--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-13

同人音楽を聴かされた

 エロゲー『キラ☆キラ』を貸してくれた友達が、今度は同人音楽を聴いてみろと。『キラ☆キラ』を否定されたのが気に入らないらしい。友達にすれば、『キラ☆キラ』の曲はかなりの良作らしい。
 しかし、そもそも私は、何が「同人音楽」なのかがさっぱりわからない。それって、単なるインディーズのことじゃないの?
 全っ然、違うらしい。超力説された。

 同人音楽で最も有名なのは、「東方アレンジ」ってものらしい。私も一応はオタクの端くれなので、その名前は知っている。確か、「東方project」って同人のSTゲームのBGMをアレンジしたものの呼称だ。「東方もの」だけのイベントが開催されているのも知っている。知識、そんで終わり。実物は、見たことも聴いたこともない。商業作品でなく、同人作品の同人作品が出るくらいなんだから、相当凄いんだろうなぁ、くらいの認識。

 さて、聴いてみると、トランスっぽいのが多かった。変にゴージャスなのとか、ビジュアル系ハードロックみたいなのとか。十数年以上前のゲームミュージックのアレンジものを聴いているような感じ。別に悪いとは思わない。ゲームミュージックらしいゲームミュージックだった。
 不思議とゲームミュージックは、ゲームミュージックなんだよね。どんだけ年月が経っても、どんだけユーザーが入れ替わっても、アレンジされても、ゲームミュージックはゲームミュージックのまま。不思議だ。アニメの音楽も、そう。殆どが一聴して「ゲームの音楽だ」とか「アニメの音楽だ」とわかってしまう。
 私も子供の頃からその手の音楽に馴染んでいるので、同人音楽、結構すんなり聴ける。聴けるが、音楽的に大好き、買ってまで聴きたい、ってわけにはならなかった(今のところは)。あくまでも、聴き馴染みのなる雰囲気の音楽だ、というだけ。第一、当然の話だけど、元ネタもよく知らないのに、好きになれるわけがない。独立した一作品として聴いたら、決していいとは思えないし。他の人は知らないけど、私には無理。

 同人音楽に、他にどんなものがあるのかは知らない。知らないけど、今回聴かされたものだけで判断すると、音楽性が少し偏っている印象を抱いた。友達の話では、同人即売会や同人販売店だけでなく、普通の販売店(タワーレコードにはないと思うけど)でも売っていると。しかし、普通の販売店で売っていても、メジャーなレコード会社から販売しているわけではなさそう。となると、やっぱそれは単なるインディーズような気がするんだけど……
 確かに、オルタナティヴやインディーズという枠組みで語ってはいけないような雰囲気が、同人音楽にはある。音楽性だけで語ってはいけないような、そんな感じ。それは、アニメやゲームや漫画に根差した「オタク魂」があるかないかってことなのかもしれない。従って、同人音楽から全世界に発信したクラブミュージックなんかは出ないんだろう。そんなものは求められていないんだろう。そんなものを求めるのは間違いなんだろう。そんなことをすると、それは同人音楽ではないのだろう。まあ、そりゃそうか。

 でも、やっぱ、同人音楽って変な感じ、と思ってしまうのでした。悪い意味でなく。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 同人音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。