--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-30

天元突破グレンラガン

 遂にTVアニメの『天元突破グレンラガン』が終わってしまった。半年見続けてきたわけど、正直、熱心に見続ける必要があるほど物凄く面白い作品だったわけじゃなかった。でも、何となく見続けてしまった。所々、グッと面白かったからだ。
 最終回は、凄かった。良い意味でも悪い意味でも。

 良い意味では。
 とにかく盛り上がった。勢いがあった。蛇足はあったけど、終わり方も良かった。単純なハッピーエンドよりも、良かった。確かにな、と納得はいった。一番最後のシモンは(蛇足の年寄りの方でなく)、初めて主人公らしくカッコイイと思えた。
 
 悪い意味では。
 勢いしかなかった。何だありゃ。展開も何もあったもんじゃない。ガオガイガーの「成功率なんて単なる目安だ。あとは勇気で補えばいい」(by.「SF名文句・迷文句集」)という台詞を想い出した。勢いしかないような作品は、いくつもなくていいと思うんだ。
 そもそもグレンラガンは勢いだけで貫き通すことが作品の根幹となっている。そこに「勢いしかない」と文句をいうこと自体、馬鹿げている。勢いしかなくていいんだ。だって、ドリルで進むんだし。勢いだけで結構。ごちゃごちゃと理屈っぽくなるよりは、全然いい。
 
 でも、その勢いは、昔ながらの、ただ大声で叫べばなんとかなるような、典型的な熱血ものを踏襲しているだけ。凄いといえば凄いけど、本当に凄いわけじゃない。できれば、前人未到の凄さを目指してほしかった。所々、瞬間風速は強かったけど、全体を見渡すと、傑作紙一重の凡作だろう。
 これに近い印象を抱いたものに、『交響詩篇エウレカセブン』がある。長く続けた割に、最後はグダグダだった。いや、月の表面にハートマークってのは、凄かった。笑ってしまうくらいに。あれも、惜しかったなぁ。

 それにしても、第1話の出だしの場面、あれは一体どこに行ったの? それだけが気になる・・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

天元突破グレンラガン 4 捕らわれのニア。だが、男は現われた、そう約束通り・・・。そして始まる!まだ見ぬ明日のための最後の戦いが!!

天元突破グレンラガン

天元突破グレンラガン『天元突破グレンラガン』(てんげんとっぱグレンラガン)は、ガイナックス・アニプレックス・コナミデジタルエンタテインメント製作の日本のロボットアニメ作品。作品概要2007年4月1日から同年9月30日まで、全27話が放送された。テレビ東京系列局に

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ばっどていすとさんどいっち
テクノ好き。
アンダーワールドのRez大好き。
映画大好き。
ジャッキー・チェンが生涯の英雄。
生涯1位作品は『ミミズバーガー』。
2位が『溶解人間』。
泣き虫で、馬鹿。
itsuka-omoi-dasu-bts@hotmail.co.jp

最近の記事
プルダウンリスト
プルダウンタグリスト
ブログ内検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。