--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-16

世界最高レベルの最低な祭典、日本アカデミー賞

 第31回日本アカデミー賞の受賞式がありましたね。DVDを観ようとTVを点けたら偶然映ったので、即座にチャンネルを切り替えましたけど。どうせ貧乏臭くてつまんない授賞式だったに違いありません。精神の安定のためにも、見ないのが一番。

 でも一応、公式サイトで各賞の結果を見ました……やっぱ、相変わらず酷いなぁ。ただ「ふーん」とか「へぇー」としかいいようがありませんね。

リンク→日本アカデミー賞公式サイト

 日本アカデミー賞に何かを期待している人っているんでしょうか。日本アカデミー賞が映画界に何か貢献すると思っている人っているんでしょうか。もう、色んな意味で駄目駄目なのに……
 新聞のTV欄を見ましたら、日本テレビ「独占中継」と書かれていましたけど……それ、特権なんですかね。視聴率がどんだけなのか知りませんが、日本テレビが独占中継したからって何だっつーんだ。そりゃするだろうさ、日本テレビはできるに決まってるだろうさ。「独占」って、虚しくならないんですかね。

 もしも米アカデミー賞が同日同時刻開催で、それが日本テレビ以外の局で中継放送されたりしたら、日本アカデミー賞なんてだーれも見ませんよ。TV放送に耐えられるだけのショーとして構成されてないんだもん。ダラダラと流しているだけ。昔、1回だけチラッと見たことありますが、米アカデミー賞みたいなものを想定していたため、物凄く落胆しました。それ以来、放送は見てません。
 
 邦画の各賞のどうしようもなさはかなりのものですが、最優秀外国作品賞の酷さもなかなかのものです。優秀作品が、
 『硫黄島からの手紙
 『バベル
 『ヘアスプレー
 『ボーン・アルティメイタム
 『ドリームガールズ
の5本ってのもどうなんでしょう。
 はっきりいって、最優秀を獲った『硫黄島からの手紙』は、出来悪いですよ。カットは下手だし、カメラアングルが失敗したとしか思えないような場面がある。
 『バベル』は観る価値なし。
 『ボーン・アルティメイタイム』はアクション映画としては傑作ですけど、アカデミー作品賞ってのとは違うでしょ。
 となると、『ドリームガールズ』か『ヘアスプレー』の戦いになると思うのです。

 私が上記5本で順位を付けると、
 1・『ヘアスプレー』
 2・『ドリームガールズ』
 3・『ボーン・アルティメイタム』
 4・『硫黄島からの手紙』
 5・『バベル』
となります。『硫黄島からの手紙』と『バベル』は問題外です。『父親たちの星条旗』なら納得できるのですが。

 もしも『硫黄島からの手紙』がミュージカルだったら、それはそれは凄いものになったでしょうに……音楽ジャンルは、スウィングジャズで。スウィンギンなリズムに合わせて、爆弾で人体が木っ端微塵になる。スネアで爆弾が投下され、バスドラで爆発する。阿鼻叫喚の大爆笑コメディー。日本兵の役はみんなチンパンジー。ずーっと「キーッ! キーッ!」としかいわない。アメリカ人は爆笑し、日本人は激怒する。少なくとも私は絶賛しますね。
 映画を観る以上、信じられないものをスクリーンに見たいじゃないですか。『硫黄島からの手紙』なんぞを有難がる日本人は、駄目ですよ、かなり。イーストウッド監督の手腕は間違いなく素晴らしいものですが、絶対にあれは大したもんじゃないと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

tag : 日本アカデミー賞

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ばっどていすとさんどいっち

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。