--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-25

The Kills 『Midnight Boom』はYeah Yeah Yeahs + Lcd Soundsystem

 ザ・キルズの新譜『Midnight Boom』を購入。かなり良い。

リンク→The Kills
リンク→Midnight Boom

 ぱっと聴き、ヤー・ヤー・ヤーズLCDサウンドシステムを合わせた感じ。凄く良い作品だけど、本当にそうとしか聴こえない。いわゆるニュー・ヨーク勢。完全に。演ってるのはイギリス人でも、心はアメリカン。特に今回のメインプロデューサーにスパンク・ロック(ボルチモア出身)のトリプルエクスチェンジさんが加わっているからか、どう聴いてもアメリカンなノーウェイヴ。つまり、パンクとディスコ。ま、元々そうだったけど。
 例えば、トリプルエクスチェンジさんがプロデュースした「Cheap and Cheerful」を聴くとそれがよくわかる。

The Kills 「Cheap and Cheerful」↓


 さて、例えばヤー・ヤー・ヤーズのこれと、
Yeah Yeah Yeahs 「Cheated Hearts」↓

LCDサウンドシステムのこれ、
Lcd Soundsystem 「All My Friends」↓

この2つを足すと、キルズの「Cheap and Cheerful」にならないだろうか。……ならんか。無理あるな。思いつきで書くのは良くないね。でも、とにかく雰囲気は似る。うん、そっくりだ(強引に納得)。

 好きか嫌いかでいうと、間違いなく大好きだし、良いか悪いかでいっても、間違いなく良いんだけど、なーんか、特徴ないんだよねー。ヤー・ヤー・ヤーズとLCDサウンドシステムを足した、それでいーや、と思えてしまう。デュオってだけなら、ホワイト・ストライプには圧倒的に負ける。ちっとも敵わない。
 これはやっぱ、トリプルエクスチェンジさんが担当しているバックトラックが素晴らしいだけなのかもしれない。
 なので、はっきりいって、はっきりいっちゃうと、キルズを聴くなら、パンクとディスコが好きなら、LCDサウンドシステムを聴けばいい。キルズを買って損はないけど、もしもLCDサウンドシステムを聴いていないなら、キルズはさて置き、LCDサウンドシステムのアルバム2作をまず買うことだね。

 ちなみに、スパンク・ロックの特徴がわかり易い曲はこれ。
Spank Rock 「Rick Rubin」↓

 最初聴いた時、フランスのTTCみたいで面白い、と思ったものだよ。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : ザ・キルズ TheKills ヤー・ヤー・ヤーズ YeahYeahYeahs LCDサウンドシステム LcdSoundSystem

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。