--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-08

相撲関連の話題を、偉そうに語ってみる

 今、世間を賑わしている相撲関連の報道を見ていて、ふと思った。桝添大臣はさぞかし気が休まっているだろうな、と。
 厚労大臣になってからというもの、労働問題そっちのけで年金問題にかかりっきりになり、何かっつーとマスコミに騒がれ、暇なさそうなのにTVに出演して――というのが、ここ暫くマスコミは皆、相撲関連の話題に夢中だから、年金問題をメインテーマに扱っているワイドショーも減り、桝添大臣の露出も減っている。業務が忙しいのは変わらんが、マスコミ対応に気を配る時間が多少でも減ってくれると楽な筈。年金問題がある程度解決するまで、もう暫く相撲関連の話題が続いてくれるといいな、と思っているに違いない。

 それにしても、相撲関連の話題、朝青龍に始まり、時津風部屋、武蔵川部屋、花田夫婦の離婚と、面白いくらいに連続している。政治の失態を国民の目から逸らすのが目的なんじゃないかと思うくらいに。
 相撲関連の話題が続くと、TVから予想通りのコメントが溢れてくる。「相撲社会は旧態然としているから、もう現代に合わない。改革が必要だ」とか、「相撲社会は閉鎖的すぎるから、もっと開放的にならないと」とか。もう、素晴らしく的外れなことばかり得意気に話してますな、コメンテーターは。
 開放的にしたり現代的にすると相撲は確実に潰れる。相撲が生き残っているのは、閉鎖的で現代的でないからだ。
 曙だっけ? 格闘技に参加して無残に負けたのって。あれ見ればわかるけど、決して力士は最強の格闘家ではない。礼に始まり礼に終わる相撲は、古風な様式と儀式にこだわっている。そんな力士が、ただ殴り合ったりするだけの現代的な格闘技に合うわけがない。格闘技なんかに参加した曙は、馬鹿だと思う。古風であるがゆえに最強を名乗っていられたのに、そこから古風を抜いたらどうなるか自明だろうに。
 閉鎖的なのは、外部との交流をさせないためでもある。相撲には中途採用もトレードも職場復帰もない。それが旧いっていいたいのはわかるけど、そうしなきゃ時代の流れに置いてかれる。時代の流れから身を守るには、流れに従うか、徹底的に抗うかのどちらかしかない。相撲は、後者を採った。それは間違ってないと思う。
 改革とか、開放的にとか、旧いとかいってる人は、例えばアメリカが、長い歴史の古典的文化に基く国家を、ファストフードだらけの民主主義国家にすることを正しいと思うだろうか。相撲を現代的にってのは、そーゆーことなのに。

 相撲社会の旧さは、制度にもある。知らない人もいるみたいだけど、力士には定年がちゃんとある。給料だって年功序列だ(職能給も付くけど)。年金みたいなもんだってある。
 力士は体型があんなだから、しかも学歴が低いから(中卒なんて普通だし)、力士を辞めてしまうと、社会で働けない。賄い係の時点で辞めるならまだしも、十両以上の、身の回りの世話を何でもしてもらう生活に慣れた力士が、新入社員として働けるだろうか。

 年寄制度ってのがある。力士引退後に年寄になれれば、定年まで面倒見てくれる便利な制度だ。労働組合みたいなもの。
 年寄名跡があれば指導者にだってなれる。力士時代に高い地位にいたなら、年寄でも出世が早い。天下りだ。相当とんでもない不祥事を起こさなきゃ解雇もされない。
 給料だって高い。激高。どんだけ高いかっていうと、警備の仕事しかさせてもらえない地位の低い年寄でも年収数百万はある。史上最強の優良企業だって無理だそんな待遇。ちなみに、力士の給料は逆に低い。下位の格付けでは給料なし。横綱だって、他の有名スポーツ選手と比べたらとても低い。年俸で3千万円にも届かなかった筈。年寄は、普通の地位でも、定年までに計2、3億円はある。
 稼ぎ頭の力士に厳しく、年寄に優しいこの制度を担っているのは、現役の力士だ。つまり、現役の力士の稼ぎが年寄を養っているってわけ。これ、年金と同じでしょ? 現役力士が待遇の低さに文句をいわないのは、引退後の待遇がちゃんと保障されているから。

 正に社会としかいいようのない相撲の世界を、改革とか現代的にとか外交的にとかしちゃうと潰れてしまうのは、こんなにも特殊な仕組みで維持しているから。それでも、若貴兄弟の時には相撲バブルが訪れ、相撲協会も派手に動き、大失敗した。今でもその時の影響は残っている。また、現代的にしようと実際に行動して大失敗した力士集団もいた。
 相撲社会を批判しているコメンテーターたちは、この程度のことはちゃんとわかってんでしょうかね。自分たちが騒ぎ立ててた年金問題に関して、関係ない外部の者から、「そもそも年金制度なんて旧いんだよ。老後の面倒はテメェでしろっつーの。政府に何でもたかるなよ」とかいわれても納得するのかね?

 大体、改革とか現代的にとかいってる奴の大半は心から相撲を愛しているわけじゃない、相撲がどうなっても別にどうでもいい奴らだ。そんな奴らが偉そうに批判すべきじゃないんだ。
 私も相撲は全く好きじゃないですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。