--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-25

えすのサカエ『未来日記』のムチャクチャさ

 『未来日記』5巻を買いました。
 相変わらずテキトー感漂う展開。オマケ漫画は完璧に「オマケ」。どこが面白いの? と問われたら答えに困る作品です。
 ある日いきなり、未来を知ることができる日記を持つことができて、他にもそれが何人もいて、その日記保有者同士で、残り1人になるまで殺し合う漫画。
 考えたらムチャクチャです。未来が予知されているのに、頻繁に改変されます。それ、未来日記じゃねーし。そもそも連載最初の出だしからして「夢オチ」感バリバリでした。今のところ納得のいく展開があった試しがない。「神」が何なのか、もうさっぱり。理屈なし意味なしで、下手すりゃオチなし終結な可能性すらあります。

 この手の展開の面白さだけで作品の魅力を維持している変な作品、扱いに困ります。鬼頭莫宏さんの『ぼくらの』もそうです。『エヴァンゲリオン』なんかその典型だし、冨樫義博さんの『HUNTERxHUNTER』もそんな感じです。引っ張るだけ引っ張って結末がこれかぁ、そんなパターン。まあ、そんなこといったら、世の大半の漫画がそのパターンですけど。許斐剛さんの『テニスの王子様』なんて、絶対に先のこと何も考えてないバカ漫画で、むしろ大好きです。
 私、この手の漫画は概ね売却します。最初の1~3巻を買って、やっぱ読み続けるのは金の無駄だな、と思って。しかし『未来日記』は、月に1回は行う、「不要本の整理」(古本屋に売る本を見つける作業)で毎回売却本の候補に挙がりながらも辛うじて生き残っています。自分でも何でこんな漫画を残しているのか、あまつさえ新刊を購入してしまっているのかさっぱりわかりません。
 ギリギリのラインで面白いと思っている点があるとしたら、主人公の雪輝と由乃の関係の面白さというか、いわゆる「ヤンデレ」ヒロインの由乃の存在感でしょう。全く動きの読めないキャラです。雪輝が大好きで大好きで、大好きすぎて雪輝のためなら殺人も大量殺戮も平気でやる由乃の、完全無欠の「ヤンデレ」ヒロインは、お先真っ暗な展開しか予感させません。
 5巻の終わりも、雪輝と由乃がデートに出かけるところで終わるんですけど、なぜか由乃の鞄には怪しげな大量の薬! そして由乃の両親(?)の屍骸! デートなのに! 何する気なの! エッチな展開どころの騒ぎじゃないよ! 何なんだこのヒロインは! 全く先が読めねぇ! いや、何となく読めるけど!

 雪輝の中学生とは思えない短絡思考とアホな行動と泣き虫っぷりには辟易するし、「神」候補に本気で悪いことができる奴1人もいなくて緊張感がないし(一番危ないのが由乃だし)、子供顔負けに大人が馬鹿揃いだし、画力がないからアクション場面に迫力が全くないし、と正直マイナス要素ばかりなのに、由乃の暴走ぶりだけが楽しみで読んでしまっていますね。
 これ、例えば高橋留美子さんの『うる星やつら』のラムちゃんが「ヤンデレ」展開だったら凄いな、とか思ったりする私は間違っているのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 未来日記 ヤンデレ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

未来日記が改変されるのは未来をしっていてその未来に反した行動を取るからですよ
ま、由乃の行動が読めないのは作者もじゃないですか?w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。