--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-03

映画『靖国 YASUKUNI』を守るなら「準児童ポルノ」も守れ

 上映が阻止されるなんて、あってはならないんだよ。

asahi.com→「靖国」上映中止 首相「誠に遺憾」
asahi.com→「靖国」大阪で5月上映 「映画館を議論の場に」
毎日jp→中国人監督「靖国」上映中止 「抗議で近隣迷惑」5映画館自粛
毎日jp→「靖国」上映中止:マスコミ会議が抗議
毎日jp→映画「靖国」上映中止 揺れる表現の自由

 あったまの悪ぃー政治結社とかさー、ホントどうにかならんのか。どうせゲリグソ馬鹿なんだろ? お前らが一番世のためになってねーっつーの。しかしだ、はっきりいって、『靖国 YASUKUNI』なんて映画はどうでもいいんだ。どうでもいいんならこんな文章を作んなって話だけど、私が腹立つのは、こーゆー時にはやたらと「表現の自由」を尊重するボケ政治家どもにだ。

 ボケ政治家どもは、ホラー映画や「準児童ポルノ」なるものに関しては「表現の自由」とやらを尊重してくれないくせに、社会派の映画だと「表現の自由」を尊重してあげるんだよね。しかもそれは、「尊重してやってる」って偉そうな姿勢なんだよな。
 しかし、してもらえるだけいいじゃないか。

 ならば、ホラー映画とか「準児童ポルノ」なるものに該当するものを創っている方々は、これからは何もかもを社会派に創ればいいんだよ。例えば。
 サブプライム問題をはらんだ「準児童ポルノ」。
 チベット問題をはらんだ「準児童ポルノ」。
 イラクで自爆テロをする「準児童ポルノ」。
 靖国を舞台にした「準児童ポルノ」。

 そーゆーのを創ればいいんだ。苦情が来たら、「これは深刻な社会問題を扱った作品であり、猥褻でも何でもない! もし猥褻と見えるなら、それはあなたの目が腐っているんだ!」と訴えてやればいい。勿論、アホかといわれて処分されるだろうけどさ。

 酷いなぁ。あっちは問題にしてもらえて、こっちは問題にしてもらえない。ま、わかりますよ。『靖国』の「表現の自由」のために戦う政治家はちょっとカッコイイかもしれないけど、「準児童ポルノ」の「表現の自由」のために戦う政治家はヤバイ気がするもんね、世間一般からすると。
 でも、やっぱ腹立つんだ。言動不一致は良くないよ。ポリシーがあるんあら、選り好みすんじゃないよ。

※上記文章は、「準児童ポルノ」を児童ポルノでなく、漫画やゲームなどの妄想表現媒体という意味合いで扱ってるので、変に怒らないように
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。