--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-24

『ザイゾー』3月号の山形道場

 『サイゾー』3月号を立ち読みしました。その中で注目したというか気になったのが、山形浩生さんの連載、「山形道場」です。
 「お布施方式の音楽ダウンロード」と題して、アーティスト自身によるダウンロード販売について書かれていました。これが何とも微妙すぎる内容。

 内容的には私が以前に書いた記事と殆ど同じなので別に何の不満もないのですが、その主軸にしているのがナイン・インチ・ネイルズトレント・レズナーさんの件なんですね。
 いや、そこ違っ! どう考えても、レズナーさんより、レディオヘッドを扱うべきでしょ!! レズナーさんのは、レディオヘッドの付随物程度の話題性なんだから!

 今やナイン・インチ・ネイルズなんて終わったも同然です。近作2作の超どうしよーもない駄作っぷりといったらもう! センスが20年くらい逆行しています。もう、本当にどうしようもない。
 私だって、ナイン・インチ・ネイルズの完全新作がダウンロード販売されて、「タダか5ドルで」とされてたら、とりあえずは「タダ」を選びます。だって、もう終わってるとしかいいようがないんだもん。5ドルの価値があるかどうかも怪しいもん
 Planet muNinja tuneみたいなレーベルがサンプラーとして千円くらいで20曲くらい入っているCDアルバムを販売していることもあるってのに、今のナイン・インチ・ネイルズ(トレント・レズナー)絡みの仕事に5ドルの価値があるかどうかは非常ぉーに、疑わしい。だから、支払った人数がダウンロードした全体数の2割もいたのは、驚きに値します。

 というわけで(どういうわけだ)、「山形道場」は、論旨は間違っていないけど、レズナーさんを扱ったのが微妙に間違っていると思った、ということでした。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 山形道場

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。