。ここからが新しいこと。

 国旗・国歌を拒否をするのは、もしかしたら愛国心の賜物かもしれない。日本という国を愛する余り、許せないだけなのかもしれない。それならやはり今の日本に相応しいと思う代案を出すべきだ。単なる憎国心からの拒否なら、ますますもって代案を出すべきだ。何にしろ、「日の丸」と「君が代」に代わるものを出せばいい。それができないなら、身の丈に合わない行動をするもんじゃない。
 でも、もしもこんな行動に出られたら、みんなビックリするだろう。それは、独立国家を作ることだ。

 世界にはとんでもなく小っさい独立国家がある。それを集めたガイド本がある。『ミクロネイションズ』て本だ。超面白い本なので、オススメ。
 表紙には、「100%実話」や「ホームメイド国家」なんて書かれてて、恰幅のいい王様と王女様が写っている。が、偉ーい王族ってわけではない。何せ、町1つだけの独立国家があれば、家や部屋の独立国家まである。そんな国となら、個人的にでもお付き合いしてみたいと思いません?

 国旗・国家を拒否するのは結構だ。だからどうせなら、近所のコンビニへ買い物に行くくらいの気軽さで、「私、独立国家しますわ」と宣言すればいい。で、好き勝手に国旗と国歌を設定すればいい。それくらいのユーモアがあってもいい。
 そんなことをする人が身近にいたら、私は無責任に応援するな。

地域興しとしての、日本の独立国はここを参照→ふるさとへの旅

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : ミクロネイションズ MicroNations 日本の独立国

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。