--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-03

シッコ

 中指と薬指を電動ノコギリで切断した男性がいた。病院に行くと、低所得である故に保険に加入していない彼は、中指に約70万、薬指に約140万円の治療費がかかるといわれた。彼に指2本分の金は払えなかった。悩んだ結果、薬指だけくっ付けることにした。彼はロマンチストなのだ。結婚指輪に薬指は欠かせない。

 アメリカには、保険に加入していない人々が約5千万人いる。彼の話もその中の1つ。保険料が払えず、病気になっても怪我をしても、治療費が全額負担になってしまうため病院に行けず薬も買えず、悲惨な目に遭っている人々が5千万人もいるのだ。北朝鮮やアフリカの話ではない。先進国で最も威張り散らしているアメリカで。
 マイケル・ムーア監督の新作『シッコ』は、そんな問題だらけのアメリカの医療保険制度を扱ったドキュメンタリーだ。が、保険に加入していない悲惨な約5千万人の話ではない。加入できている残り約2億5千万人の話なのだ。
 車の事故で怪我を負い、意識不明の状態で、救急車で病院に運ばれた女性がいた。保険会社は、目覚めた彼女にこう告げる。
 「何の承諾もなしに救急車を利用したので、救急車の運搬料はお客様の全額負担になります」
 どうやって承諾を取れと? 意識不明になる直前? 何とか意識不明になるのを耐え、事故でゴチャゴチャになった現場を這いずり廻りながら携帯電話を探し出し、救急車を利用する承諾を得ろと? それとも、救急車に乗る直前に意識を回復させ、電話して、また失えと?

 夫は心臓病を、妻は癌を患った夫婦がいた。2人は保険会社から、「金は支払えない」と告げられた。その理由は、2人が保険に加入する前から心臓病と癌の兆候があった、ということだ。2人とも、自らの病気を知ったのは加入した後だったのに。
 2人は、全額負担で治療するか、病気に負けるか、という二者択一を迫られる。悩んだ結果、全財産を売却して治療することにした。治っても、2人には住む場所もない。最終的に2人は、自己負担額を払い切れなくなり、破産する。

 アメリカにはそもそも国民保険がない。医療保険の大半は、健康維持機構という、民間の保険会社が医師に給料を支払って管理するシステムだ。だから保険会社は、自らの利益を優先する余り、少しでも保険金を支払わないでおこうと必死。金を集めるだけ集めた後は、加入者が死のうと知ったこっちゃない。
 治療の困難な病気や怪我には、「実験的な治療なので、保障に入らない」と支払わない。契約書に書かれていない病歴があれば、それが単なる風邪であっても、「病歴を隠すのは契約違反だ」と支払わない。加入者に何の落ち度もなければ、無視してでも落ち度を探して(時には強引に作って)支払わない。
 治療を拒否する医師には、会社を儲けさせたということで、ボーナスが支給される。システムを維持してくれている政治家どもには、多額の政治献金が支払われている。国民の生き易さより、金だ。保険会社に天下る政治家だって何人もいる。ブッシュ大統領も多額の政治献金を貰っている。

 アメリカ人は何でこんな駄目な保険に加入するのだろうか? 国民保険がないからだ。じゃあ、何で国民保険を作ろうとしないのだろうか? 作ろうとはした。何度も。
 現大統領候補のヒラリー・クリントンはその昔、国民皆保険制度を導入しようと頑張ったが、金の亡者どもに防がれてしまった。今では彼女も、「国民皆保険制度の実現を諦めてくれて、ありがとう」と保険会社から多額の政治献金を貰っている。
 金の亡者どもは、国民にアジテートする、「政府が国民の健康を管理するだって? 国民皆保険制度を導入すると、社会主義国家になるぞ!」と。アカの恐怖!

 タクシーで、救急病院の前に置き捨てにされる老婆がいる。他の病院に入院したものの、保険会社が支払いを断ったために入院費が払えず、その病院は、老婆を文字通り捨てた。これからどこに行くとも、どうなるとも、何の説明もせず、ただ一言、「お大事に」とだけ告げ。裸足の、薄い病院着だけの姿で、どんな状況に陥ったのか理解できないまま呆然と彷徨う姿を、救急病院の入り口に設置されている監視カメラが捕えている。
 支払い能力がなくて捨てられる患者はその老婆だけじゃない。点滴のチューブが付いたままの状態で置いてかれた人もいる。

 アメリカはどうなっちまったんだ? ムーア監督はそう問いかける。俺たちの国は、こんなんじゃなかった。彼の映画は、彼の訴えは常にそれだ。
 そんなムーア監督の問いかけは、我々日本人にも無関係ではない。
 この話は、まだ続けるかも。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 電動ノコギリ 】について最新のブログの口コミをまとめると

電動ノコギリに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。