--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-08

少女、現る

 無印良品で、低反発クッションを買った。ウレタンが詰まってて、ふにゅう~、と餅みたいにやーらかいクッションだ。家に帰ると、早速枕にして寝てみた。

 目覚めると、見たことのない女の子が僕を見下ろしていた。小学生くらいの子だ。え、誰?
 「店から着いてきた」
 あ、そっか、着いてきたのか。って、おい! どうやって入ったの、とか色々と疑問はあるけど、女の子を戻さなきゃ! このままじゃ下手すると少女誘拐犯だよ!

 とりあえず2人で店に戻った。店員に尋ねると、少女を探しているような人はいないそうだ。
 困った。非常に困った。仕方ないので、トイレに入った。個室の、洋式便器に腰かけながら、今後の展開を考えた。
 放置する。いや、放置しても僕の家を知っているから、それはマズい。
 頑張って少女の保護者を探す。例え見つけたとしても、その時何と説明すりゃいいんだ。
 家に送り届ける。交通機関を使わなきゃならん程かなり遠くから来ていたら、面倒だ。

 そうこう考えていると、個室の扉がデカイ音を立てて揺れた。全力で蹴ったような音だ。中に入っているのに、何だこの野郎! と思って扉を睨むと、扉の上から少女が顔を出した。
 「まだ?」
 デカイ音は、扉をよじ登っている音だった。うおおーい! 何だよこの全力で非常識な子は! 親出てこんかーい!!
 個室には1人で考えたくて入っただけだから、パンツを下げてもなかったので、ムッとしながら、すぐに出るよ、と答える。すると少女は、扉を越え、個室の中に下りてきた。
 男子トイレ、個室の中で、2人きり。一句。絶句。

 やっべー! これ、いきなり○クザな親が現れて、「ウチの娘に何しとんじゃコラァ!」とか出てこないよね! 新手の美人局じゃないよね!?
 そう思うと同時に、「○○ちゃーん、出ておいでー!」と叫びながら女性がトイレに入ってきた。親だ! やった! いやマズい! どうしよう!?
 個室の中でオロオロしていると、少女は、「あの人、私を殺しに来たの! 助けて!」と抱きついてきた。
 「○○ちゃーん、そこにいるのねー、出てきなさーい」
 ええー! 何この状況、何のゲームですか!?
 「今すぐに出てきたら、痛くしないわよー」
 うわ、マジで物騒なこと喋ってる! 子供虐待!? それなら少女を守ってやらなきゃ! でも男子トイレの個室で2人っきりって状況はそれ以上に社会的にマズい! 殆どパニックに陥っている僕に少女は、「お兄ちゃん、バカね。こーゆー時はこーするのよ」とごく当たり前の動作で、便器の水を流すレバーを非常用の方へひねる。非常用?
 ドカーンて大音量と共に、便器の中に底なしの穴が現れた。何か、ゴウンゴウンと工場のような機械音が聞こえる。
 「ちっ、逃がすか!」
 「お兄ちゃん早く!」
 わけもわからず、僕は少女に腕を掴まれ、便器の穴へと逃げ込んだ!

 そこで目が覚めた。ぶるっと身体が震える。漏らしそうになる寸前の尿意がある。オシッコに行かなきゃ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。